«飲み過ぎは健康を損なう?≫黒酢の注意点をピックアップ! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

«飲み過ぎは健康を損なう?≫黒酢の注意点をピックアップ!

黒酢は続けて摂取することで健康に良い影響をもたらしてくれます。また、最近では脂肪燃焼効果や基礎代謝量UPによるダイエット効果もあると言われています。しかし、飲み過ぎてしまうと、健康を損なう可能性もあるようなので、注意点を調べてみました。

就寝前に飲むと酸によって歯がダメージを受け、冷たいものがしみたり、虫歯のような痛みが起こったりすることもあります。就寝中は唾液の分泌量が減る為に、寝る前に黒酢ドリンクを飲むと口の中は強い酸性になり、歯が溶けやすい環境のまま一晩過ごすことになるので絶対にいけません。

ですので、黒酢ドリンクを飲んだ後は、必ず歯磨きをすることを心がけて下さいね。歯磨きをする前に、水で軽く口をゆすぐなどして、酸性の状態を中和することもおすすします

黒酢は食品ですので決められた摂取量というのはなく、基本的には好きなように摂取して構いません。
が、当然、たくさん飲むほど良いということもありません。

目安としては1日スプーン2杯程度の20~30mlくらいにしましょう。

この量を大幅に超えて摂取すると胃を痛めるだけでなく、吐き気、腹痛、めまい、無尿、呼吸困難などの症状が出ることもあります。
ですから、あまりに大量に摂取し過ぎるのもよくありません。

20~30mlを一気に摂取するのではなく何回かに分けて摂取してください。
ドリンクとして飲まなくてもサラダのドレッシングや料理の調味料としてでも、何回かに分ければ充分な量を摂取することができます。

冷え性の方

黒酢を適量摂取することで、血行促進作用により身体を温める効果が期待できます。しかし冷え性の方は、黒酢の飲み過ぎに特に注意が必要です。もともと黒酢には身体を冷やす作用もあります。さらに黒酢を冷やした状態ではなく、お湯で割るか常温で飲むよう心掛がけると良いでしょう。

胃腸の弱い方

多量に摂取しないように気をつけてください。少しずつ量を増やしていくなど、徐々に身体を馴らすことが大切です。胃腸の弱い方は、黒酢を飲み過ぎると腹痛や下痢症状を引き起こすことがあります。お腹の具合など体調に変化を感じた場合には、黒酢の量を減らすか、一度飲むのを中止して医師に相談するようにしましょう。

子ども

子どもの場合も胃腸の弱い方と同様に、体調の変化を見守りながら少しずつ身体を馴らしていくようにしましょう。飲み過ぎることのないように注意してあげてください。

冷え性で問題になるのは、普通の酢を飲んだ場合かもしれません。
黒酢の場合はアミノ酸が体を温めてくれるので、あまり気にする必要はないという説もあります。
就寝前でなくても、酢は歯に悪いので、黒酢を飲んだ後は必ず口をゆすぐようにしましょう。
歯磨きをする場合は、ゆすいでから30分~1時間くらい後にしたほうがいいそうです。
口の中の唾液が黒酢の酸を中和してくれます。

黒酢を飲んだ後は歯に注意!

こんな方は黒酢の飲用に注意してください!

酢は1日20~30mlを超えて飲んでも、あまり効果は変わらないそうです。
適量を毎日続けることで、様々な健康効果やダイエット効果が望めます。

黒酢の1日の摂取量の目安

酢の刺激で胃を痛めるケースもあります。特に胃酸過多の場合は、胃の中の酸を増やすことになりますから注意が必要です。黒酢・もろみ酢ダイエットをするなら、食事中か食後の満腹の時がオススメ。必ず食べ物と一緒に摂るようにしましょう。
胃が敏感な方は薄めて飲むのもいいそうです。
料理に使っている場合は問題ありませんので、気になる方は直接飲むよりもお勧めです。
また、黒酢のアミノ酸やクエン酸によるダイエット効果に期待するなら、脂肪が燃焼しやすい朝食後や昼食後に飲んだほうがいいと思います。

空腹時に飲みすぎると胃を痛めます

体に良い黒酢でも、飲みすぎると健康を損なってしまう可能性があるんですね。
いくら黒酢が好きでも、効果が高くても、摂取量には注意する必要があります。
特にサプリメントの場合は、気軽に飲みやすくなっているので、必ず用法や容量を守りましょう。
黒酢は食品なので、摂取量を守っていれば副作用はにありません。
ただし、過剰摂取の場合は健康を損なう恐れがあります。
黒酢の過剰摂取による副作用は以下のとおりです。

・胃の痛み
・吐き気
・腹痛
・めまい
・無尿
・呼吸困難
・下痢
・便秘
・酸蝕歯(歯が溶ける)

黒酢の飲みすぎによる副作用

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |