看護師転職支援会社を使った看護師さんの転職の流れ。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

看護師転職支援会社を使った看護師さんの転職の流れ。

転職しようと考えたときあなたはどのようにして新しい勤務先を探しますか?看護師転職支援会社をご存知ですか?無料で利用できるのにサイトによってはお祝い金が10万!もらえるところもあるようです。

看護師転職支援会社とは?

転職 - Google 検索 (602)

看護師転職支援会社とは、看護師の転職支援サービスを専門に行っている会社のことを指します。

転職支援会社は、「転職エージェント」「人材紹介会社」「紹介会社」などと呼ばれることもありますが、全て同じ「転職を無料でサポートしてくれる会社」のことを指しています。

世の中には数多くの転職支援会社があり、民間企業で働く普通のビジネスパーソンの転職においては、既に転職支援会社を活用した転職スタイルが一般的になっています。

看護師の転職の場合は民間企業の転職とは違い、職種や施設、仕事内容についても非常に専門性が求められるので、看護師の転職サポートに特化している会社が多いのが特徴です。

転職 - Google 検索 (604)

看護師転職支援会社に登録し、転職サポートを受けることでお金がかかることは基本的に一切ありません。ハローワーク以上の転職サポートを全て無料で受けることができるので、転職をする側にとっては非常にありがたいサービスだと言えます。
無料で転職に関するあらゆることをサポートしてくれるんですね。

でもなんで無料でここまでのサポートをしてもらえるのでしょう。

看護師紹介会社が無料で経営が成り立っている理由。

転職 - Google 検索 (607)

看護師転職支援会社を利用するのがはじめての方の場合、「看護師転職支援会社はハローワークでもないのになぜ無料でいろいろやってくれるのか?」と疑問に思う方も多いのですが、転職支援会社は上記のように病院や施設からお金をもらって運営されているので、転職をしたい看護師の方々に対しては無料で転職サポートをしてくれるのです。
看護師の採用が決まった場合、病院や施設は看護師転職支援会社に紹介手数料を支払います。

紹介手数料の相場は転職支援会社や求人の種類、職種によっても異なりますが、一般的には年収の20%~30%程度となっています。

例えば、提示年収が400万円だとしたら、病院や施設は80万円程度を転職支援会社に支払うことになります。看護師長や看護部長などマネジメントクラスの採用であれば、年収が高くなる分、手数料も更に高くなります。

そしてこの金額は、求人の種類によっても異なります。夜勤ができる正職員の場合は60~80万円程度が一般的ですが、日勤帯のみのパート看護師の場合は、20万円程度が相場となっているようです。

病院側は看護師を1人紹介してもらって雇用契約を結ぶと正社員で80万程度のお金を支払う必要があるんですね。

このようなサイトを使って求人できる病院は資金力があるといえるでしょう。

このような資金力のない・もしくは規模の小さな病院はハローワークを利用しているようです。

転職サイトを使った転職の流れ。

 (605)

●看護師求人サイトへ複数登録を行う(比較のため)
登録後、キャリアコンサルタントから連絡がある
資格の確認と条件面のヒアリング、相談等
状況により退職の準備もアドバイスされる
電話、メール、面談にて条件が良い求人を紹介される
●紹介された求人を「面接する、見学する、断る」
●履歴書を作成、アドバイスをもある
面接の日程を調整してもらう
面接のアドバイスや希望すれば練習してくれる
●面接を行う、場合によっては同行あり
内定通知書が届き返事する
現在の勤務先の退職アドバイスを受ける
●勤務先の退職を行う
●新しい勤務先に入職する
場合によっては転職祝い金が貰える
大きく分けて項目が15項目ありますが、「●」がついているものだけ、行う必要がある項目です。15個中6つ程度なので、看護師転職を行う上で看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに任せるといかに楽かがわかります。

《絶対知っておくべき》看護師、転職のポイント。

転職 - Google 検索 (603)

看護師転職を失敗しないための対策としては、何よりも転職前のリサーチをしっかり行うことが大切です。
求人誌にせよインターネットにせよ職安にせよ、求人票には勤務条件などが書かれています。基本的にはその内容は間違いではないのですが、転職を決めるにはそれだけの情報では不十分です。

たとえば、夜勤のある交代制であれば、シフトの決め方はどのようになっているのか、体調が悪い時や、子どもがいる場合は子どもの具合が悪い時は休んでも大丈夫な雰囲気かどうか、職場の年齢層や、教育体制はどうなっているのかなどは、求人票には書かれていませんが、知っておきたい情報です。
転職先を決めることはゴールではなくスタートなのですから、遠慮して質問をせずに転職先を決めても、その先働き続けられなければ意味がないのです。

転職サイトの登録は複数すること。

転職 - Google 検索 (606)

複数利用するの基本です。ただ、5つも6つも登録するのは待ってください。電話やメールがたくさんきて、どれが誰だか分からなくなってしまいます。
楽になるどころか、対応でてんやわんやになるでしょう。3社程度に登録して、好印象の担当が当たったところをメインにするのが賢い利用法です。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |