資産運用法の1つにFXを検討してみる | キュレーションメディア

資産運用法の1つにFXを検討してみる

FX以外にも株や不動産投資など資産運用方法はいくつかありますが、なぜFXは幅広い年齢層で、さらに世界中で効果的な資産運用法として認識されているのでしょうか。

その背景にはFXが持つメリットが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

FXは世界中に投資できる

2_6
http://www.cheapscoolbag.com/img/2.6.jpg

FXは円だけでなく米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、その他にも様々な通貨へと投資できる、グローバルな資産運用が可能になります。

資産運用の基本的な条件はリスクを小さくすることですので、様々な通貨ペアへ分散投資して損失を補填できるスタイルを取れるFXは資産運用法としてまさに理想的なのです。

代表的な投資先の通貨ペアについて見てみましょう。

ドル円(USD/JPY)
テレビニュースで円相場が報道されている時というのは、ほとんどの場合ドル円の相場を報道しています。

FXの世界におけるドル円というのは、非常に取引量の多い重要な通貨ペアです。

他のクロス円と比べると取引量が多いことから、激しい値動きになりにくい通貨ペアなので、初心者はまずドル円から取引するのが良いと思います。

ユーロ米ドル(EUR/USD)
米ドルとユーロという、世界の基軸通貨として通用する通貨同士のペアです。

当然ながら世界で最も注目度も取引量も高い通貨ペアです。

ユーロドルというのは、両雄を担っているメジャー通貨の間を左右に傾くシーソーのようなものだと考えると分かりやすいと思います。

http://hot-fx.jp/fx-kihon/currency-pair/usdjpy/

世界中の市場で24時間取引可能となっているため、日本時間の夜間や早朝でも何ら変わらずFXで資産運用が可能です。

外国為替(FX)は世界中で行なわれており、時間も価格もグローバルに連鎖する巨大なマーケットです。
各国の金融機関の営業時間中に最も活発に取引が行なわれており、1日の動きを追うと、ニュージーランドに始まり、日本などのアジア、中東、イギリスやドイツなどの欧州、最後にアメリカといったように、時差によって活況な時間帯が24時間途切れずリレーのように繋がっています。
なお、外国為替市場は24時間眠らないマーケットではあるものの、各国の金融機関が休業する週末(土・日)や元旦などは、インターバンク市場に参加する金融機関が不在となるため、原則として取引は行なわれません。

http://www.sunward-t.co.jp/~fx/guide/guide_fx.html

他の資産運用法に比べメリットが多い

FXはリスク分散型の資産運用が出来る、24時間取引可能というだけでなく様々なメリットがあります。

初心者でも気軽に取り組みやすいということも重要なメリットの1つです。

始めるために必要なことはFX会社の口座と資金だけ、最近はプロのトレーダーの取引プログラムが搭載されている自動売買システムなども販売されているので知識が無くても効果的な資産運用に取り組める時代となっています。

FXを始めるのに、FX専用であったり特別に用意しなければならない機械は必要ありません。
口座開設から取引までパソコンやスマホ等、ネットに繋がるタブレット端末があればOK!
いつでもどこでも取引ができるのも、FXの特徴の1つですね。

数年前までネット取引というとパソコンが必須でしたが、2000年前後からスマートフォンが普及し、現在はFX取引(入出金~注文決済まで)全てスマホで可能な時代となりました。

最近ではFX専用の取引アプリなども登場してきているので、ますます使いやすくなってきています。

http://www.i2i.jp/fx/side_business.php

ノーリスクで資産運用も可能

l_029
http://www.hkderich.net/wp-content/uploads/l_029.png

資金に十分な余裕がある場合はスワップポイント狙いでノーリスクの資産運用が可能になります。

ただしレバレッジをかけてしまうと強制決済のリスクも出てくるため、確実にスワップポイント狙いに行くのならばレバレッジをかけない、かけても2倍程度のポジショントレードにしましょう。

FXでは、各通貨間の金利差によって生じるリターンも期待できます。
これをスワップポイントと言い、この金利差利益は、毎日ある一定の時刻でポジションを維持していれば、毎日受け取ることができます。
例えば、低金利の日本の政策金利は、現在0.5%と言う世界的に最低水準にありますが、金利の低い米国でも2%、オーストラリアでは5%にも達しています。
また、金利が10%を超える発展著しい国もあります。
好景気であれば、お金の需要が増大し、そこ結果、金利が上昇します。
また、低金利政策をとる国の余剰資金が、これらの発展中の国に流入し、さらに経済発展を支えることに繋がります。
スワップポイントは、保有した金額とその保有期間に対して生じます。

http://fx-beginner-blog.com/17.html

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |