婚活でミスマッチを防ごう!男女別の求める【条件】とは? | キュレーションメディア

婚活でミスマッチを防ごう!男女別の求める【条件】とは?

お見合いを成立させるのに一番近道な方法は、ずばり相手に望む条件を考え直すことです。特に年齢が上がっていくにつれて男女ともに条件が厳しくなる傾向があるようです。今回は、相手に求める条件についてお話をさせて頂きます。

実際どんな条件が多いのでしょうか?

壁紙ING-花と犬の無料壁紙 (10053)

●「容姿端麗、高学歴、高収入。必死になって条件付きコンパに行ってる先輩。そのまま一人で還暦を迎えるんじゃないかと心配になる」(29歳)
●「弁護士や医者など、高給取りじゃないと結婚しても不幸になると言っている」(25歳)
●「『年下はいや』、『婿養子がほしいから長男はだめ』と言って、もう最初から会わない職場の先輩がいます」(30歳)
●「実家暮らしで高給取りなのに、自分が働かなくても今以上の生活水準が望める男性を求めています」(28歳)

ちなみに、「理想が高すぎて彼氏ができない女子の、男性に対する“こだわりポイント”って何だと思いますか?」とも聞いてみたところ、1位「収入が高いか」、2位「容姿がいいか」、3位「職業のステータスが高いか」という結果に。

【相手に求める条件(未婚者・既婚者で差が大きい項目Top3) 】※既婚者は結婚する前のことについて回答
 <男性>
  1位:「性格の良さ」 未婚者 55.6% /既婚者 49.0%(差 6.5pt)
  2位:「結婚相手の年齢」未婚者 18.4% /既婚者 12.3%(差 6.1pt)
  3位:「共通の趣味」未婚者 28.0% / 既婚者 22.6%(差 5.4pt)

 <女性>
  1位:「共通の趣味」 未婚者 44.2% /既婚者 27.7%(差 16.6pt)
  2位:「家事の能力」未婚者 38.1% /既婚者 21.9%(差 16.2pt)
  3位:「仕事への理解」未婚者 41.7% / 既婚者 27.1%(差 14.6pt)

現代人の結婚観とは?

厳選・薔薇壁紙 (10050)

(1)結婚・家族形成についての意識
結婚に関して、未婚者は「結婚したい」と考えている人が多いが、その強弱は地域による特色が
あるように見受けられた。東京では、結婚は「結婚をしたいと思える人」とするものであり、結婚
すること自体が目的とはならないという意見が多く、生涯独身でいることも一つの生き方として受
け入れられている傾向である。
一方、福井・秋田では「家を継ぐ」という意識があり、結婚は「するもの(しなければならない
もの)」と捉えられてようである。特に福井ではその傾向が顕著であった。
結婚に対する阻害要因は、男性において「収入面」がいずれの地域でも共通して挙げられた。
なお、交際に関して、未婚者は異性と知り合う機会自体はあっても積極的に出会いを求めるとい
う姿勢はあまり見られなかった。
内閣府の調査によるとこのような結果になったようです。
あまり結婚に対しての危機感や切望感などもなく、ライフスタイルの1つとして捉えられているようですね。

お見合いで相手に求める条件とは?

 (14109)

①年齢

男性が女性に求める条件として最も多いのが年齢になります。
20代~30代前半までの希望が多く、特に女性の20代後半が人気のようです。
やはり今も昔も男性はいくつになっても若い女性が好きです。

女性は男性の年齢にはあまりこだわりがなく、
どちらかというと20代よりも30代、40代の方が人気があるようです。

②見た目・ルックスの好み

男性は見た目で選ぶ確率は高いです。
美人かどうかということも重要ですが、好みかどうかや清潔感、ナチュラルメイク、ふんわりした雰囲気、
ロングヘアー、笑顔が多い、声が綺麗なども選ぶポイントのようです。
派手な女性よりも一歩引いたくらいの保守的な女性も人気です。

女性は男性の見た目は男性ほどこだわりはありません。
清潔感は大事ですが、顔の良しあしよりも身長にこだわる方の方が多いです。

③性格

男女ともに優しい人が人気のようです。
男性は癒し系や優しそうなどの内面的なものを求める一方、
女性は責任感があるや決断力があるなどの男らしい性格を求める方が多いです。

しかし現状は共働きが普通になってきているので、
家事や育児の分担、料理ができるかどうか価値観が同じかどうかなども
重要な部分になってきています。

④年収

男性は特に年収の希望がない人が多い一方で、女性は男性の年収や社会的な地位を重要視します。
女性の理想の年収は600万円以上だそうです。
しかし、実際に600万円以上稼ぐ男性は多くありません。
20代や30代で600万円以上稼ぐには、
一部上場企業で働く、もしくは専門職に就く、あるいはそれなりの出世をするしかありません。

昨今の結婚相手に求める条件の傾向とは?

 (14100)

•結婚相手の条件として「家事・育児の能力」が増加、女性では「経済力」「職業」の重視傾向も強まる
 結婚する意思のある未婚者が結婚相手に求める条件としては、男女とも「人柄」を重視または考慮する人が最も多いが、「家事・育児の能力」「自分の仕事への理解」も大多数の未婚者が重視している。とくに「家事・育児の能力」は約10年前の第11回調査(1997年)に比べ、「重視する」割合が顕著に増加している。その他、「容姿」「共通の趣味の有無」は男女ともに考慮・重視する割合が高いが、女性では「経済力」「職業」を考慮・重視する割合がこれらよりも高く、とりわけ「経済力」「職業」を「重視する」割合は、今回の調査で明瞭な増加が見られる。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |