綜合病院 山口赤十字病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

綜合病院 山口赤十字病院の看護師転職求人のご案内

綜合病院 山口赤十字病院の詳細と看護師求人情報について

綜合病院 山口赤十字病院の概要

綜合病院 山口赤十字病院は山口県山口市八幡馬場にある医療機関である。設置元は日本赤十字社山口県支部。

許可病床数はすべて一般病床で475床の大規模医療施設である。
緩和ケア、小児関連を強みとする総合病院である。

綜合病院 山口赤十字病院のある山口市は山口県の県庁所在地ではあるものの、2005年の市長村合併以前は人口14万人程度で下関市、宇部市、周南市に次ぐ四番目の都市であった、合併した現在も人口規模が20万人に満たない街となっている。
中心の赤い部分が山口市

中心の赤い部分が山口市

人口の割に面積は広大で県内19市町中12位と人口密度も低い。
山口市内には8つの温泉地があり、日帰り、宿泊などで楽しむことができる。
山口市内の温泉地

山口市内の温泉地

綜合病院 山口赤十字病院の詳細

綜合病院 山口赤十字病院の外観写真

綜合病院 山口赤十字病院の外観写真

訪問看護ステーションなどの付帯事業も行っています。
山口赤十字病院長 名西史夫氏

山口赤十字病院長 名西史夫氏

当院は明治16年(1883)に山口県病院として創立され、大正9年(1920)に日本赤十字社山口支部病院となりました。本年4月で赤十字病院として95年が経過しましたが、この間、人道・博愛の赤十字精神のもと、地域医療活動や看護師の育成、社会福祉活動、災害救護活動などを行ってまいりました。
 現在、県央部から県北部、そして島根県西部にまたがる医療圏の基幹病院として、年間1万件を超える救急医療を含めた幅の広い急性期医療を提供し、地域周産期母子医療センターや小児救急医療拠点病院として周産期医療・小児医療や地域がん診療拠点病院として緩和ケアを含めたがん診療に力を入れています。

地域のみんなで手を取り合い、患者さんに継ぎ目のない安心な医療・介護を提供出来るように努力を続けます。今後とも一層のお力添えをお願い申し上げます。

※一部抜粋

基本方針

1,赤十字の心をもって、良質で温もりのある医療を提供します。
2,医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力をします。
3,災害時には、地域の皆様の医療救護活動に努めます。
4,一人ひとりが活き活きと、働きがいのある病院を目指します。

診療科目

基本方針では災害時の対応に関しても明記されています。
標榜診療科内科、緩和ケア科、精神科、神経内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科
許可病床数

綜合病院 山口赤十字病院の特色

それでは綜合病院 山口赤十字病院特色の一部をご紹介していきたいと思います。
綜合病院 山口赤十字病院では、主にがんや、出産に関わる医療に」力を入れています。

緩和ケア

治癒治療に反応しなくなった各種「がん」

緩和ケア概要

平成11年11月1日に緩和ケア病棟(25床)を東8階に開設しています。ホスピス・緩和ケアの場とは、悪くて、「ダメ」だから行く最後の場ではなく、患者さんが、頂いた「いのち」を生ききるために少しでも良い時間・空間・医療環境などを提供するための場であると考えます。そして、患者さんやご家族が抱える痛み、身体的・心理社会的・スピリチュアルな様々な問題に対応するために、当科では医師・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー・栄養士など多職種連携による医療を行っております。

疾患による症状への対応といった「生命を診る」はもちろんのこと、それだけではなく、「いのちを診る」、「家族を診る」といった3つの視点が「緩和ケア」 の礎であるということを忘れずに、スタッフ一同で患者さん、ご家族と接して参りたいと思っております。

こどもの救急

子どもは自分の症状を訴えることができないため、ご家族やまわりの方がその対応に迷われることも多いと思います。

お子さんの具合が悪い、様子がおかしい、どうしたらいいの?
病院に行くべき?と思ったとききっと役にたちます!

アットホームなお産のために

 当院ではできるだけ産婦さんのご要望に応じた、自然でアットホームなお産を提供することを目指しています。
そして、産婦さんの自然に産み出す力を大切にして“産ませるお産”ではなく産婦さんが“産む”という意欲を持って臨めるように、援助させていただいています。
 医師が正常な妊娠経過と判断し、助産師外来を受診した方で希望がある方は、院内助産で分娩ができます。院内助産では、産婦さんのペースに合わせ、アットホームな雰囲気の中、ご家族や助産師と一緒にお産を乗り越えていきます。

院内助産システム

助産師による院内分娩の様子

助産師による院内分娩の様子

 院内助産システムとは、正常な妊娠経過の妊産婦さんにおいて、助産師が医師と協働のもと役割分担を行い、自律し責任をもって妊娠期・分娩期・産褥期ケアを提供する「助産師外来」・「院内助産」のシステムです。 助産師外来とは、順調な経過をたどっている妊婦さん(妊娠24週以降)に、助産師が中心となって妊婦健診や、保健指導を行う外来です。
綜合病院 山口赤十字病院では院内であれば助産師の立会の元、順調な経過の妊婦さんに対してより自然的な出産方法を指導、案内しています。

母乳での育児を推奨

母乳での育児を適切に指導

母乳での育児を適切に指導

 できるだけ母乳で育てられますよう、個別に指導させていただいています。母乳栄養の確立を目指して、妊娠中から、妊婦さんの乳房の状態や母乳育児に対する疑問や不安、意思を把握できるように努めています。
 産後は授乳介助や昼間の母児同室、産後の生活や家族計画を説明し、安心して退院していただけるよう支援しています。

小児救急拠点病院としての機能

当院は、山口・萩医療圏の小児救急医療拠点病院に指定されており、両地区の入院が必要な小児をいつでも受け入れる体制を整えています。周辺他地区も含め、地域の先生方から多くの患者さんをご紹介いただき、連携して治療を行っております。
被災地の支援活動の一部の様子

被災地の支援活動の一部の様子

平成28年3月1-2日にかけて当院の総合受付前にて被災地へのメッセージを募集致しました。
これは東日本大震災からまもなく5年になるのに合わせ、岩手県・宮城県・福島県に対して行われました。
縦90センチ横135センチの幕が3枚用意され、近隣小学校の皆さんや患者さん、当院の職員によるメッセージ等で埋められました。
この幕は、日本赤十字社山口県支部を通じて各県へ送られます
完成した岩手県へのメッセージ

完成した岩手県へのメッセージ

災害支援活動にも力を入れており、東北の震災には励ましのメッセージが書かれた横断幕を作成致しました。
熊本へ向かった災害救護班

熊本へ向かった災害救護班

本日、日本赤十字社山口県支部救護班第2班が熊本へ向けて出発いたしました。
メンバー:桑原医師、吉本医師 他職員7名
派遣場所:益城町総合体育館
外来診療に影響が出るかと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
2016年4月に発生した熊本を中心とする地震にも、救護班二班(医師、他職員)が救助にでかけて行きました。
施設外新人研修

施設外新人研修

看護師の教育等にも非常に力を入れており、年一回院外の病院等に勤務する新人看護師なども受け入れ施設外研修を行っています。

綜合病院 山口赤十字病院の求人情報

看護師募集概要

【募集人数】
35名程度

【応募資格】
・平成28年度卒業見込者または既卒業者で、看護師または助産師免許取得見込者
・既卒者で看護師または助産師免許既取得者

【待遇】
募集要項をご覧ください

【採用予定年月日】
平成29年4月1日

【採用試験】
平成28年7月23日(土)予定
(詳細は追ってご案内いたします)

【応募締切】
平成28年7月6日(水)まで(必着)

問い合わせ先

【電話】083-923-0111 (内線:看護部 4151、人事課 4266)
【E-mail】boshuu@yamaguchi-redcross.jp
綜合病院 山口赤十字病院で行う看護師採用活動の詳細情報です。
新卒、既卒どちらも行う予定となっています。

インターシップ概要

【対象者】
・看護師および助産師の養成機関に在学中の学生
・すでに看護師、助産師免許を持っており当院への就職を考えている方
※心身ともに健康状態にある方

【実施期間】
月~金  ただし、祝日・年末年始および病院創立記念日(5月1日)を除く

【時間】
9:30~14:30

【実施内容】
希望の部署の看護師・助産師業務を1日見学 
 *実施場所はご希望を優先いたしますが、ご希望に添えない場合もあります。

【持参物】
各自の実習用ユニフォーム及び靴
在学校の名札

【応募方法】
連絡先
下記の連絡先に、希望する実施日の1週間前の17時までにご連絡下さい。

  担当 看護部 人事担当
  E-mail:boshuu@yamaguchi-redcross.jp
  電話 083-923-0111(内線 4151)

綜合病院 山口赤十字病院では看護師、助産師養成機関の学生を受け入れるインターンシップも行っています。
学生の皆さんはこちらもご検討ください。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |