緊急性の高い患者さんが多くスキルの高さを追求されるERのお仕事って? | キュレーションメディア

緊急性の高い患者さんが多くスキルの高さを追求されるERのお仕事って?

ドラマでよく見られるER(救命救急センター)のお仕事。かっこいいなぁと思うけど、実際はどうなんでしょう。

ERのお仕事ってどんなものなの?

 (3270)

ERとは、本来はEmergency Room(救急室)という診療スペースを表す言葉ですが、現在の日本では、救命救急センターを指して使われることが多くなっています。

日本の救急医療体制は、1次救急(軽症)、2次救急(中等症)、3次救急(重症)に分けられていて、救命救急センターは3次救急の重症患者を受け入れています。

救命救急センターに搬送されてくる患者さんは、急性心筋梗塞や脳卒中、心肺停止状態、頭部外傷、多発外傷など命の危険が大きく、一刻も早く高度な治療を開始すべき状態であったり、複数の診療科領域での治療が必要とされる状態であることが特徴です。

 (3272)

ERは救急外来とは違い、救命センター病棟(救命病棟)が併設されていることが大きな特徴です。3次救急でERに搬送されてきた患者さんは、救急室(初療室)で救命処置や治療を受けた後、救命病棟に入院することになります。

また、最近では1次救急も2次救急も受け入れる北米型のER体制を取る救命救急センターも増えてきています。

ERでの看護師の仕事は大きく分けて2種類。

ERでの看護師の仕事は、大きく2つに分けられます。1つが搬送されてきた患者さんを救命する初療室での仕事で、もう1つが初療を終えた患者さんが入院している救命病棟での仕事です。
 (3274)

救命病棟での仕事
次に救命病棟での仕事です。これは、一般病棟に入院している重症な患者さんがさらに重症化した状態の人を受け持つと考えるとわかりやすいと思います。

救命病棟に入院する患者さんは、人工呼吸器だけでなく、人工心肺や24時間の透析装置など高度な医療機器が付いている場合も多いですし、通常の点滴だけでなくCVやスワンガンツモニター、気管挿管、各種ドレーン、脳圧モニターなど様々な挿入物も挿入されていて、昼夜関係なく治療が行われています。

家族対応の仕事
また、ERの看護師の仕事でもうひとつ重要なものは、家族対応です。突然病気になったり、事故に遭い、命の危機に陥った場合、その家族は当然混乱し、パニック状態になりますよね。

そのような状態の家族を落ち着かせ、既往歴やアレルギーの有無など治療に必要な情報すばやく聞き出さなくてはいけませんし、緊急事態の中で医師からの説明はどのくらい理解したのか、精神状態はどうかなどを確認していく必要があります。

初療室での仕事
初療室での仕事は、救急医療やERを扱ったドラマを思い出してもらえれば、仕事内容はおおよそ想像がつくと思います。初療室では、救急車で運ばれてきた患者さんを生命の危機から脱出させ、ある程度状態を落ち着かせる目的での治療が行われます。

初療中の看護師は、医師が行う治療の介助や薬剤や医療器具の準備、治療中の詳細な記録などを行います。この初療はスピードが命ですので、看護師が「次に医師が何をするか」、「どんな薬剤や物品が必要か」を予想しながら仕事をしていくことが、初療をスムーズに進める上で非常に重要になります。

この仕事内容を読んだだけでもERの仕事がどれくらいスピード命で機転を利かせる必要があるのか、どれだけ気を遣う作業なのかわかりますよね。

病院によってはERスタッフは外来のお手伝いをすることも。

 (3279)

私の働いていた病院では人材不足もあって日勤帯の場合、救急車が来るという連絡が入った時点で外来の看護師が救急外来(ER)に行き、スタンバイするといった流れを取っていました。

そのため救外がない場合は休んでいる訳ではなく外来で仕事をしています。

夜間の場合は、急性期病棟の看護師1人が救急外来(ER)も兼務する体制を取っていたので、救急外来(ER)がない場合は急性期病棟で部屋持ち看護師の補佐をして、患者さんが来ると病棟から駆けつける形でした。

ERの勤務体制。

 (3282)

ERの勤務体制の特徴は、看護師のスタッフ数が日勤と夜勤で変わらないという点です。一般病棟だと、夜間帯は基本的に処置や清潔ケアなどは行いませんので、日勤に比べて夜勤スタッフは半分以下になりますよね。

でも、ERは24時間365日いつでも重症の患者さんを受け入れられる状態にしておかなくてはいけないので、日勤も夜勤も看護師の数が変わらないんです。

深夜に急病や事故で患者さんの受け入れ要請が来ても、「スタッフが足りないので受け入れできません」では、ERの存在意味がないですよね。

夜勤も日勤も人数が変わらないということは夜勤の回数も増えるということです。

ERは72時間ルールが適用外になります。

意外!!実はシフトの融通がききやすい職場なんです。

 (3291)

残業が少なく、休みが取りやすい
また、ERの特徴としては残業が少ないことと休日が確保しやすいという点があります。これも意外に思う人が多いかもしれません。

ERは日勤と夜勤の人数が同じですので、勤務時間が終われば、業務を丸々引き継ぐことが可能です。そのため、ERは基本的に残業は少なく、重症者の搬送や急変が重なって、どうしても人手が足りない時のみ残業があります。

一般病棟だと人手不足のため、規定の年間休日を消化できないこともありますよね。でも、ERはその特性上、常に人員を確保しておく必要がありますので、スタッフが優先的に補充されやすいんです。そのため、人員不足になることはあまりなく、年間休日もしっかりと消化でき、場合によっては有給消化もできます。

ER看護師の給料は?

ERがある病院は病床数が多く、その地域の中核を担っているような病院がほとんどです。病院の規模が大きければ大きいほど、看護師の給料は高い傾向にありますので、基本給は平均より高いことが多いと思います。

また、大病院は福利厚生もしっかりしていて、ボーナスが4~5ヶ月分と平均以上に支給されるところも多いんです。

次に諸手当についてですが、ERで働くと「救急手当」や「危険手当」が数百円~数千円つくこともあります。また、ERは夜勤回数が多いので、一般病棟に比べると夜勤手当が多くなりますが、残業時間は少ないので、残業手当はあまりもらえません。

少しでも給料アップを目指すなら、夜勤手当が高い病院を選ぶと良いでしょう。夜勤手当は2交代制で1回平均1万円程度ですが、1万5000円以上のところもあります。夜勤が多いERだからこそ、夜勤手当の額にはこだわりたいですよね。

ERで働きたいと思うなら人材紹介会社に登録して空きを待つのがお勧め。

 (3287)

ERで働きたい場合はどうすれば良いのでしょう?ERのある病院を自分で探して、ERでの勤務希望を出すこともひとつの方法ですが、より確実にするためには、転職支援サービスを利用すると良いでしょう。

担当のコンサルタントにERで働きたい旨と伝えておけば、希望の病院でERの欠員があり、求人が出たときに優先的にその求人を紹介してくれるでしょう。また、採用時にER配属を確約してくれるように先方の病院と交渉もしてくれます。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |