関節痛緩和にグルコサミンはどれくらい効果があるのか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

関節痛緩和にグルコサミンはどれくらい効果があるのか?

グルコサミンには関節の軟骨を再生する力があると言われますが、関節痛の緩和にはどれくらい効果があるのでしょうか?ここではグルコサミン摂取による関節痛の緩和について調べてみました。どのように摂取すれば関節痛が改善できるのかも紹介します。

グルコサミンは関節の炎症と痛みを緩和してくれる

グルコサミンが含まれているサプリメントには、「コンドロイチン」という物質も一緒に含まれていることが多いでしょう。
コンドロイチンは、グルコサミンから作られる物質で、軟骨の分解を抑制し軟骨内の水分をたもつ働きがあります。
ですから、一緒に摂取するとより効果的です。
グルコサミンは年齢を経ていくとともに体の中の生産量も減少してしまうため、骨と骨の間でクッションとなる働きをする部分が減少することによって体のいたるところに関節痛を引き起こします。サプリメントとしてのグルコサミンはこういった加齢とともにくる関節痛を抑え、和らげる効果があります。

グルコサミンの効果として主なものは、関節の炎症を抑えることができる作用の他に、軟骨を生成する原料となる機能があるため、骨と骨の間に直接働きかけることができ、痛みを和らげることができます。

コンドロイチンとの相乗効果

グルコサミン自体は関節炎に対する治療効果や改善効果はありません。しかし、相棒になる物質があるのです。それは、いわゆるドリンク剤で「5時から男」で人気を博したグロンサンの基質成分の土台になっている、グルクロン酸です。

グルコサミンとグルクロン酸がたくさん集まってできているのがヒアルロン酸です。この成分も関節に有効な成分として有名ですね。

治療効果こそないものの、予防的に摂取していれば、関節の中にある関節滑液の状態を良いコンディションにキープできる可能性を秘めた成分です。

グルコサミンは他の成分のサポートで活躍する

グルコサミンとMSMで痛みも症状も改善!

変形性ひざ関節症をはじめ、ひざ痛の大きな原因となるのは、運動不足です。大腿四頭筋などの筋肉を衰えさせてしまったために、関節内のバランスが不均衡になり、トラブルの発生しやすい状況へと進んでしまうわけです。

「よく歩くこと」こそが、もっとも簡単で、もっとも効果的な、最良のひざ痛予防法と言えます。
とはいえ、何もいきなり「1日40分以上歩く」とか「1万歩以上歩く」といったハイレペルなウォーキングをはじめる必要はありません。それよりも、日常生活のなかで時問を見つけては、小まめに歩くことを目指すことです。

軽度〜中度の変形性関節症患者に対し、グルコサミンと合わせてMSMを摂取してもらったところ、痛みや歩行能力、身体機能に対する評価が改善し、鎮痛剤の使用が減少したという報告もされています。
この実験では、グルコサミン、MSMをそれぞれ単独で摂取したグループと比較すると、グルコサミンとMSMを併用したグループの方が、より大きな効果が見られたという結果が出ていることから、MSMはグルコサミンと一緒に摂取することで、関節痛の予防や、スムーズな動きのために、さらに役に立つと予想されています。

歩くことが予防に繋がる

一度、関節が痛んでしまうと、歩くことが怖くなってしまいます。
しかし、痛いからといって、歩かないままでいると、関節をサポートする足の筋力が落ちてしまいます。

ですから、関節にサポーターを巻きながらでもいいので、ゆっくりと歩いてみましょう。
もちろん、痛みが出ているときは、しばらく安静にして、痛みが引いたら歩くようにするのがいいと思います。

MSMはサプリメントからだと気軽に摂取できます。
最近はグルコサミンと一緒に入っている商品もありますよ。

グルコサミンとコンドロイチンがセットになっているサプリメントも多いです。
その理由どちらも関節にいいだけでなく、相乗効果もあるからなんですね。
グルコサミンとグルクロン酸が集まってできるヒアルロン酸は美肌成分としても有名です。
関節の軟骨の元になる成分でもあるので、関節痛緩和だけでなく、症状の改善も期待できることになりますね。
グルコサミンは関節痛緩和の作用があることが、臨床試験からも報告されています。
軟骨の再生などにはかなりの時間が必要とされますが、毎日摂取しているだけで痛みは少なくなるようですね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |