FX取引においては通貨ペアの特徴を掴みましょう | キュレーションメディア

FX取引においては通貨ペアの特徴を掴みましょう

王道の米ドル

また、発展途上国などでは、自国の通貨価値が非常に低く、また経済情勢や政治情勢により安定した通貨の価値を得られない国などでは、アメリカドルが好まれて使用されています。
このように世界的に使用する事ができ、安定した通貨価値を持っているアメリカドルは「有事のドル買い」と言われ、経済の不安定な状況や災害などが起きた場合には、日本円以外の世界中の通貨が売られてアメリカドルが買われる傾向にあります。
少し専門的な事になりますが、ドルと円の場合には日本の通貨である円が世界的に認められている事と、バブル崩壊以降、日本はデフレ状態となっており、「通貨の価値が著しく下がる事は無い」と考えられ、世界情勢が不安になるとドルを売って円を買う動きが出やすい傾向にあります。

http://mituwasou.com/fx-beginner-tips/currency-features.html
dollars-388687_960_720
https://pixabay.com/ja/%E3%83%89%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%83%AB%E7%B4%99%E5%B9%A3-%E7%B4%99%E5%B9%A3-%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E9%8A%80%E8%A1%8C-%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%AB-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81-388687/
韓国の債権はドル決済であったり、石油取引の基本決済もドル決済であったりと米ドルは至るところで使われています。世界中で利用されているだけに、ドルのレートというのは非常に大きな要因となりますので、FXの取引では通貨の情勢だけではなく、相対的に捉える方がいいかもしれません。海外のFX取引会社の場合はドルで取引できる通貨ペアが、非常に多く用意されています。

欧州通貨の代表はユーロ

ユーロのリスクを考えて見ると、まず一つは、15カ国の公式通貨ですので、他の通貨に比べ、リスク要因が多いという点です。
アメリカや日本、オーストラリアのように、1つの国の通貨ではなく、ドイツやフランスなど、様々な国で使われている通貨ですので、ユーロの価値決定の材料となる要人発言や経済収支などのデータもたくさんあります。
(中略)
仮に、ドイツで景気が悪くなったり、フランスの要人が失言するといったことが起これば、他のユーロ圏の国が安定していてもユーロの価値が下がることもあり得るのです。
ですので、ユーロの売買を行うときは、ECBの発表だけでなく、他のユーロ圏の経済収支や要人発言もチェックする必要が出てきます。
ちなみに、ユーロの取引を行う際は、ユーロ加盟国のGDPの約80%は、フランス、ドイツ、イタリア、スペインが占めていますので、少なくともその中のフランスとドイツ、さらに余裕があれば、イタリア、スペインの4カ国はマメにチェックしておきましょう

http://www.fx-easy.net/currency/eur.html
dollar-bill-166310_960_720
https://pixabay.com/ja/%E3%83%89%E3%83%AB%E7%B4%99%E5%B9%A3-100-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD-%E3%81%8A%E9%87%91-%E7%B4%99%E5%B9%A3-166310/
ユーロが欧州の各国の影響を受けやすいというのはギリシャのデフォルト問題を想像していただけると分かると思います。また欧州のイメージというとユロというイメージが強すぎるので、実はEUに加盟していてもユーロを使っていない通貨があったりするので、しっかりと理解していきましょう。

デイトレーダーに人気の通貨といえば

英ポンドも昔は世界の基軸通貨だった時代がありました。
その名残から、世界的規模の証券会社や銀行などの金融機関の多くがイギリスに集中しています。
また、世界三大市場のひとつであるロンドン市場があるのもイギリス。
こういった地域柄により、テロの標的になりやすいというリスクがあります。
イギリスでテロが起これば、当然自国通貨であるポンドにも影響がでてきますよね!
値動きの激しいポンドは個人投資家にとって魅力的な通貨ですよね!
とはいえ、値動きが激しいということは、利益を得るチャンスも大きいけれど、損失してしまう可能性も大きいということです!
つまり、ポンドの取引はハイリスクハイリターンな取引になりがち。

【通貨別特集】乱高下で有名なポンドの特徴を5分で理解しよう!


pound-414418_960_720
https://pixabay.com/ja/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E7%B4%99%E5%B9%A3-%E3%81%8A%E9%87%91-%E5%AF%8C-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E9%87%91%E8%9E%8D-%E5%88%A9%E7%9B%8A-414418/
殆どのFX取引会社にポンドは用意されているので、あまり気にしないと思いますがポンドはドルが基軸通貨となる前に世界中で使われていたので、信頼度と歴史には今だに計り知れないものがあります。それゆえに普段は市場に参加していないトレーダーもチャンスの相場には積極的に参加してきます。振幅が大きいのでデイトレーダーに人気があるというのはこういう理由があります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |