転職を考えたら取るべき!感染対策のプロ・医療環境管理士という資格。 | キュレーションメディア

転職を考えたら取るべき!感染対策のプロ・医療環境管理士という資格。

看護師の方は資格の取得に貪欲であるというアンケート結果が出ています。そこで病院側が看護師に取得を勧める医療環境看護師という資格をご紹介します。

看護師は資格好き?約75%が資格取得に意欲あり!

医療環境管理士 - Google 検索 (6373)

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』では、資格取得に関する投票を実施。
「仕事に活かせる資格、取りたいですか?」という質問を、ユーザーの皆さんに投げかけました。

投票の結果、「何らかの資格は取ってみたい」が50%、「取りたい資格がある」が25%と、約75%の方が資格取得に意欲的であることが判明しました。また、「すでに資格を持っている」と答えた方は12%でした。

一方、「取りたい資格がない」「資格を取ることに興味がない」と答えた方はいずれも6%で、少数派という結果に。

看護師という資格だけでも立派なのに、看護師の方の多くはもっと他にも資格取りたい!スキルアップしたい!という考える人が多いんですね。

病院が勧める資格。医療環境管理士とは・・・

医療環境管理士 - Google 検索 (6374)

院内感染対策のスペシャリスト資格で、多職種と連携し、感染予防・対策・管理・教育の指導的立場になる資格です。
昨今、新型インフルエンザ、高齢化、耐性菌の増加などでリスクが高まっており、感染管理の体制作りや職員に対しての教育活動などが重要になります。
資格取得の勉強によるスキルアップや、資格の肩書きを得ることで、他のスタッフから専門家と見られます。
資格取得者は医療従事者が主になりますが、製薬会社、医療関連サービス業、介護施設などの従事者も受験しています。
医療環境管理士 - Google 検索 (6375)

医療環境管理士は、「医療現場で必要な感染予防対策」の知識・スキルを問う検定試験です。

昨今、新型インフルエンザ、高齢化、耐性菌の増加などでリスクが高まっており、感染管理の体制作りや職員に対しての教育活動などが重要になります。資格取得の勉強によるスキルアップや、資格の肩書きを得ることで、他のスタッフから専門家と見られます。

医療環境管理士は、専門性の異なる職業・年齢・役職・施設規模など、様々な医療関係者で構成されています。
医療環境管理士に期待される役割は、多職種・他施設の現状・取り組みを参考にし、様々な視点から医療現場を支援することです。
受験者の46%は病院、会社、知人の勧めで受験されています。

ノロやロタ・インフルエンザなど病院に多くの感染病患者が入院しています。

そんな中、院内感染を起こさないための感染予防対策のプロが医療環境管理士なのです。

転職にも有利な資格。メリットは・・・

医療環境管理士 - Google 検索 (6376)

職種に関係なく、医師 、看護師 、薬剤師 、臨床検査技師などの従事者、製薬会社、医療関連サービス会社の方が受験している感染予防と環境管理の資格です。

医療・福祉機関に出入りする医療関連サービス会社の担当者が、感染予防の資格を取得することで信頼を得ることができます。

職員・スタッフへの感染予防教育に役立ちます。

資格取得の勉強が、感染制御活動への裏付けとなり役立ちます。

院内感染対策委員や感染対策チームの共通ツールになります。

資格取得者を多数輩出することで、各職員が感染予防の知識を習得している医療機関として信頼感が高まります。

医療環境管理士 - Google 検索 (6377)

医療環境管理士の資格をとる過程で感染症対策に関する専門知識が身につけられる他、最新の感染症対策に関する情報を入手できるようになるため、感染症院内で感染症が広がるリスクを減らすことに役立てることができます。

また、感染症管理に携わる看護師がこの資格を取得することで、周囲からの信頼度が上がり、指導・教育の効果が高まる事が期待できます。

資格取得者の約4割が病院に勤務する看護師であることを考えると、看護師の仕事内容との親和性が高い資格であるといえます。

医療環境管理士に期待されている役割・業務の一例

経営者やICTメンバーとのコミュニケーション
■感染症対策のシステム作り
■多職種を交えた病院全体での研修活動
■外部委託会社(清掃管理会社など)との連携
■製薬会社、医療関連サービス業担当者との情報交換
■外部感染管理担当者との意見交換による情報収集
■保健所との連携や感染症関連のWEBサイト活用
医療環境管理士は、医療現場で必要な感染予防対策に関する専門的な知識・スキルを有し、指導的立場になることができる者に付与される資格です。日本医療環境福祉検定協会が資格付与しています。

医療環境管理士の主な役割は、感染症対策のシステム作りや、病院全体に対する研修活動などです。

感染症対策のシステム作り
多職種を交えた病院全体での研修活動
外部委託会社(清掃管理会社など)との連携
製薬会社、医療関連サービス業担当者との情報交換
外部感染管理担当者との意見交換による情報収集
保健所との連携や感染症関連のWEBサイト活用
近年、新型インフルエンザやノロウイルスを始めとする、感染病が非常に増えており、病院内の環境を良好に保ち、感染リスクを減らすための対策は急務です。

医療環境管理士になるには・・・

医療環境管理士の資格検定試験は年2回(2月・8月)行われています。

試験会場は東京、名古屋、大阪、福岡の4カ所、検定料は2万1000円、合格基準は選択式200点・記述式100点の300点満点の試験に7割以上正答することです。合格率は5割前後です。

試験終了後3週間以内に郵送される合格通知を受け取り、合格者を対象とした「合格認定講習会」を受講すると、医療環境管理士として認定されます。

「合格認定講習会」は専門的な知識を得ていくための講義と、課題について議論するグループワークの2部構成です。

グループワークではあえて、多職種のひとが1グループになるように設定されており、感染予防対策で必要な多職種がスムーズに連携できるようにするためのスキルを磨けるようになっています。

「合格認定講習会」は年に2回、4月と10月に東京・大阪・福岡でそれぞれ開催されています。

医療環境管理士の資格を活かせる職場。

医療環境管理士 - Google 検索 (6378)

病院には高齢者やがん患者が多く感染に対して抵抗力が弱い人が多いため、特に注意することが必要な場所です。耐性菌も増加していることから、感染症のリスクがどこよりも高くなっています。病院から感染を防ぐための体制を作るために、病院内の職員を指導する立場にある医療環境管理士は病院にとって無くてはならない存在です。

また、高齢者を介護する介護施設や介護サービスでは抵抗力の弱い高齢者の感染を予防するために、看護師を始めとして職員全員が常に気を配らなくてはいけません。ですから、スタッフ全員に感染予防について指導し、手洗いや消毒の必要性について話をすることができる医療環境管理が必要です。

医療環境管理士の将来性。

医療環境管理士 - Google 検索 (6379)

資格取得者の31%が現在病院に勤務している看護師で、受験者の半数以上を占めています。新型インフルエンザやノロウイルスなど、感染症は近年増えていますので、病院内で環境を守り感染するリスクを減らすことは病院にとっても大きな課題の一つです。

そのため、医療環境管理士の資格をとった看護師が病院内にいれば、病院内で感染症に対する指導や教育を行うことができますので、病院からの信頼度も上がります。これからもニーズが高まることが予想される将来性のある資格です。

どうですか?医療環境管理士の重要性わかっていただけましたでしょうか。

病院からの信頼・必要性も高く、転職の際にも優遇されます。

さらに手当てのつく病院も多いので転職の際には、問い合わせてみるのもいいでしょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |