【中高年】高血圧が改善?ローヤルゼリーで病気予防しよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【中高年】高血圧が改善?ローヤルゼリーで病気予防しよう

ローヤルゼリーに含まれているパントテン酸には、血管の詰まりを取り除き、血液の流れをよくしてくれる効果やコレステロール値を低下させてくれる働きがあります。高血圧に効果があるので、症状に悩まれている方は試してみてはいかがでしょうか。

ローヤルゼリーで高血圧を改善してみませんか?

近年の研究で、血圧改善が期待できるペプチドがあることがわかりました。ローヤルゼリーにもペプチドが豊富に含まれているため、ローヤルゼリーの飲用が血圧に作用するかどうかを調べる試験が行われました。
予備検査で血圧が高めの人(最高血圧130~159mmHg 、最低血圧85~99mmHg )を、2つのグループに分けて試験を行いました。
一方のグループには、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤4錠(ローヤルゼリーペプチド250㎎/錠)を1日1回、もう一方のグループにはプラセボ4錠を1日1回、12週間飲用してもらいました。
その結果、ローヤルゼリーペプチドを含む錠剤を飲用したグループでは、プラセボを飲用したグループと比較して、最高血圧と最低血圧の両方が飲用開始10週間後と12週間後に低下しました。

中高年を過ぎると、高血圧に特に注意しなければなりません。
高血圧になると、さまざまな成人病を引き起こす原因となりますので、血圧もコレステロールも下げてくれるロイヤルゼリーを毎日摂取するとよいでしょう。
生のローヤルゼリーを食べるのは難しいですが、サプリメントならお手軽に始めることが出来ます。

血圧もコレステロールも下げてくれるロイヤルゼリーを活用しましょう

ローヤルゼリーはインスリンの出方を調節する脳の働きを良くするので、 自律神経を安定されてくれます。
血圧に欠かすことができないインスリンはアミノ酸からできています。 ローヤルゼリーにはアミノ酸が豊富に含まれていますので、 脳からの指令ばかりではなく、インスリンそのものも増えるのです。
インスリンが出てくる時にローヤルゼリーのアミノ酸が活躍するので、 ローヤルゼリーが血圧に効くという仕組みです。

50才以上では、7人に1人が高血圧です!

現在では50歳以上のなんと7割近くの方が、高血圧と診断されているほどです(厚生労働省「平成22年国民健康・栄養調査」)

高血圧になりやすい人とは?

ローヤルゼリーは、インスリンを調整して自律神経の働きを改善させる

ローヤルゼリーには、コレステロール値を下げる効果もありますので、血管や血圧にとって非常に良いものと言えます。パントテン酸を多く含むローヤルゼリーを摂取することで、血圧を正常な状態にできますので、高血圧に効き目がある、血圧を下げることができると言われています。
高血圧になると、血管に強い負担がかかります。血管は目に見えない部分ですが、傷つきやすいものです。若いうちはいいですが、中高年になると血管も傷つきやすくなります。さらに、コレステロールの多い食事を摂っていると、傷ついた血管にコレステロールが付いてしまい、動脈硬化を引き起こします。もっと進行すると、血管がつまって、脳梗塞や脳卒中を引き起こすことになります。
高血圧は中高年になるとなりやすい傾向があるのですが、
そこで「高血圧になりやすい人」のタイプをご紹介します。

①精神的にイライラしやすい人
②一日の塩分量が多い人(濃いめの味付けが好きな方は要注意です)
③野菜嫌いな人
(野菜の中に含まれているカリウムには、余分な塩分を体外に排出させることが出来ます。
 果物にもカリウムが含まれているので、果物を毎日食べるようにすると、高血圧予防に役立ちます)
④お酒が好きな人(アルコールが血圧を上げてしまうため)

いかがでしょうか。一つでも当てはまるものがあれば要注意ですよ。

“ローヤルゼリーとは蜂蜜の加工品”、“蜂蜜の中でも最も高級なものがローヤルゼリー”もしくは“ローヤルゼリーは蜂蜜の成分”などと誤解をされることがありますが、蜂蜜は、働き蜂が花蜜を餌として巣に蓄え熟成させた甘味料であり、ローヤルゼリーは、働き蜂が花粉を材料として体内で合成し分泌したものです。見た目はとろりとした乳白色の物質で、酸味が強く、蜂蜜とはまったく異なります。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーの中には、パントテン酸という成分が含まれているのですが、
この成分には血管の詰まりを取り除く効果や、血液の流れをよくしてくれる効果があります。

高血圧の症状で悩んでいる方は、ローヤルゼリーを試してみてはいかがでしょうか。

中高年を過ぎたら高血圧には要注意

元のページを表示 ≫

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |