黒酢で視力を回復させよう。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

黒酢で視力を回復させよう。

黒酢には意外な効果があります。血液をサラサラにするものもありますが、それ以上に視力回復に大きな役割があるらしいので説明したいと思います。

視力回復にも効果がある!?

一般的な黒酢の効能

黒酢の代表的な効果・効能としては、血圧安定作用・血液サラサラ効果・抗酸化作用・疲労回復・大腸ガン予防・ダイエット効果・美肌効果…などが挙げられることが多いようです。

血圧安定作用は、黒酢が持っている数多くの効果・効能のなかでも最も大きな効能として期待されています。

基本的には生活習慣病に強いようですね。実際にそういった宣伝がなされているのも事実です。
さて、ここで盲点なのは視力回復の側面ではないのでしょうか。確かに様々な効果がある様なので、他の方に目が行きがちですが、実は視力回復にも効果がある様なのです。本当ならばレーシックいらずですね。
人間の体を構成する成分であるアミノ酸はおよそ20種類あり、全てが関連し合いながら体の機能を維持しているのですが、そのうち体内では合成できない必須アミノ酸と、体内で合成できる非必須アミノ酸とに分けられます。黒酢には体内で合成できない必須アミノ酸がバランス良くしかも豊富に含まれているのです。アミノ酸がバランス良く体内に共有されると、体内の様々な機能が活性化されます。具体的にどんな効果として現れるかというと、免疫力UP、美肌効果、血流改善、体脂肪の燃焼促進、脳細胞活性化、二日酔いの解消など、数え切れないほどの効果を挙げることができます。
疲れ目にもいい!!

疲れ目にもいい!!

黒酢は健康に良いと言われていますが、実は視力回復にも繋がるものなのです。そのまま飲むと少し味が気になる人もいるでしょうが、黒酢には血管の詰まりを解消する作用があります。つまり血液の流れを促進することができるというわけです。血液を浄化することができることが医大の研究結果でも認められているのですが、目の血液の流れも促進することができるでしょう。目の血液の流れが滞ることによって目は疲れやすくなり、視力低下にも繋がってしまいます。それが目の病気に繋がることもあるのですが、黒酢を飲み続けることによって血液の流れが促進されれば、目の病気の予防にも繋がるでしょう。
血管を広げるという事は、生活習慣病を予防する効果があるわけですが、その効果は目の血管にまで行くわけですね。
疲れ目やかすみ目の多くは、目を酷使することによる乾燥、毛細血管の血流障害などが原因となっています。これらは、携帯電話やスマートフォン、パソコンなどの長時間使用によって引き起こされます。

黒酢を摂取することで、血液の流れが改善。疲れ目となる原因要素の解消につながり、症状も軽減されるのです。

また、原料の玄米を長時間発酵・熟成させた黒酢は、普通の穀物酢と比べてもアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富。抗酸化作用も高いため、血圧を下げると同時に、血液をサラサラの状態にしてくれます。

血液がつまりにくい状態を作り上げることが、疲れ目の予防にまで効果を発揮する理由となっています。

目の疲れそのものを予防できるのは大きな強みです。
対策として、わたしは日常に食事に気を使う様にしています。少しでも、疲労感を残さず、元気に健康に生活を送りたいと考えているからです。

その為に、多く取り入れている食品は『黒酢』です。黒酢を細目に摂取する事で、日々の疲労感があまり感じなくなりました。

睡眠をきちんと取る事で、翌朝にはすっきりと目を覚ます事が出来て、元気に生活を過ごす事が出来ています。

疲労が無くなるという事は、目の疲れが無くなるという事でしょうし、目覚めがいいという事は目におかしなダメージがないという事です。だから黒酢は目にいいわけです。

実は・・・

・肝は目に開竅し(目眩や目病)、その華は爪にある(爪の病変)

(肝は血を受けてよく視るといい、かすみ目、めまい、眼の乾燥、夜盲症などは肝の異常と関わりがある)
(また肝以外では特に心、腎と深い関係がある)
(肝の血が不足すると、爪が柔らかく厚みが薄くなり、色が淡白となってツヤが無くなる)

実は予想通り。中医学の五行説には五臓に対して「肝の疲れは目に開き、その疲れには酸味を用いよ」という五味の教えがあるからです。

それにしても「目の名薬」という異名は健在で安心しました。っていうか、元々どれだけ良く見えてたんだろう?両親に感謝です。

昔の人はちゃんと考えていたんですね。すごいことです。

終わりに

このように、黒酢の効能は視力回復に大きな役割がある事をわかっていただけたでしょうか。意外とは言いましたが、実際には昔の人は知っていたんですね。視力が不安な方や、疲れ目の方もぜひ活用してくださいね。
肝の食養
酢のもの、少量の酸味(梅干し、リンゴ、ミカンなど)
ひじき、昆布、アオノリ
レンコン、ニンジン、カボチャ、トマト、
濃緑黄色野菜
カンピョウ、シイタケ、
大豆製品(湯葉、モヤシ、豆腐、高野豆腐、納豆など)
川魚、白身魚
玄穀類(フスマ、赤小豆、、胚芽米、玄米)
カキ、貝類、ナマコ、アワビ、シジミ
よく見るとお酢や、その原材料が多数ありますよね。だから黒酢が視力回復に役に立つという事なんでしょう。
昔の知恵

昔の知恵

脱帽です。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |