耳鼻咽喉科に転職する前に知っておきたいこと | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

耳鼻咽喉科に転職する前に知っておきたいこと

耳鼻咽喉科では、小さい子供の患者さんに接することも多いです。耳鼻咽喉科で働く看護師には、何が求められるのでしょうか。実際の仕事内容、働き甲斐、苦労を見てみましょう。

耳鼻咽喉科にやってくる患者さんは

耳鼻咽喉科とは大まかに言えば、耳や鼻やのどに異常が現れた時に受診する診療科です。主な疾患として、中耳炎やアレルギー性鼻炎などが挙げられます。
耳鼻科という呼称が浸透してはいますが、耳や鼻と密接につながっている口や喉を含め、顔面から頸部までの広範囲にわたり診療を行う耳鼻咽喉科としての位置づけが確立されている診療科でもあります。

耳鼻咽喉科の特徴は

耳鼻科はまた、花粉の飛散時やインフルエンザの流行時など、季節によって患者数が増える診療科としても知られています。
 (1729)

耳鼻咽喉科では、花粉症やインフルエンザ流行時に、患者さんが増えます。

耳鼻咽喉科ナースのお仕事は

耳鼻科においても、点滴や注射・採血といった看護師の基本的スキルが必要であることには違いありませんが、他の診療科に比べるとその頻度は少ない傾向にあります。
耳鼻咽喉科の外来やクリニックの看護師の業務は、診療の補助と検査補助になります。耳鼻咽喉科の診療は、先ほどもお話したように、内科的治療だけでなく外科的治療が多いですので、処置介助やオペ介助などの仕事が多いんです。

耳鼻咽喉科ナースに求められる資質とは

子供の患者も多い耳鼻科では、不安がらずに診察が受けられるよう子供とのコミュニケーションを図れるということも重要です。
 (1760)

まだ鼻をかむことができなかったり、鼻水がのどや耳に流れてしまいがちな小さな子どもは、中耳炎やのどの痛みで耳鼻科に来ることが多いのです。耳が痛かったり、鼻が詰まって機嫌が悪い子どもを上手くあやしながら診察をしなければならないので、子どもの扱いが上手い 人は重宝されます。
 (1754)

治療を受けるのに慣れていない子供と接する能力が必要になります。
花粉症やインフルエンザのシーズンには耳鼻科は大混雑で、人気の病院は2時間待ちなんていうことも珍しくありません。そんな状態で、診察をスムーズに行うために、検査や処置はできるだけ看護師がスピーディに行って、医師は診察に専念できるようにしたり、子どもを上手くあやして診察しやすくするなど、いろいろ出来ることはあ ります。
 (1757)

繁忙期は非常に忙しいので、テキパキと仕事をする必要があります。

耳鼻咽喉科のおすすめポイントは

耳鼻咽喉科で働くと幅広い年代の患者さんと接することができますので、貴重な看護経験を積むことができますし、子どもが好きな人にはやりがいを感じやすい職場と言えるでしょう。
 (1755)

耳鼻咽喉科では、小児科のように子供に接する機会が多いので、子供が好きな方には楽しい職場です。
耳鼻科では抗生剤で中耳炎が治ったり、鼻水を機械で吸ってくれたりと、効果の実感がしやすい治療を行うため、患者に感謝されやすいのもメリットです。耳の痛みや鼻づまりの苦しさから解放されて、機嫌が良くなる子どもを見ていると、疲れも解消されるという看護師も多いです。
耳鼻咽喉科は病棟が少なめで、外来やクリニックが主になりますので、数少ない病棟に勤めない限り、夜勤はなく日勤のみの勤務になります。そのため、プライベートを充実させやすいですし、家事や育児との両立も可能です。

耳鼻咽喉科で問題となりえる点は

耳鼻咽喉科では、バイタルチェックや採血・点滴といった基本的な看護処置も行いますが、他の診療科と比較すると機会や頻度が少ないため、看護師としての基本的なスキルアップが難しいというデメリットがあります。

また、耳鼻咽喉科の主な転職先は、外来やクリニックが多いため、オペ対応や入院患者さんの介助などの経験を積むことがほとんどできません。こうした基本的な医療行為のスキルが低下してしまうと、他の診療科への転職が不利になってしまうこともあります

via http://看護師転職求人サイト比較.net/tenshoku-shinryouka/jibiinkouka.html

耳鼻咽喉科ではパートとしても働きやすい

耳鼻咽喉科の場合は花粉症シーズン対策のために人材を募集することも多く、子育てなどの時間を十分に確保したいという方も時間に余裕のある条件で働きやすく、少しでも長く看護師として働きたいという方も楽に働き続けることが出来ます。
 (8143)

花粉症の時期に合わせて募集をかける病院が多いので、フルタイムでなくても働く機会があります。

夜勤がある場合も

なかには、喉頭ガンや甲状腺腫瘍などの手術を扱っていて入院設備があり、夜勤シフト勤務が必要となる耳鼻咽喉科の病院もあります。
耳鼻咽喉科では、小児科並みに子供の患者さんのお世話をする機会がたくさんあります。
子どもに接するのが得意な方には、理想的な職場と言えます。
基本的に夜勤が無いケースがほとんどなので、自分の時間を確保しながら働きたい人にもお勧めできる転職先と言えるでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |