<任意売却の相談の前に>仕組みと可能な売却をまとめました | キュレーションメディア

<任意売却の相談の前に>仕組みと可能な売却をまとめました

最近債務整理の広告等でよく目にする任意売却、どういう事かをまとめました。

債務整理の広告で目にする任意売却ってなに?

競売と任意売却の違い、ここにも | (社)全日本任意売却支援協会 代表理事ブログ (371)

通常、マイホーム(ご所有の不動産)を売却する場合、住宅ローンの残債を全額返済する必要があります。
住宅ローンを全額返済できないと、通常は債権者(お借入の金融機関)は売却することを認めてくれません。
しかし、このような場合でも、金融機関に任意売却を希望する旨のお話し合いをすることで、 売却を認めてもらえる方法があります。これを任意売却と言います。
つまりは自宅を売却する事ですね。
自宅を売却する事と、債務整理がどうつながるのでしょう?

任意売却と債務整理の関連性

任意売却とは、住宅ローンが払えなくなったとき、現在の住宅の価格より住宅のローンの残債の方が上回っているときに金融機関(住宅ローンを利用している銀行等)の承諾を得て住宅を売却する方法です。
通常、住宅を売却して住宅ローンを完済出来れば、金融機関の承諾を得る必要はありませんが、住宅ローンが払えない状況になってしまったとき、それを理由に債務超過の住宅の売却を金融機関に承諾してもらうよう交渉します。
任意売却後に残った債務についても生活に支障がないような返済金額で、債権者と相談が出来るケースがほとんどです。いずれにしても、住宅ローンで不安要素があるようでしたら、早期の相談をお勧めします。
住宅ローンは、人生において長期にわたり返済していくものなので、事故や病気、失業など思いもよらない出来事で返済計画が狂ってしまうこともあるかもしれません。そのような時に、小売名金融会社からお金を借りて住宅ローンの返済に充てることは、ついにはその借金まで返済できなくなる可能性も少なくないので、とても危険なことです。借金を増やす前に一度、ご自身の債務状況を見直すことが大切です。希望を持って購入したマイホームですが、手放すことで毎月の返済の負担を軽くし、より良いスタートが出来るかもしれません。
住宅ローンの支払いに行き詰って、ローンを滞納してしまい債務超過になって、自宅を売却するケースを、任意売却による債務整理といいます。
住宅ローンの返済残期間がある場合、ローンを組んでいる銀行の許可なしには売却できません。
自宅を売却して住宅ローンの残債と相殺し、不足分は銀行と返済方法や期間について話し合う必要があります。
リストラや病気などで住宅ローンを滞納する人は確かに増えています。
ずるずると滞納を重ねて首が回らなくなる前に、自分から積極的に債務整理に取り組むのが、任意売却ですね。

管理費を滞納しているマンションを任意売却できる?

任意売却の対象となる物件がマンション等の集合住宅の場合、住宅ローンの滞納に加え、管理費や修繕積立金の支払いまで滞ってしまっているケースが多く見受けられます。マンション管理費等の滞納分の債権は、売買時に買主へと移ります。よって、決済時に諸費用として計上すれば、ほとんどの債権者において任意売却代金からの配分を認めてもらえます。

手続きに際し、現在どれくらい管理費を滞納しているのかを債務者が知る為には、マンション管理会社に連絡を入れ、“重要事項に係わる調査報告書”を発行してもらうと良いでしょう。この書類を見れば、管理費・修繕積立金の正確な滞納額を確認する事ができます。

住宅ローンを滞納する前に、マンションであれば管理費を滞納してしまうものです。
修繕積み立て金の負担も大きいですから、滞納してしまうでしょう。
任意売却は、管理費や修繕積み立て金の滞納分を清算する必要がありません。

固定資産税を滞納している住宅、マンションを任意売却できる?

固定資産税などの税金は、完納する必要があります。
税金を滞納すると、預金口座や不動産を差し押さえられてしまいます。
預金口座の差し押さえで清算できれば、税金は完納となりますから任意売却は可能です。
不動産自体を差し押さえられると、任意売却は不可能となります。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |