調理にも使える!ブルーベリーの秘密 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

調理にも使える!ブルーベリーの秘密

皆さんが知っているお馴染みのブルーベリーですが、ブルーベリーには色々な魅力があるのです。その魅力について紹介していこうと思います。

ブルーベリー(英: blueberry)は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称である。
栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5-1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。果実は北アメリカでは古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ハーフハイブッシュ系、ローブッシュ系の交配により多くの品種が作出された。
細かく見ると数百種あるブルーベリーの品種の多くはアメリカで作られた。品種の中には日本、オーストラリア、ニュージーランドなどで作られた品種もある。日本で導入されている品種は100種にも及び多くはアメリカ産品種だが、日本で開発された品種も栽培されている。
生食用途の他、ジャム等の加工食品として供給されている。一部の品種にはアントシアニンが豊富に含まれている。
ブルーベリーは僕にとっては、「奇跡のフルーツ」であり、「幸運のフルーツ」「幸せのフルーツ」なんです。

では以下「ブルーベリーの魅力」の一覧表です。

◆1回目  

  本当の美味しさ 

◆2回目

  美しさ、気品

◆3回目

  可憐な花、そしてミツバチとのハーモニー

◆4回目

  効能

◆5回目

  調理しやすくスイーツとの相性抜群

◆6回目

  病害虫に強い

◆7回目

  多彩な品種

◆8回目

  効率的、作業時間短い、つまり生産性高い

◆9回目

  皮ごと食べられ捨てるところがない

魅力も調理方法も沢山あるブルーベリー

アントシアニン

アントシアニン

ブルーベリーに含まれているアントシアニンには抗酸化作用があり、様々な体の不調の改善に期待ができるそうです。
それだけでなく健康に大切な食物繊維が含まれていたり、アンチエイジング効果もあるそうなので女性は必見ですね。
このようにブルーベリーについて色々と述べてみましたが、体に良い食べ物なので食べられる人は食べてみる事をお勧めします。
自然の味わいを楽しみながら食べてもらいたいものですし、食べたブルーベリーの栄養が吸収されれば体が健康的になれると言われているので、気が向いたらブルーベリーを使った料理にも挑戦してみてください。
ブルーベリーと言えばジャムに使っている方が多くいますが、一部の品種にはアントシアニンが含まれている事を知らない方が多いでしょう。このアントシアニンがどんな効果があるのかを迫ってみたいと思います。
ブルーベリーの小さな果実の中には、からだに嬉しい栄養がぎっしり詰まっています。アントシアニンは優れた抗酸化作用を持ち、眼精疲労回復や生活習慣病の改善などに効果的。また、アントシアニンが花粉症のつらい症状を緩和することもわかっています。その他にもお腹の健康に欠かせない食物繊維をバランスよく含んでいます。アンチエイジング効果のあるビタミンCとビタミンEもたっぷり含んだパワフルな果実なのです。
ベリー類の白和え

ベリー類の白和え

シャンパンと一緒に食べたら美味しそうです。
ちょっと変わったフルーツでの白和え
前菜としてシャンパンにも合います。
ブルーベリーをあまり小さく切らず口の中で潰しながら食べるのが美味!
ブルーベリーの甘みと酸味を活かした味噌ジャムです。
ブルーベリーを包丁で切らずに、手でつぶして入れ、果汁を味噌に移します。
つぶして焼いたり、生をトッピングすることで、違うブルーベリーの食感を楽しめます。

栄養が豊富です

ブルーベリーの辛子酢味噌

ブルーベリーの辛子酢味噌

甘みと酸味があり美味しそうです。
ブルーベリーって作業時間が短くて生産性が高いのですね。
また皮ごと食べられるのでゴミになることはありませんし、調理しやすくスイーツとして食べられますが、果たしてブルーベリーを使ってどんなスイーツが出来るのでしょうか。
パンに塗っても美味しいブルーベリーですが、その食べ方だけはなく、スイーツとして召し上がることもできます。いくつかそのスイーツを紹介しましょう。

ブルーベリーでこんなスイーツが作れる

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |