【知りたい】ローヤルゼリーで花粉症対策が可能?! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

【知りたい】ローヤルゼリーで花粉症対策が可能?!

ローヤルゼリーには様々な健康効果がありますが、果たして花粉症対策としては有効なのでしょうか?また、花粉症の方がローヤルゼリーを使うときに注意することはあるのでしょうか?ローヤルゼリーと花粉症の関係について調べてみました。

理由は書いてありませんが、この方がローヤルゼリーで花粉症が治ったのは事実のようです。
花粉の季節の3ヶ月前から続けたのが良かったのでしょうか?
とりあえず、ローヤルゼリーについて調べてみたいと思います。

人間の身体には、昼間の活発な時間帯に作用する交感神経と、リラックス状態のときに作用する副交感神経の2つの自律神経があります。

花粉を異物とみなした身体は、その花粉を排除しようと鼻水やくしゃみ、涙といった症状を起こします。
これらの花粉症の症状は、副交感神経が異常反応した状態です。
この2つの自律神経の乱れをコントロールしてくれる成分が、ローヤルゼリーには含まれているのです。

それはアセチルコリンという成分で、副交感神経を正常に戻してくれる作用があります。
アセチルコリンを含むものとしては、自然界ではローヤルゼリーだけです。
ローヤルゼリーを服用すれば、花粉症が悪化するどころか、くしゃみや鼻水、涙といった辛い症状が緩和されるのです。

アセチルコリンには自律神経を整える作用があるんですね。
それが花粉症対策の秘密のようです。

しかも、アセチルコリンはローヤルゼリーだけの成分。
やはりローヤルゼリーが花粉症対策になるという噂は真実だったようです。

花粉症がひどい方は、前もって医師に相談してもいいと思います。
また、その他のアレルギーがある方も同様に注意しましょう。

花粉症でローヤルゼリーを使うときの注意点!

ローヤルゼリーのサプリメントを摂取すれば、花粉症の症状によって疲れてしまった体の回復にも役立ちます。
ただし、ローヤルゼリーは花粉や蜜を食べた働き蜂が体内に分泌するもの、いわば花粉が原料の1つですから、場合によっては花粉症の症状が悪化してしまうようです。
ですから花粉症の方がローヤルゼリーを摂取するときは、まず、少量から試してみてからにしましょう。もし不具合を感じたら、即、飲むのを中止するという決断をすることも大切だと思います。

ローヤルゼリーの『アセチルコリン』が花粉症を和らげる

女王蜂も働き蜂と同じ受精卵から生まれますが、働き蜂と比較すると非常に神秘的な生命力をもっています。
ほとんどの働き蜂の寿命が、約1ヶ月ほどしかないのに対して、女王蜂の寿命は平均で約3年程で、中には8年も生き続けた女王蜂もいるそうです。
働き蜂と比較すると、体の大きさは約2~3倍で、寿命も30~40倍となり、毎日約1500~2000個もの卵を産み続けるという、驚きの生命力を持っています。

この驚きの生命力を生み出すのが「ローヤルゼリー」なのです。

女王蜂と働き蜂は元々別の生き物だと思っていました。
しかし、実際には同じ受精卵から生まれた蜂なのですね。

それがローヤルゼリーの栄養だけで、驚異的な生命力を持つ女王蜂へと変貌する・・・
ここに花粉症対策の秘密もあるような気がします。

ローヤルゼリーは驚異的な生命力の源

ローヤルゼリーで花粉症がウソのように軽くなりました!

私には体に合っていたようで、3ヶ月前からローヤルゼリーを飲み続けていたら、劇的に症状が良くなりました!

【体験談】ローヤルゼリーで花粉症が治った!?

[1]私たちの体は、“花粉”という異物(アレルゲン)が侵入するとまず、それを受け入れるかどうかを考えます。
[2]排除すると判断した場合、[3]体はこれと反応する物質をつくる仕組みをもっています。この物質を「IgE抗体」と呼びます。
[4]抗体ができた後、[5]再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
[6]その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

・・・そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。

スギやヒノキなど人によって花粉症の原因は様々ですが、基本的にはメカニズムは同じなのですね。
花粉を体外に排出しようとする働きが、逆に迷惑になるなんて、ちょっと不思議に思います。
体質によっては花粉症は命にかかわりますから、真剣に対策を講じなければなりません。

花粉症のメカニズムを知ろう

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |