ドクターヘリで活躍する「フライトナース」になるには | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ドクターヘリで活躍する「フライトナース」になるには

ドクターヘリは、救えなかったかもしれない命を救う切り札です。ドクターヘリに乗り組む「フライトナース」になるにはどうしたらいいのでしょうか。フライトナースになるための方法を考えます。

ドクターヘリとは

ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターであって、救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターをいう。救急医療用ヘリコプターとも言う。

ドクターヘリによる救命は拡大し続けている

「ドクターヘリ」の出動件数が2013年度、初めて2万件を超えたことが、専門医らでつくる「日本航空医療学会」の調査でわかった。
 (4648)

フライトナースの活躍する回数も増え続けています。

感謝されるドクターヘリの活躍

大学2年生女性(20)がアルバイト先に向かう途中にバイクで転倒した現場へ、ヘリで急行。腹痛を訴える女性を治療しながら病院に空路Uターンした。内臓損傷の重傷だったが速やかな手術が奏功。日常生活に支障がないほどまで回復した。

 女性は「ヘリがなければ死んでいたかもしれない。ヘリを要請してくれた救急隊や病院の先生方は命の恩人」と振り返る。

 (4672)

ドクターヘリのおかげで救われている命があります。

ドクターヘリで看護師も活躍する

ドクターヘリにはフライトドクター及びナースが搭乗し、救急を要する現場に向かいます。基本的にドクターヘリ一台につき医師と看護師が一人ずつなので、フライトナースには高い技術力と豊富な知識が求められます。
 (4676)

ドクターヘリには、看護師も乗り組みます。

ドクターヘリで活躍する「フライトナース」の求人

テレビドラマでも取り上げられたドクターヘリ。そのヘリコプターに乗り込む看護師のことを、フライトナースと呼びます。
フライトナースになるには、求人を探して応募すればいいというものではありません。
フライトナースは、ドクターヘリを設置する病院で勤務をしますが、そのような病院でフライトナースの求人募集を掲げている可能性はほぼゼロ。

ドクターヘリに乗りこむ「フライトナース」になるには

病院内の看護師からフライトナースを抜擢することが多いため、求人広告を出して外部の人を採用する必要がないのです。

フライトナースを目指すなら、まずはドクターヘリのある病院への入職が、夢を叶える第一歩。

 (4679)

ドクターヘリを所有する病院で働くことが第一歩です。
ほとんどの病院では、フライトナースは志願制です。
フライトナースになりたい看護師は救命救急部門で研鑽を積むのが手っ取り早いわけです。
フライトナース部門のある病院の救命救急で三年以上経験を積み
病院内の選抜を勝ち抜いて、晴れてフライトナースとして
現場で活躍できるわけです。
via http://新卒看護師辞めたい.com/flight.html
 (4682)

救命救急での経験が必要です。
ドクターヘリの活躍する回数が増加し続けています。
それに伴い、ドクターヘリで勤務する看護師の需要も増していきます。
あこがれのフライトナースへと転職するには、超えていかなければいけないハードルがありますが、それだけの意義があることでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |