乾燥した冬になると「かかと」もカッサカサでガサガサ!アルガンオイルでしっかりケアしましょう! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

乾燥した冬になると「かかと」もカッサカサでガサガサ!アルガンオイルでしっかりケアしましょう!

かかとのガサガサって嫌なものです。いろんなものに引っかかるし、見た目も良くない!軽石でゴシゴシも面倒くさい!なんて思っている人も多いと思います。アルガンオイルを使ってみてください。

かかとをキレイにしている人は、体のお手入れがしっかりしている感じがします。靴を履いていれば見る事も、見られる事もない部分ですから、そんな所もしっかりキレイにしている人は、体も部屋も身の回りの物もみんなキレイにしている。そんな感じがしますね。アルガンオイルを使ってかかとも体も美しく!

かかとのケアと言えば削る?はがす?

 (5289)

かかとの角質除去方法 ①削る

かかとの角質を取るといえば、まず浮かぶのが「削る」ですね。これが一番古くからある対処方法でしょう。すぐに結果が見たい人はこの方法が向いています。

長所:
ケアしたその日に結果が見られる。専用のやすりがドラッグストアなどで比較的簡単に手に入る。道具が繰り返し使える。

短所:
削りすぎてしまったり、周りの皮膚を傷つけてしまうリスクが他より高い。

かかとの角質除去方法 ②はがす

 (5290)

はがすというのは、ピーリング剤などによって、古い角質層をはがす方法のことです。削る作業が面倒、結果が出るまでに時間がかかってもよいというひとには、向いています。

長所:
やすりケアのように削りすぎで皮膚を傷つける心配が少ない。薬液に足を浸すだけでよい。

短所:
剥け切るまでに日数を要する。(2~3週間など個人差あり)剥けている最中は見た目がよくない。薬液が肌に合わないことがある。

かかとケアにはアルガンオイルが最適

 (5291)

アルガンオイルというのは、 モロッコに自生するアルガンから 取れるオイルのことです。 このアルガンオイルには、 豊富なビタミンEのほか、 リノール酸とオレイン酸などが 豊富に含まれているので、 保湿力がとても高いという性質があります。

また、分子量が小さいので、 肌の奥深くまで浸透していく効果があります。 ですから、肌の新陳代謝をよくして、 厚い角質を正常化させてくれる
効果もあります。

アルガンオイルでかちかちかかとをケアする方法

 (5292)

アルガンオイルを使ったオイル美容のやり方は、 まずはお風呂にゆっくりと浸かり 厚くなった角質をふやかしていきます。

それから、お湯でふやかした 足裏のかかとの角質を、 やすりや軽石などを使って削り落としていきます。 この時のやり方のポイントは、 あまり強い力で行わず 優しく拭き取るように行うと良いです。 削りすぎないよう注意してください。

その後、お風呂から上がったら、 足のかかとを中心にアルガンオイルを たっぷり塗っていきます。 そして、最後に全体をラップでくるんで10分置きます。 すると、かかとのひび割れが改善されます。

一晩そのまま寝ます。

 (5293)

夜、お風呂から出て、タオルドライ後に数滴のアルガンオイルを足のかかとに塗布します。その後、靴下を履いて一晩そのまま寝ます。

お風呂上がりの足のかかとは水分をたっぷり含んでいて、柔らかい状態です。その状態を保てるように、アルガンオイルでまずはカバーします。そして、さらに一晩、靴下を履いてダブルカバーすることによって、アルガンオイルの浸透を促進します。

頑固なかかと

 (5294)

ガサガサになってしまったかかとは、なかなか頑固なもの。そんなときも、アルガンオイルが活躍してくれます! 浸透力が高い分、汚れも吸いやすいので、清潔な状態で使用するのが効果的です。

かかとにアルガンオイルとアルガンクリーム。

 (5295)

アルガンオイル

 (5296)

・アルガンオイル100%。
・浸透性が高く、すうっと角質層に浸透するので、さらりとした使い心地です。
・角質層に浸透し、肌を柔らかく整えます。
・液体なので、爪周り等細かな部分のケアも簡単にできます。
・水分を補った肌になじませると角質層に浸透し潤いを保ちます。
・スポイト式なので、使用量の調整が簡単です。 ※ 少量ずつ垂らし使用量を加減してください。

アルガンクリーム

 (5297)

・アルガンオイルにミツロウを加えた固形のクリームです。
・浸透性の高いアルガンオイルにミツロウを加えることにより、アルガンオイルより浸透がゆっくりになります。
・ミツロウが保湿効果を高めます。
・ゆっくり角質層に浸透し、肌を柔らかく整えます。
・そのため肘、膝、かかと等の固くなりがちな部分のマッサージにおすすめです。
・固形のクリームですので、手軽に使えます。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |