ひとくちにカヤックと言っても種類があります。覚えておくと便利ですよ♪ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ひとくちにカヤックと言っても種類があります。覚えておくと便利ですよ♪

カヤックに乗ってみたい、と思ってもどんなカヤックに乗っていいのか分からない人も多いと思います。6種類のカヤックを紹介します。カヤックに乗る時の参考にしてください。

カヤックを知らない人にとっては、カヤックはサーフボードを太らせたみたいな形をしていて、
そこに身体を入れて海や川で楽しむ小船のようなものだと思われているかもしれません。

けれど、カヤックといっても種類があるんです!
どんな乗り方をするか、どこで乗るか、どうやって楽しむかで変わってきます。
一度カヤックに乗ってみたいと思のであれば、種類を覚えておいた方が良いでしょう♪

それでは、6種類のカヤックをまとめて紹介します。
自分がもし乗るとしたらこんなカヤックが良いななど想像して楽しんでください♪

シーカヤック

カヤック - Wikipedia

シーカヤックといった場合 カヤックの中でファルト(折りたたみのもの)やシットオンタイプのものを含まない 主に海用に設計(まっすぐ進みやすい、船足が速い、ラダーが標準装備の場合がほとんど) されたカヤックのことを言います。

離島にいったり
海水浴場のちょっと沖を漕いだり
数十キロにわたり沿岸をこいだり
数日にわたり沿岸をこいだり
波に乗ってみたり

すべてシーカヤックではいわゆる遊びの部類にはいります。

リバーカヤック

リバーカヤックは、ダブルブレードパドルで漕ぐカヤック。

アリュートやエスキモーが海で使用していたものを川用に改造。 (海用のシーカヤックはマリンスポーツのカテゴリー) リジッドタイプカヤックと分解できるフォールディングタイプカヤック(ファルトボート)がある。 リジットタイプはFRP製カヤックとポリエチレン製カヤックが多い。

リジットタイプには目的に応じダウンリバー艇・スラローム艇・ワイルドウォーター艇・プレイボート(ロデオ艇)・クリーク艇などがある。

ファンカヤック

その名が示すように楽しいカヤックです。とても安定性が良く、直進性もよいために初心者でも簡単に乗ることができます。漕ぐためのテクニックとかあまり難しいことは一切必要ありません。

中流域より下流の緩やかな流れ、穏やかな内海、湖などで使用します。コクピットも大きくフィッシング・ボートとしても利用できます。(主なフィールド:穏やかな海、緩やかな川、湖)

フォールディングカヤック

フォールディングカヤック ( 釣り ) - TRAVELING FLYRODDER−釣り動画ブログ - Yahoo!ブログ

組立式のカヤックです。ファルトボートとも呼ばれます。移動や保管の時に折りたたみできるのが最大の特徴で、電車やバスなどの交通機関を使って移動することができます。

一体成形のカヤックよりも安定性があり、比較的簡単に漕ぐことができます。欠点は艇の構造強度が小さいことです。岩にぶつかったり、船底を擦るような浅い川には向いていません。(主なフィールド:流れの緩やかな中流~下流域の川、湖、海)

インフレータブルカヤック

人気急上昇なのがインフレータブルカヤック。簡単にいえば、折り畳むことのできるカヤックです。ゴムボートのように空気を入れて膨らませて使用しますので、収納場所に頭を悩ますことがありません。この魅力たっぷりのマリンレジャーを楽しみたくても、最近の住宅事情は通常のカヌーやカヤックの保管が難しく、それが原因で二の足を踏むケースが少なくありません。

インフレータブルタイプはそんな悩みを一掃。アパートやマンション住まいでも心配ありません。持ち運びだって簡単。2人用で重さは10kg台。コンパクトカーでも本格マリンスポーツが楽しめちゃうなんて、うれしいですね。男性であれば背中に背負って運ぶことも…。その気になれば電車で移動することだって可能です。

シットオントップ

このところ流行のカヤックフィッシングでよく利用されるカヤックは「シットオントップカヤック」というのもので、中でもリジットという括りのものです。

素材はポリエチレン、ABS(強化プラスチック)、FRPなど堅い素材です。空気で膨らますものもありますが、安全面などから専らリジットのものが主流です。シットオントップは直訳で「上に座るカヤック」ですが、文字通り中に入らず上に乗っかります。

いかがでしたか、同じような形をしていてもそれぞれ違うものです。

カヤックは一種類だけだと思っていた人は驚いたと思います。種類によっていろいろ個性があるものです。カヤックの種類の内容を読んでいると乗ってみたくなりますね。

流れのきつい川で乗るのも楽しいと思います。そして広い海に浮かびながらのんびりするのも楽しいと思います。自分に合ったカヤックを見つけて楽しく乗ってみてください。今までの人生がガラリと変わかも知れません。それではカヤック生活を楽しんでください。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |