グルコサミンの効果とコンドロイチンとの関係 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンの効果とコンドロイチンとの関係

グルコサミンという言葉を最近よく聞くようになりましたが、これは一体どのような成分なのでしょうか?関節サポートに本当に良いのでしょうか?

●関節痛を改善する効果
グルコサミンを補給することによって軟骨の摩擦が抑制され、関節痛や変形関節症の痛みや腫れを改善し、傷ついた軟骨を修復し再生を促すという効果があります。歩行の際の膝の痛みも緩和され、スムーズな歩行へと改善されます。
グルコサミンは、軟骨に働きかけ、関節部分の細胞の新陳代謝を活発にし、軟骨のクッションに当たる部分を修復するので様々な部位の炎症性関節炎や痛みを改善する効果があります。
テレビなどでサプリメントのCMをよく見ると思います。そのときにグルコサミンとコンドロイチンという名前をよく耳にしませんか?同じようなイメージでCMを見ている方も多いと思いますが、この二つの成分はどう違うのでしょうか?調べてみたら驚きの事実が明らかになりました。それについては引用を読んでいただければすぐに分かると思います。
グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」のひとつで、動物の皮膚や軟骨、甲殻類(エビやカニなど)の殻に含まれています。わたしたちの体では、皮膚と軟骨のほか、爪や靭帯(じんたい)、心臓弁などに糖タンパク質の成分として存在しており、細胞や組織を結びあわせる役割を担っています。

このように、もともと体内でつくられている成分なのですが、年齢を重ねていくにつれて減ってしまうという特徴があります。それにより、軟骨関節がすり減りやすくなり、関節の痛みが生じるといわれています。

グルコサミンとコンドロイチンで相乗効果!

グルコサミンとコンドロイチンは両方とも関節の軟骨に作用し、軟骨細胞を活発にしてくれます。そのおかげで関節の痛みが取れたり、病気の症状の緩和をすることが可能となっています。しかし両方とも同じ効果なので2ついっぺんにとらなくてもよいのでは?と考える人も当然いると思います。
グルコサミンとコンドロイチンの2つの栄養素はは、お互いの能力を助け合う事が出来る栄養素です。
栄養素にはそれぞれ相性が有り、相乗効果を得る物も有れば相殺してしまう物も有ります。
しかし、グルコサミンとコンドロイチンの相性は良く、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る事で、更に高い効果を得る事が出来ると言われています。
グルコサミンとコンドロイチンは、ともに関節に良いとされ、さまざまな健康食品やサプリに利用されています。グルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されているものも多く、サプリを選ぶ時などは「何が違うの?」と疑問に思ってしまう人も多いかもしれません。
ここでは、グルコサミンとコンドロイチンの違いについて、詳しく解説します。

コンドロイチンとグルコサミンの違い
よく、コンドロイチンとグルコサミンが混同されてしまうことがあります。
サプリメントなどの販売コピーなども、両方ともに、関節痛に効果的というようなことが書かれていたりします。
中には、コンドロイチンとグルコサミンが一緒になったサプリメントもあります。
皆さまはどうやって、この二つを区別して購入なさっているのでしょうか。
先ほどの説明の中で、コンドロイチンはグルコサミンから生まれる的なことが書いてあったかと思います。しかし、グルコサミンだけを取っていればいいというものではないようです。実はグルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると相乗効果がもたらされるのだそうです。それでサプリメントの中にはこの二つの成分が一緒に入っているのですね。本当によく考えられています。

グルコサミンとは?

最近、テレビCMや健康番組でよく耳にするグルコサミンとは一体どんな成分なのでしょうか?関節のサポートに良さそうなイメージですが、実際のところはどうなんでしょう?あと、年齢とともに失われていくというのは本当なのでしょうか??気になったので調べてみました。

グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |