【費用を抑えて債務整理】実は人気の高い特定調停とは? | キュレーションメディア

【費用を抑えて債務整理】実は人気の高い特定調停とは?

任意整理と混同されがちな特定調停は実は人気の高い債務整理です。その理由の秘密である費用面を中心に分かりやすく解説していきます。

任意整理とほぼ同じ効果の期待できる特定調停はその手続きの大部分を自分で行う必要があるため、中々取り組みにくい債務整理の1つとしてもよく挙げられます。

しかし特定調停には他の債務整理には無い「費用を安く抑えられる」というメリットがあります。

任意整理とどう違うのか、費用を安く抑えられる理由について見ていきましょう。

特定調停の費用が安く抑えられる理由

 (5392)

特定調停は弁護士や司法書士など専門家に代理人を依頼せずに自分で裁判所に申し立てをするため費用を抑えることが出来ます。

弁護士や司法書士に債務整理の代理人を依頼するとなると着手金、成功報酬その他様々な費用が発生します。

生活を圧迫させないために費用の分割払いに対応している法律事務所がほとんどですが、なるべく費用をかけたくないというのも債務者の本音、そこで選ばれているのが特定調停なのです。

特定調停の最大のメリットは費用が押さえられる点です。弁護士や司法書士などの代理人を立てずに自分で申立てを行いますので、弁護士費用がかかりません。そのため、費用を抑えて借金を整理したい人む向いています。
調停申立費用概要

(1)申立手数料(印紙代)

(2)郵便切手代

申立手数料(印紙代)は、調停を求める事項の価額が基準となります。

例えば、1社あたりの借金の額が比較的少額で、毎月の支払金額を減らしてほしいと思って調停を申し立てる場合には、通常1社あたり300円の申立手数料(印紙代)で済みます。

申立手数料(印紙代)は、求める調停の内容や借金の額によって異なってきますので、正確な金額は申し立てる簡易裁判所に問い合わせるのが確実です。

特定調停を弁護士や司法書士に依頼することも勿論可能ですが、費用が安いという特定調停のメリットを活かし個人で取り組む方のほうが多いとされています。

相談自体は無料の法律事務所もあるので特定調停にかかる費用について相談してみてもいいでしょう。

費用の比較

 (5391)

任意整理を弁護士、司法書士に依頼する場合と自分で特定調停に取り組む場合とでは費用にどれほどの違いが出るのでしょうか。

任意整理と特定調停それぞれ大体の費用について見ていきましょう。

東京簡易裁判所における特定調停にかかる具体的な費用は、特定調停の対象者となる消費者金融業者等の債権者1社につき印紙代500円と切手代1,200円+(250円×債権者の数)で済みます。
例えば、債権者である消費者金融業者4社から借金しており、これらを対象に特定調停を行う場合は、下記の費用で申し立てを行う事が出来ます。

(500円×4社)+{1,200円+(250円×4社)}=4,200円

特定調停を申し立てた債務者本人が、特定調停手続きが行われる管轄簡易裁判所へ行く交通費等を入れても、10,000万円程あれば特定調停で債務整理を行う事が可能です。

任意整理の種目別の費用相場

着手金 ・・・ 相場1社あたり約2万円前後
報酬金 ・・・ 相場1社あたり約2万円前後
減額報酬 ・・・ 借金の減額できた金額の10-15%
過払い報酬 ・・・ 取り戻せた金額の20%前後

トータルの費用相場は債権者1社あたり3~5万円

上記はすべて同時に発生する費用ではなく、個別項目ごとの相場費用です。トータルの費用だと1社あたり3-5万円、+減額報酬くらいになることが多いようです。つまり、債務整理の対象となる貸金業者が5社程度ある場合なら、大体20-25万円+α(減額報酬)くらいかかることが相場から予測できます。

特定調停のほうが費用を安く抑えられる可能性が圧倒的に高いわけですが、手続きに必要な労力や時間を換算すると任意整理と同程度だと考えられるようです。

費用を抑えるなら特定調停、時間と手間をかけたくないなら専門家を代理人に立てての任意整理というような使い分けが一般的です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |