FXと日経平均株価の関係性とは | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FXと日経平均株価の関係性とは

kabu
http://2.bp.blogspot.com/-uL908lWADoc/Uab3rVkBmHI/AAAAAAAAUSA/O13JzioVrH8/s800/kabu.png

日経平均株価とは

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。
ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1

FX取引を行う時に対円についての指標となるのが日経平均株価です。
株価の値動きによって、円の価値も大きく変わることがあります。
逆に為替相場によって日経平均の株価が変わることも有り、相互関係はとても密接です。

FXとの関係性

景気の動向をみるうえでは、もっとも手っ取り早い数値で、基本的に日本株が好調であると、円高要因につながる傾向になります。ただし、状況によっては必ずしも円高になるとも限らず、やはり他の指標や、経済の動きを慎重に見なければなりません。

http://www.fx-zai.com/600/post_37.html

FXと密接な関係はありますが、必ず日経平均株価によって為替相場が動くとは限りません。
ですが、株価の動向を見るのはFX取引においては必ず注視しておかなければいけません。

他国と違う日本の株価と為替の関係性

初心者トレーダーの方から良く受ける質問として、「『日経平均株価が下がった』と言う事は、日本株が売られたと言う事になるから、『日本の先行きにマーケット参加者が不安を感じている』事を意味し、日本の通貨である『円』も売られるはずじゃないですか?」と言うものがあります。
 日本の株価と通貨の関係性は、「相反する動きをしている」、つまり「株価が上昇すれば円が売られ、株価が下降すると円が買われる」と言う状況になっている事が分かって頂けたかと思います。

http://mituwasou.com/fxblog_beginner/free/stock-yen.html
stock-yen-5
http://mituwasou.com/fxblog_beginner/free/stock-yen.html

日本の株価と為替の関係性で気をつけておきたいことが、株高が円高を産むわけではありません。
これが他国と違うところです。
アメリカのダウ平均などの指数が良くなれば、ドル高になるのですが日本円はそうとは言えないのが難しいところです。

輸出企業が多い日本だから起こる現象

円安になれば日本の輸出企業の利益が拡大しますから、それを見越して輸出関連株が買われます。
主力企業の明るいニュースが生まれて います。
このように好調な輸出企業が増えるため日経平均株価が上がっていくのです。

http://fx-jin.jp/blog/2681

日本の経済は輸出にかなり依存しています。
その為、円が安くなれば輸出関連企業は儲けが大きくなります。
ですので、必然的に日経平均が高くなるという現象が起きているのです。
円安が進むことは、メリットとデメリット両方の側面を併せ持ちますが、日本という国ではメリットが大きいと考えるのが一般的です。

日経平均だけを信頼しない

、FXの初心者が最初からこの日経平均株価とドル円のチャートを同時にチェックするのは大変でしょう。なので、最初は日経平均株価のチェックは長い時間足でチェックして、大きな流れを把握する程度でいいと思います。
そして、その流れを把握したら、その流れに沿ってドル円も動きそうなのかをチェックします。
動きそうなら、タイミングを見計らってエントリーするという感じですね。
ですが、この日経平均株価とドル円の関係なのですが、必ずしも株価に引っ張られるというわけではありません。全然違う動きをするときもありますし、沿った動きをすることもあります。

http://www.fxkasegu.net/post_20.html

FXと日経平均株価には大きな関係性があります。
ですが、株価が大きく動いたからすぐにFXの取引するのは危険です。
その株価も、いつ変動するのかは分かりません。
重要なのは、株価の流れを見つつ、自分なりのルールで取り引きを行っていくことがFXの取引において大切となります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |