今のままじゃだめだ!もっともっと頑張りたい!スキルアップのための転職。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

今のままじゃだめだ!もっともっと頑張りたい!スキルアップのための転職。

看護師と職業はその資格だけではなく、さらに上の認定看護師や専門看護師といったものもあります。さらに転職をすることでいろんな科の知識を得たいと思う人もいます。今の職場でスキルアップを目指すのか、転職して新しい場所でスキルを磨くのか。そんな方のためのまとめを作りました。

看護師という職業とスキルアップの関係。

総合病院 - Google 検索 (777)

看護師という仕事は、非常に高い志を持って入られる方が多いです。
単純に高い給料がほしいというのであれば、看護師以外にも仕事はいくらでもあります。
それでもナースを目指す方は、やはり多くの患者さんの役に立ちたいという思いもあるでしょう。
人のために働く、非常に立派な職業です。

そんな看護師の方というのは、上昇志向が強い方もとても多いです。
ここで言う上昇志向というのは、地位や役職を上げようというものではなく、自らのスキルアップをしたいというものです。

看護師スキルアップの方法~資格取得~

総合病院 - Google 検索 (775)

一つ目には認定看護師や専門看護師といった、より高い専門性とスキルを身につけることが考えられます。
二つ目には、認定看護管理者を目指す道で、これは資格を取得することで病院内で主任→ 看護師長→ 副看護部長→ 看護部長 という組織マネジメントを頭に入れたジェネラリストをめざす方法です。
三つ目は、臨床研究コーディネーター等の看護師以外の別の専門性を持った職種につく道です。看護の知識と経験を生かしての考え方ができるため、実際の職場でもかなり期待されているようです。
4つ目の道としては看護して開業することです。ケアマネージャー等の資格取得をした後、独立・開業して訪問看護ステーションを開設する、小規模多機能介護施設などを開設するといった道です。
総合病院 - Google 検索 (776)

5つ目としては、看護に関係する資格取得をする方法です。看護師のスキルアップというとこの方法が一番頭に浮かびやすいかもしれませんが、呼吸療法認定士、日本糖尿病療養指導士、栄養療法サポートチーム専門療法士(NST専門療法士)など、病院で勤務する際に、最も資格が業務と直結しやすい資格ともいえます。
6つ目の方法としては、大学や大学院に進学する方法です。学士や修士、博士をとる過程で、より自分の看護に根拠や意味づけを深め、根拠に基づく看護実践を目指します。
7つ目の方法としては、海外の看護を学ぶため、海外の看護系大学等に留学する道です。留学後はそのまま海外で看護師として活躍する道と日本に帰国し、海外の知識を取得したうえで日本の看護を見直す道の二つの方向性があります。
職場は変わらず資格を取ることでスキルアップを目指す方法です。

一般業務をこなしながらの勉強になるのでかなり厳しいものではありますが

どんな病院に転職しても使える資格ですし、転職の際にも有利になります。

でも現場で新しい技術を得たいと言う方は転職を希望するのも1つの方法ですよ。

スキルアップのための転職。

総合病院 - Google 検索 (774)

転職するにあたって重視したこと
一番重視したのは、元々転職を考え始めたきっかけであった、スキルアップができるかどうか、を重視しました。その見極めは研修制度の充実具合や勉強会の内容です。それ以外では、看護師の数と病院に勤めている医師の専門分野も重視しました。医師から学ぶこともたくさんありますから、自分自身が興味のある分野の医師がいたら、とても勉強になると考えたからです。
また、働くにあたって人間関係は重要です。なかなか人間関係を調べることはできないので、看護師長の人柄を重視しました。その組織の長である看護師長が魅力的な方であれば、組織も魅力的なんだろうなと推測したからです。
総合病院 - Google 検索 (773)

転職前に比べて、勉強会が増えたことにより勉強の機会が増え、知識もスキルアップも継続的に可能になりました。また、学生を指導するプリセプターになるチャンスもいただきました。
最初は不安でしたが、人に教えることで自分の知識もさらに強化されました。
スキルアップのために違う部署や違う科への転職を希望する方も多いようです。

一般の職業だと転職イコール最初から。転職イコール辛抱がない。

というようなイメージにもとられがちですが看護師の職では転職は珍しいことではありません。

看護技術のスキルアップのために転職。

面接当日、看護部長さんと面接を行い、いろいろな診療科目で看護を学びたいと希望を出したところ、異動の時期にならば優先して異動しますと承諾をいただけました。
始めは消化器内科に配属され、胃がんやイレウスの患者さんの看護について学ぶことができました。
また半年後には異動になり、腎臓内科に配属。その後も呼吸器内科、呼吸器外科と数多くの診療科目で看護をさせていただくことができました。
前職の病院も環境がよかったことから未練が全く無い、というわけではないですが、転職を行い、一般診療科について数多くのことを学ぶことが出来て満足しています。

スキルアップしたい方にお勧めの職場。

総合病院 - Google 検索 (772)

総合病院です。
総合病院であれば、様々な患者さんが来院され、また運び込まれてきます。
重篤な患者さんも運ばれてくることがあり、最新の治療が施されます。
これらは非常に貴重な臨床経験となります。
新しく、設備もきちんと整えた口コミの良い病院を選びましょう。

そして、大学病院もいいでしょう。
大学病院の場合、とくに「学ぶ」際には非常に有利となります。
配属される部署なども都合してくれるなど、
ナースのスキルアップに手厚い支援をしてくれる病院が多いのが特徴です。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |