妊娠中・産後の抜け毛が尋常じゃない!育毛剤って使っていいの? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

妊娠中・産後の抜け毛が尋常じゃない!育毛剤って使っていいの?

妊娠中や産後は驚くくらい抜け毛が増えます。異常ではないし、一時的なものだと言われてもやっぱり気になります。行くも剤って使ってもいいのでしょうか。

妊娠中・産後の抜け毛の理由。

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (981)

黄体ホルモンの分泌量が原因

妊娠中は、「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌が、
かなり活発化しています。

あまりに過剰に分泌されるものだから、
自然とホルモンバランスが乱れてしまうんですね。

ホルモンバランスの乱れは、ヘアサイクルの変調を引き起こします。
なので、髪の毛が生えてから抜けるまでの期間(髪の一生)が、
異常に短くなったりすることが起こるんです。

結果、抜け毛が増えるというわけですね。

胎児に栄養を与え続けるがゆえの抜け毛

ドットライン

チェックポイント 胎児に栄養を取られることが原因

「取られる」っていう言い方はそもそも好きではないんですが(汗)

お腹の中の赤ちゃんは、毎日お母さんからたっぷりの栄養を吸収してます。
そのため、お母さん自身の栄養が不足しがちになるわけですね。

栄養は必要不可欠とされるところから先に補充されていくので、
頭皮や髪に与える栄養分までは残っていない…ということが起こります。

当然、栄養がいきわたらず、
不健康な状態の頭皮では髪は育ちません。

なので、髪が抜けちゃうというわけですね。

自然に任せるのが一番だけど、どうしても気になるなら。

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (982)

「やっぱ抜け毛が気になる…」

「こればっか考えちゃってストレス。。」

など、全ッ然アタマから離れないというあなたや、
半年くらい経っても抜け毛がヒドイ…とかであれば、
ここで育毛剤の使用を考えてもいいかもしれません。

ただ、妊娠時の育毛剤使用に関して、
本当に重大な注意点があるので、必ず最後まで目を通してくださいね!

妊娠中に絶対使ってはいけない育毛剤の成分。

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (983)

妊娠中に使ってはいけない育毛剤
※ 妊娠中に使ってはいけない育毛剤の成分があるので、必ず覚えてください。

妊娠中、絶対に使ってはいけない育毛剤、それが、

チェックポイント ミノキシジル
チェックポイント フィナステリド(プロペシア)

という成分が入った育毛剤です。

これらは、よく男性用育毛剤に入っている成分なんですが…

この成分が妊婦さんの体内に吸収されると、
男の赤ちゃんの生殖器に異常が出る恐れがあります。

よく旦那さんの育毛剤を軽い気持ちでチョンチョンと使いがちですが、
妊娠中は間違っても、旦那さんの育毛剤を気軽に使いこなさないでください!

これらの成分名をしっかりと頭に叩きこんで、
仮に、この成分入りの育毛剤を見かけたら避けて通ってくださいね。

妊娠中は絶対に、男性用育毛剤は使用してはいけません!

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (987)

妊娠中や授乳中に育毛剤を使ってもいいかどうかは、含まれている成分によりますので、お医者さんに相談したほうがいいです。
育毛剤は基本的に頭皮につけるものだから大丈夫じゃないの?と思いがちですが、頭皮の末梢血管を通して育毛剤に含まれている成分が体に流れていきます。

妊娠中や授乳中に絶対にやめてほいたほうがいいものは医薬品の育毛剤です。
特にタブレットタイプの育毛剤で、フィナステリドや、ミノキシジルなどが含有されているものは絶対にやめておきましょう。
もともとフィナステリドなどは男性ホルモンを抑えるために使用するものであると言われています。
女性用に開発されたものではないですし、効果は薄いどころか副作用が出ることがあるので、やめておいたほうがいいでしょう。
赤ちゃんにまで悪い成分が流れていくことが考えられます。

基本的に医薬品の育毛剤は副作用が強いものが多いので、胎児にもしものことがあるかもしれません。

妊娠中は肌も敏感になっていて普段の化粧品でも被れたりすることがあります。

育毛剤は皆さんが思っている以上に効果のきついものなので、医師に相談してから使用する

ようにしましょう。

産後の授乳期間に使用する育毛剤を選ぶポイント。

産後の育毛剤を選ぶポイントは
授乳中でも安心して使えるもの。

女性向けの育毛剤であること。

副作用なく安心して使えるもの。

長く使い続けることができるもの。

匂いや刺激がなく優しいもの。

など、効果や有効成分のことはもちろんですが、このようなことをクリアしている育毛剤を選ぶことで後から失敗した!なんて後悔することもないでしょう。

お勧めの育毛剤は天然成分を配合した優しい効果のもの。

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (984)

おすすめできる商品としては、女性用の育毛剤で、刺激が少ない弱酸性のもの。
更に無添加のものが一番いいとされています。
やはり、保存料や着色料が入っているものだと、赤ちゃんにまでその影響を与えることがあるので、無添加のものを選ぶようにしましょう。
無添加の育毛剤なら肌にも優しいですし、それ以上に悪いものを体に取り込まないので赤ちゃんにも影響はないので安心して使うことができます。
妊婦 育毛剤 - Google 検索 (985)

これは妊娠していない女性にも基準にしてほしいポイントと言えますが

必ず女性用の育毛剤すること
化学物質を含まない無添加の育毛剤
原料は自然由来のものを選ぶべき
この3つを前提に、育毛剤を選ぶようにして下さい。

男性用の育毛剤を使用してしまうと、配合成分によっては母子共に影響を与えかねません。

知っていてほしい。「絶対大丈夫」はないこと。

妊婦 育毛剤 - Google 検索 (986)

個人的には「どんな育毛剤を使っても大丈夫ですよ。安心してください」とは言いたいものの、なかなかそうはいきません。

なぜなら、間違えた育毛剤選びをすると、母体にも胎児にも悪影響を与えかねないからです。

妊娠中には何があるか分かりません。

友人が大丈夫だったから。

一人目の時は大丈夫だったから。

それでも今回の妊娠ではどうなるか分かりません。

医師も万能ではないのです。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |