薄毛の悩みは男だけじゃない!「女性用育毛剤」のヒミツ | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

薄毛の悩みは男だけじゃない!「女性用育毛剤」のヒミツ

薄毛や抜け毛の悩みは男の人だけのものではありません。女性にもあり得るんです。人に相談しにくいことなので、ひとりで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。そんな悩める女性のために、ここでは「女性用育毛剤」のヒミツを教えちゃいます。

意外と知らない脱毛のメカニズム

薄毛や脱毛で悩んでいる人は日本全国にたくさんいますが、
サロンやエステ、育毛剤などで薄毛対策をしている人の中でも
根本の原因である脱毛のメカニズムについてきちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。
まずは敵を知ることから始めましょう。
 (2142)

私たちの毛髪は一つの毛穴から3本または5本生えていて、全体の量としては少ない人で6,7万本、多い人で14、5万本で平均すると約10万本と言われています。
そして、その方の年齢や男女によって差はありますが、一つの毛穴から3本または5本生えている髪の毛のうち、いわゆる主毛と言われるものを除いておよそ3年~6年前後の周期で毎日自然脱毛と発毛を繰り返しており、1日50本~60本位の抜け毛であれば心配いりません。
基本的なこととして、私たちの髪は一度抜けてしまっても、
毛根がしっかりと生きていれば再び生えてくるということです。少しホッとしますよね。

男女で違う脱毛の原因とは?

同じ脱毛でも、男性と女性ではカラダの作りが違うことから原因は異なります。
ここでは男女それぞれの脱毛原因について調査してみます。
まず、基本知識として、男性ホルモンは体毛、女性ホルモンは髪に影響します。
そのため、女性ホルモンの少ない身体のつくりである男性に、薄毛の方が多いのは当たり前の話です。
今さらながら再確認、男性の方が髪の薄い人が多いのはホルモンの影響だったんですね!
じゃあ薄毛の女性は「男っぽい」ってこと・・?

女性の抜け毛の原因は?

写真素材 足成:頭を抱え悩む女性 (2129)

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。

顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。
髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

女性らしい肉体を作り、妊娠・出産にも関わっているのが、エストロゲンという女性ホルモンです。
女性ホルモンの分泌量のピークは、20代後半で、30代になるとしだいに減っていきます。

そして40代に入り、閉経を迎える前後には急激に減少することが知られています。

30代前半は女性ホルモンも十分に分泌されているので、健康的な髪の毛をキープすることが可能ですが、それでも女性ホルモンのバランスが崩れていれば、髪もダメージを受けることになります。

女性の抜け毛も、原因はやっぱり「ホルモン」。
髪の毛って、とても繊細なものなんですね。

気になる女性用育毛剤の特徴

 (2143)

育毛剤は男性と女性によっての頭皮の肌質の違いから特徴に差があるのが事実なんです。
一般的に女性用育毛剤の大きな特徴としてあげられることが、無添加の育毛剤が多いということです。

女性は、肌が弱い人が多く、肌が薄い人になると年中肌トラブルに悩んでいる人も多いんです。
そのような背景があって、女性用育毛剤には刺激性の強い添加物があまり含まれていない育毛剤が主流となっています。
また、頭皮だけではなく、髪に対してもこだわっている育毛剤が多く、髪の保湿効果やつやを与える髪の美容液としても女性用育毛剤は働いてくれます。
上記のことをまとめると、髪と頭皮をいたわってしっかりと育毛してくれるというのが女性用育毛剤の特徴なようです。

男性と女性ではカラダの中のホルモンが違うだけではなく
頭皮の肌質も違うんですね。
スキンケアも男性用、女性用があることを考えると、育毛剤だって
男女別なのは当然のことですね。
 (2140)

初めて女性用育毛剤を購入する場合には、自分がどのような薄毛のタイプであるのかを考え、その上で女性用育毛剤に含まれている成分を調べ、効果がありそうな女性用育毛剤を購入することが大切です。

http://育毛剤女性用ランキング.com/女性用育毛剤を選ぶ方法/女性用育毛剤の選び方とは.html

育毛剤が男性用と女性用がある意味は分かりましたが、
たくさんある製品の中でどれを選べばいいか分からない・・・。
そんな人は、ここを見て参考にしてみて下さいね。
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |