【ブルーベリーの驚くべき効果】ポリフェノールでアンチエイジング! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【ブルーベリーの驚くべき効果】ポリフェノールでアンチエイジング!

ブルーベリーは濃い青紫色をしていますが、この色素がアントシアニンというポリフェノールです。アントシアニンには目に良い効果があることが知られていますが、実は抗酸化作用によるアンチエイジング効果もあるのです。

人のからだは、体内に吸収された食物を呼吸で得た酸素で酸化してエネルギーを得ていますが、
その2%前後は、体内で活性酸素に変わると言われています。

この活性酸素が細胞を傷つけガンや心筋梗塞、脳卒中、糖尿病など生活習慣病を引き起こします。

活性酸素は体内を転げまわり、細胞の損傷と病気を広げていきます。全疾患の90パーセント以上は活性酸素が関与しているといわれています。 それは、アトピー性皮膚炎、シミ、シワの原因となったり老化のスピードを早めたりしています。
しかしその反面、体内に浸入してきた細菌やウィルスに対して有益に働くのです。

これを、「ウィルスなどと戦う善玉活性酸素」と「身体に害を及ぼす悪玉活性酸素」として分類しています。

現代のストレス社会に生きる人にとって、この悪玉活性酸素が過剰になるために、体の中の細胞をどんどん壊してしまうのです。 この酸化を止めるのが、抗酸化というものです。これがアンチエイジング効果として、注目を集めているものです。

善玉活性酸素を悪玉活性酸素に変えないためには
ブルーベリーのアントシアニンを摂取して、体内の抗酸化作用を高める必要がありそうです。
アンチエイジングというと美容が最初に頭に浮かぶと思います。
しかし、ブルーベリーのアントシアニンの抗酸化作用は健康パワーも高いんです。
ただ、アントシアニンは24時間で体外排出されてしまうので、なるべく毎日摂取し続ける必要があります、

アントシアニンのアンチエイジング効果は美容だけじゃない

ずっと活性酸素そのものが悪いと思っていましたが、どうやら勘違いだったようです。
元々は体の役に立ってくれるものだったんですね。
ここでは2倍と書かれていますが、一説にはビルベリーのアントシアニンは、ブルーベリーの約2~5倍とも言われています。
北欧のビルベリーのアントシアニン量が多いのは、ずっと太陽が沈まない白夜があるからでしょう。
日を浴び続けることによって、色素であるポリフェノールが増えるわけですね。
アントシアニンでアンチエイジング効果を得るためにはたくさんのブルーベリーが必要なのですね。
いくらブルーベリが美味しくても、さすがに毎日300gも食べていれば飽きてしまうかもしれません。
やはり、サプリメントで補いながら続けていったほうがいいと思います。

ブルベリーの原種ビルベリーにはアントシアニンが豊富

ビルベリーは、ブルーベリーの一種で、フィンランドやスウェーデンなどの北欧を中心に見られる野生の植物。酸味の強い濃い青紫色をした小さな果実をつけます。

ビルベリーの魅力は、抗酸化作用のある「アントシアニン」という青紫色の色素成分が豊富なこと。アントシアニンが豊富な食べ物といえばブルーベリーが有名ですが、ビルベリーには、一般栽培種のブルーベリーの約2倍のアントシアニンが含まれています。そしてこれには、ビルベリーの果実が実る環境が深く影響しています。

ブルーベリーの驚きべきアンチエイジングパワー

アントシアニンを摂取するならサプリメント

アントシアニンには、血管拡張や毛細血管保護、血液中の血小板凝固抑制作用などがあり、動脈硬化や血栓症、虚血性心疾患や脳血管障害を防ぐ機能があります。
抗酸化物質であるポリフェノールを積極的に摂取することによって、活性酸素の発生や活動を抑え、細胞の酸化を防ぐことができれば、いつまでも健康な体を維持することにつながると期待されています。ブルーベリーに含まれるアントシアニンを摂取することで、抗酸化物質であるポリフェノールを摂取できるため、スッキリとした毎日を送るサポートにつながるだけでなく、活性酸素による体のサビつきから身を守ることにもつながるのです。
眼精疲労の回復、アレルギーや生活習慣病の改善など、わたしたちに様々な恩恵をもたらしてくれるアントシアニンの抗酸化力。効果を期待するのであれば、毎日40~90mgのアントシアニンを摂取する必要があります。
これは生や冷凍のブルーベリーで換算すると、60~300gもの量。毎日、継続的に摂るのはなかなか大変です。
そこで私たち、目利き委員会がおすすめしたいのはサプリメント!一日数粒で必要摂取量のアントシアニンが摂れ、お財布にもやさしい優れものです。

アンチエイジングの敵は悪玉活性酸素

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |