事前にチェック!自分に合った育毛剤を選んでいますか? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

事前にチェック!自分に合った育毛剤を選んでいますか?

薄毛に悩んだ時、まず最初に試すのが育毛剤なのではないでしょうか。現在たくさんの育毛剤が販売されていますが、どの育毛剤が自分に合っているかしっかり選んでいますか?育毛剤の正しい選び方を知って効果的な薄毛対策をしましょう。

知ってましたか?育毛剤には5種類あることを!

育毛剤選びで大切なことは、自分の頭皮と薄毛の原因に合った育毛剤を選ぶことです。
何が原因で薄毛になってしまったのか考えてみましょう。
自分に合っていない育毛剤では、薄毛や抜け毛を防ぐことができないだけでなく逆効果になってしまいます。
まず考えられる原因を突き止め、症状に合わせた育毛剤を選びましょう。
男性ホルモン抑制タイプに効果的な育毛剤とは | 育毛剤口コミランキング (2504)

1.毛母細胞活性タイプ

育毛剤ならセンブリエキスを含むものがオススメ
まず、国がその効果を認めている有効成分センブリエキスを配合した育毛剤が1つ、選択肢として上がってくるでしょう。
センブリエキスにはいろいろな成分が含まれており、効果もいろいろあります。
髪の成長に深くかかわっている毛母細胞は栄養が届かないと本来の働きを果たせません。
髪に良い栄養を摂る、適度な運動をするなど、育毛剤を使うだけでなく髪に良いことも心がけましょう。

2.皮脂分泌抑制タイプ

皮脂分泌抑制効果があると言われている成分はいくつかあるのですが、特にビタミンB6やビタミンB2が重要であるということです。
ビタミンB6やビタミンB2には、皮脂の分泌を正常にコントロールするという働きがあり、正常な頭皮環境を作っていく上でなくてはならない成分なのです。
脂肪分や糖分が多い食事をしていると皮脂が多く分泌されます。
皮脂が毛穴を塞ぐと酸化することにより毛根細胞にダメージを与えます。
髪の成長を促すためには皮脂を適度に取り除くことが大切です。

3.男性ホルモン抑制タイプ

男性ホルモンを抑制する成分とは、AGAを引き起こす男性ホルモンの働きを阻害する成分のことです。

男性ホルモン並びに5αリダクターゼを抑制する効果的な方法が育毛剤の利用です。育毛剤の中には、これらを抑制する成分を配合したものがあります。具体的に、どのような種類の成分が男性ホルモンや5αリダクターゼを抑制するのでしょうか。なかでも、男性ホルモンを抑制する成分として広く知られているのがフィナステリドです。

薄毛でもっとも多いのが、男性ホルモンが過剰に分泌されることによる薄毛です。
テストステロンが変化したジヒドロテストステロンが毛母細胞に影響を与え一気に薄毛がすすみます。
日本皮膚科学会がこのタイプに良いと認めている成分にはフィナステリドとミノキシジルの2つがあります。
育毛剤|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2511)

4.血行促進タイプ

頭皮の血行が回復すれば、髪の毛の生成に必要な栄養分が届けられるようになり、再び太くハリのある髪の毛に戻ります。
そのために必要なのが、血行促進効果のある育毛剤です。
血行促進効果のある育毛剤とは、血行促進効果のある成分を含んでいることです。
血行促進効果のある成分で有名なのがミノキシジルとM-034です。
年齢とともに血液の流れは悪くなりますが、特に頭皮などの末端では顕著です。
最近冷え性になったという方は、
育毛剤を利用するだけでなく適度な運動をするなど血流を改善するための努力をしましょう。

5.頭皮保湿タイプ

頭皮は乾燥しすぎるのもよくありません。頭皮が乾燥しすぎると、フケが発生したり、細菌が繁殖する危険性も。空気が乾燥する冬には特に頭皮の保湿が大切です。

頭皮保湿タイプの育毛剤で頭皮環境を整えましょう。「イチョウ葉エキス」や「ローヤルゼリーエキス」、「フコイダン」を配合している種類の育毛剤がおすすめです。頭皮の保湿をうながすことで、薄毛予防・育毛がはかどるでしょう。

年齢とともに肌の乾燥がすすみます。
赤ちゃんの時の細胞の水分量は80%ですが、50代になると50%まで落ち込みます。
乾燥を放置していると、頭皮が硬くなるなど毛髪が生えにくい状態になるため注意が必要です。

成分・安全性も重要

01 バスルーム|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2513)

育毛成分の特徴

男性用育毛剤を選ぶポイント
育毛成分の『効能範囲』が幅広い
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝促進、抗菌、角質溶解、抗酸化の10種類の作用)
育毛成分それぞれの『効果』が高い
育毛効果が特に高い『特徴成分』がある
(M-034、加水分解酵母エキス、バイオポリリン酸など)
どのような成分が配合されているかがわかれば、どのような効果が期待できるかもわかります。
また、自分に合わない成分が含まれていれば避けることもできます。
育毛剤を選ぶ時はまず成分をチェックしましょう。

安全性を確認する

「育毛剤を使ったら発疹がでた」「育毛剤を使ったら痒みがでた」と訴える人はゼロではないのである。

頭皮も顔や体の皮膚と同じ。
アトピーやアレルギーを持っている人は「薬をつける」と肝に銘じないと、髪を生やすつもりが炎症で髪が抜けるという本末転倒な目にあうのである。

育毛剤は頭皮に直接散布するものですから、安全性も重要なポイントです。
成分を確認するとともに、口コミやレビューなどで安全性も確認しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |