〈育毛剤が効かない理由?〉育毛剤は薄毛のタイプにあわせて使うべき! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

〈育毛剤が効かない理由?〉育毛剤は薄毛のタイプにあわせて使うべき!

育毛剤ってたくさん種類がありますよね。自分も最近気になってきたな・・・と思ったときどんなものを選びますか?とりあえず口込むがいいものを選んでしまうって言う方多いですよね。でもそれって本当に自分に効くんでしょうか。

そろそろ育毛剤が気になってきた・・・

育毛剤 - Google 検索 (20)

育毛剤ってたくさん種類がありますよね。

自分も最近気になってきたな・・・と思ったときどんなものを選びますか?

とりあえず口コミがいいものを選んでしまうって言う方多いですよね。

でもそれって本当に自分に効くんでしょうか。

育毛は自分の薄毛のタイプにあわせたものを使わなくては効果が出ないんです。

正しい育毛剤の選び方。

育毛剤 - Google 検索 (21)

育毛剤の主なタイプを知ったうえで正しい育毛剤選びのポイントを4つご紹介します。

①自分の症状にあった育毛剤を選ぶ
②安全性や評判
③価格や内容量のチェック
④一度試してみる

育毛剤を選ぶうえで大切なことは自分の症状や原因にあったものを選ぶということです。
育毛剤は、配合成分によって働きかけや効果が異なります。
そのため、自分の症状や原因をしっかり理解したうえで、それに合った育毛剤を選ぶようにしましょう。

抜け毛が気になり始めた方は血行促進型。

育毛剤 - Google 検索 (22)

頭皮を柔らかくし、毛細血管の拡張作用によって血行を良くし、発毛を促すタイプの育毛剤です。毛細血管が広がると毛乳頭が十分に酸素・養分を吸収できるため、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも活発になります。市販の育毛剤はほぼこのタイプの作用を少なからずもっています。

このタイプの育毛剤に含まれる代表的な成分が「ミノキシジル」です。ミノキシジルを主成分とする育毛剤はリアップなどです。肩こり・首こりがひどい方や冷え性の方に効果的な育毛剤のタイプです。

ミノキシジル、フロジン液といった成分が有効的。
毛細血管を拡張させ、血流を良くします。特に後頭部の薄毛に悩む方に効果的。
このタイプの育毛剤は毛細血管を拡張することで血液の循環をよくし、栄養素が頭皮の届きやすくなる効果が期待できます。

喫煙習慣のある人におすすめ
運動不足の人におすすめ
頭皮が硬い人におすすめ

生え際と後頭部が気になり始めた方は男性ホルモンの抑制型。

育毛剤 - Google 検索 (23)

男性の薄毛のほとんどが男性型脱毛症(AGA)です。この症状は男性ホルモンの影響が大きな原因とされています。

男性ホルモンの1種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(デヒドロテストステロン)という物質に変わります。このDHT(デヒドロテストステロン)の増加が抜け毛をひきおこす要因なのです。

男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤は、この抜け毛を引き起こす5αリダクターゼの分泌を抑える働きがあります。つまり、抜け毛の原因になる男性ホルモンの分泌を抑えることで男性型脱毛症(AGA)の予防・改善に効果が期待できるのです。

薄毛家系の人におすすめ

薄毛の95%を占めると言われる男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響と考えられています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)という発毛抑制物質を生成します。男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は5αリダクターゼの働きを抑制することでジヒドロテストステロン(DHT)を生成を抑制するというものです。

このタイプの育毛剤に含まれる代表的な成分が「フィナステリド」であり、フィナステリドを主成分とするプロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果的な育毛剤といえます。

女性ホルモンを含んだタイプが効果的。

髪が細くなってきた方は毛母細胞の活性型。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されますが、この分裂を活発に行うためには、ビタミン、亜鉛、システインなどの養分が不可欠です。毛母細胞活性(栄養補給)タイプの育毛剤はこれらの栄養を直接頭皮に補給することで毛母細胞の分裂を活性化させ、強く健康は髪の毛を作るものです。

このタイプは育毛剤以外にも育毛シャンプー・育毛サプリメントのものがあり、育毛初心者にも比較的入りやすいタイプです。食事が不規則であったりバランスが悪かったりする方におすすめですね。

ペンタデカン酸グリセリドの成分が有効的。
髪の毛の根(毛根)に栄養を与え、太くコシのある髪の毛を育てて行きます。

.皮脂分泌抑制タイプ

育毛剤 - Google 検索 (24)

頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。またそのまま放置すれば炎症を引き起こし、脂漏性脱毛症の原因にもなります。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促すタイプの育毛剤です。

最近だとこのタイプの育毛シャンプーもたくさん発売されていますね。スカルプDなどはその代表格といえます。脂性の方には特に効果的なタイプです。

いかがでしたか?

ご自身の薄毛のタイプと育毛剤の選び方、参考になりましたでしょうか。

タイプが分かればあとは試してみることです。

育毛剤といっても効果が出るのには時間が必要ですので、あきらめず根気強く育毛生活を頑張っていきましょう。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |