【任意整理の報酬】積立金制度ってどんな仕組み?分割? | キュレーションメディア

【任意整理の報酬】積立金制度ってどんな仕組み?分割?

任意整理を行う際に積立金をするように求められることがあります。この積立金とは、どういった仕組みになっているのでしょうか。積立金について、そのメリットや、延滞しそうなときの対処法などをまとめてみました。

任意整理での積立金

債務整理手続きをするときには、月々数万円ずつの積立金が必要になることがあります。

弁護士事務所(法律事務所)や司法書士事務所(法務事務所)で手続きを依頼したあと、手続きが終了するまでの間、積立金を積み立てるよう連絡があり、指示されます。

給料日を積立金の支払い日にすることもありますし、積立金用の自分名義の積立口座を作ることも多いです。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という手続きの種類がありますが、通常積立金が要求されるのはこの中でも任意整理や個人再生の場合です。

Free illustration: Save Time, Save, Time - Free Image on Pixabay - 1667023 (14684)

任意整理を行いたいと考えた場合に、積立金という制度が発生する可能があります。
この積立金は何のために行うのでしょうか。
任意整理は、債権者と債務者が直接やりとりをする債務整理の方法です。

積立金メリット

着手金を成功報酬とともに債務整理後に分割払いすると、自己破産手続き以外の場合、債務整理後に業者への月々の返済(金額は減ります)があります。この場合、借金返済と弁護士費用の支払いの両方が重なります。
そのことを考えると、借金の支払いが停止している間に、着手金だけは積み立てて支払いを済ますので、債務整理後の負担が軽減されるメリットのある仕組みと言えるでしょう。
任意整理を弁護士などに依頼をした場合、着手金という物が最初にかかります。
このお金をすぐに支払えるのでしたら、積立金は発生しませんが、払えないときに弁護士事務所などは積立金をするように求めます。
これは、実際に任意整理が始まると、着手金と元本の返済を同時に行わなければいけない状況を回避する方法でもあります。
債務の返済を軽減できる方法として積立金をするメリットがありますね。

返済金を貯めておく

Free photo: Money, Save, Pay, Bills, Taxes - Free Image on Pixabay - 367973 (14683)

専門家が貸金業者との間に介入すると、すべての返済がストップするため、今まで返済に充てていた資金が自由に使えるようになります。しかし、ここで浮いたお金を自由に使ってしまうと、実際に返済が始まってから苦労するのが目に見えています。

そこで、返済前に積立金をすることにより、正常な金銭感覚が維持できるようになるのです。

積立金が完了するまで弁護士などの専門家が動いてくれないわけではありません。
積み立てている間も、債権者との交渉はしてくれるはずです。
積立金をこれだけしているというのも、債権者との話し合いでは有利な交渉方法にもなるとも言えますね。

積立金が発生しないとき

任意整理の報酬金(礼金)は、手続き中(返済ストップ中)に毎月のこれまでの返済金の一部を積み立てて頂いた積立金(預り金)や、過払い金が発生した場合には過払い金の中から頂くことにしています。なお、過払い金が高い確度で見込める場合は、積立も必要としない場合があります。
任意整理を行った結果、過払い金が多く発生した場合などは積立金をする必要はありません。
積立金は必ず発生する物でもありませんね。

積立金が払えないとき

 何らかの事情で月々の積立金を振り込むことができない場合には、すぐに弁護士まで連絡をしてください。もし債権者(貸主)と和解をする前であれば、弁護士は債権者(貸主)との交渉でも、事情を踏まえた対応をすることができます。
 債権者(貸主)と和解をした後に支払いができなくなった場合、事後的に積立額を減らすことはできません。そのためにも、和解前に無理なく積立ができる額を見定めることが重要です。
 積立が難しくなった場合には、無理をせず、弁護士に事情をお話しください。
積立金が支払えなくなったときは、とにかく弁護士などに連絡を一つ入れましょう。
何も言わないでおくのはとても危険です。

延滞目安

Free photo: Money, Seem, Euro Bills, Currency - Free Image on Pixabay - 1508434 (14685)

通常2か月分の遅れがたまってしまうと、今まで将来の利息をつけずに分割で支払っていた借金を一括で返済するよう求められます。

払えなければ、自己破産や個人再生などの手続きに移行する必要が出てきます。

残業代が少ないという理由で、毎月の支払いが遅れるようであれば、返済計画を見直すことが必要で、今後確実に返済続ける金額に設定する必要があります。

事前に、ご相談いただければ、対応策も考えることが出来ますので、必ずご相談ください。

積立金の入金がなく、連絡がとれない状況が続くと、手続き辞める場合もありますので、ご注意ください。

積立金は返済の予行練習でもあります。
この予行練習の段階で2ヶ月延滞が続けば、債務の一括返済などを求められてしまいます。
とにかく弁護士に相談をして、事情を考慮してもらう事が出来ればこの状態は脱出する事が出来ますので、連絡が重要です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |