【注目!】知っておきたい債務整理の弁護士費用を抑える方法 | キュレーションメディア

【注目!】知っておきたい債務整理の弁護士費用を抑える方法

借金等の債務整理に悩んでいる人は、自分で解決する事は困難であり、弁護士に相談するというのが一般的です。しかし、弁護士に掛かる費用が無い等という問題の為に、弁護士に相談する事を諦めてしまう人も少ないありません。そこでここでは、債務整理の知識と公的な弁護士の支払いに当てる費用の制度について、述べていきます。

まずは債務整理について

債務整理とは簡単に言えば、借金問題を精算して人生をやり直す法律で認められた手段と言えそうです。
そして債務整理は、過払い金返還請求・任意整理、自己破産、そして個人再生に分けられており、この4つの内で最も適切な方法を、弁護士と依頼人の間で相談して決めるというのが一般的です。
債務整理は弁護士に任せよう

債務整理は弁護士に任せよう

法律の専門家である弁護士がいるから安心
債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理にも幾つか種類があることを知っておこう
債務整理は一人で悩まず弁護士へ

債務整理は一人で悩まず弁護士へ

弁護士は強い味方になってくれます
債務整理として取るべき手段は債務の総額や収入、財産など状況によって異なりますが、法的に債務を整理することで元本の減額や利息が免除になるなど、現状の借金による苦しい状況を打開することができます。

借金総額や種類、続けて収入が得られるか否かなどを検討して、最も相応しい手段を選択します。また、債務整理が行われることにより、信用情報機関に記載されることになります。そのため、債務整理の後5~7年のあいだは、借り入れを受けたり、クレジットカードを作ることができなくなります。

債務整理の説明

債務整理(任意整理)について

裁判所を通さず行う手続きであり、債務者と債権者による話し合いによって債務の整理が行われます。
一般的には弁護士や司法書士に依頼をして手続きを行います。任意整理は、借入当初より利息制限法の上限金利に金利を引き直して返済額を再計算することで借金を減額することができます。
引き直し後の残債については概ね3年位の期間で返済を行っていきます。
なお、金利引き直し後過払い金がある場合については過払い金返還請求を行います。
任意整理についての概要

債務整理(特定調停)について

特定調停(とくていちょうてい)とは、日本の民事調停手続の一種であり、特定債務者の経済的再生に資するためになされる、特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における利害関係の調整に係る民事調停であって、当該調停の申立ての際に特定調停手続により調停を行うことを求める旨の申述(特定調停法3条1項)があったものをいう(同法2条3項、2項)。
要するに、特定調停とは、借金の返済が滞りつつある借主について、裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続である。このような性質を有するため、民事調停の一種ではあるが、倒産処理手続の中の再建型手続の一種として位置づけられることがある。
特定調停の概要

債務整理(自己破産)について

自己破産と聞くと多くの人は、簡単に借金をすべて帳消しにしてもらえるとても良い制度と思いがちでしょう。
その通りで、裁判所に破産申立書を提出して免責許可ををもらって、全ての借金を帳消しにしてもらえる手続きなのです。
破産するためには、財産があっては出来ません。
財産もなく支払い不能となる場合には、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されて自己破産が出来るのか判断されると言う訳です。

破産する人の家族は全く関係がありません。
本人だけ自己破産することになるので、家族は普通に生活が出来ます。
借金の保証人になっていなければ、問題なくローンを組んだり出来るので、上手に破産が出来れば、何不自由がない生活が送れるのです。

自己破産の概要を良く頭に入れておこう
上記にもあるように、財産があっては自己破産が出来ませんので、よくよく考えて対応することが肝心です。

債務整理(個人再生)について

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」とがあり、それぞれ申立てのできる度合いの要件が定められています。再生計画案を提出して、それが認可されれば、計画案のとおり返済し、残りの債務は免除されます。将来の収入が見込めない人や借金総額が5000万円を超える人などは、この手続きをとれません。
自己破産とは違い、個人再生手続きでは住宅をもなくすことはありません。
個人再生について把握しておく

債務整理を利用した事のある人って少ないって本当なの?

お金に関する事で悩み事を経験していなければ、債務整理という言葉は聞いた事が無いかも知れません。
しかし、借金問題で苦労した事のある人であれば、法律家等の専門家では無くても、聞いたことがあり、利用した経験があるという答えをする人もいる筈です。

ところが、債務整理というシステムがある事を知っていても、実際の利用者は一部に限られています。

その理由は幾つかありますが、大事になりそうなので波風を立てずに何とか自力で解決したいという様に考える人が多いというのが理由の一つになります。

債務整理か。。どうしよう。

債務整理か。。どうしよう。

悩んでいないで、弁護士に相談!
▼債務整理しても改善できなそうだ
「債務整理してもどうせ・・・」と考える人も多いようですが、債務整理は将来利息のカットという形での決着が原則です。

実際、債務整理の無料相談に足を運んだ人の80パーセントは状況が改善したそうです。その中の多くの人は劇的に改善され、生活の立て直しのチャンスを得ています。どうせムダかどうかは、相談してみてから判断すべきです。

早急に弁護士事務所を探そう!

弁護士に支払うお金がないので、やはり駄目かな?

弁護士事務所もビジネスですから、一定の料金を支払う事になります。
債務整理を行おうと考えている人は、大半がお金の問題で悩んでいるので、弁護士に支払うお金をそもそも賄えないという悩みを抱えているかも知れません。

しかし、それは公的な補助制度がある事を知らない為に起きる不安と言えるでしょう。

実際には民事法律扶助制度を利用すれば、手持ちのお金が無くても債務整理を進める事が出来ます。

ですから、民事法律扶助を利用可能な弁護士事務所をキーワードに、探すと良いでしょう。

民事法律扶助の制度を利用しよう

民事法律扶助の制度を利用しよう

諦める必要はない!!
民事法律扶助制度というのは、冒頭で紹介したように本来なら弁護士を雇うお金さえあれば、裁判で勝てるのに、そのお金が用意できないばっかりに泣き寝入りをしている人を救済する制度です。
弁護士費用というのは基本的に一括払いが多く、着手金であれば安いところでも10万円、相場では民事事件で20万円程度の現金を一度に支払わなければなりません。

こうした金額を、一度に準備できない人ためにあるのが民事法律扶助制度で、弁護士費用を立替えてくれて、返済は月々5,000円から1万円程度の分割払いにしてくれるのです。
また、生活保護受給者など、極端に経済状況が悪い人の場合は、弁護士費用の一部、または全部を完全に負担してくれて、返済義務もなくなります。つまりタダで弁護士が雇えちゃうわけです。

お金が無くても債務整理を進められる!!
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |