『レトロモダン』で足元からオシャレを極めよう | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

『レトロモダン』で足元からオシャレを極めよう

オシャレの基本は足元からという言葉があるように、センスがいい人は足元のおしゃれを欠かしません。そこで今回は、着物の世界で絶大な人気を誇る『レトロモダン』の足袋と草履を特集してみました。

そもそもレトロモダンとは

古風な懐かしさの中に近未来を思わせる洗練された意匠が感じられるさま、一昔前に現代的・近未来的とされた独特のデザインなどを意味する語。古さと新しさの両方を感じさせる風情が特徴といえる。
着物の柄は古典柄とモダン柄がありますが、モダン柄特にレトロモダンは根強い人気を博しています。その中でも、レトロモダンの和装小物は可愛い物好きの心を掴んで離さない魅力に溢れています。

足袋

足袋(たび)とは、和装の際に足に直接はく衣類の一種[1]。日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の下着である。木綿の布でできたものが一般的。小鉤(こはぜ)と呼ばれる特有の留め具で固定する[1]。日本の伝統的な履物である草履・下駄・雪駄などを履く際に用いるため、つま先が親指と他の指の部分の2つに分かれている[1](叉割れ)。

丈夫な生地で作られた足袋本体の底部にゴム底を貼り付け、直接屋外で履く事ができるようにした地下足袋(じかたび)と呼ばれる足袋もある。

レースの足袋を履くだけで、なぜか華奢で可憐な印象を足に感じてしまいます。
足元が可愛く決まると、1日中ウキウキした気分で楽しいですよね。

明るい色合いの鼻緒から、シックな色まで多様な色合いに器用に合わせる幅の広さが白のレースの足袋にはあります。

透け感のあるレース素材の足袋なので、夏場や少し汗ばむようなときに。
涼やかな印象を与える可愛い足袋です。

靴下のレースの足袋。夏の暑い時期は、綿素材で収縮性のある靴下タイプの足袋がおすすめです。
見た目も可愛いのですね。
足袋にレースを合わせた素朴な可愛さが際立ちます。

ハンドメイドの足袋、猫の姿や足跡の遊び心がポイントです。
柄と柄がぶつかると品が悪くなることも、着物の場合バランスさえとれば柄と柄でもマッチすることもあるので、色んな柄の着物に合わせてみても楽しいかも。

超絶可愛い!市松模様と淡い色合いのバラの足袋。シックな赤が、すべてのバランスを整い、完璧です。
レトロモダンの着物に合わせて、街を闊歩したい一点ですね。

草履

草履の種類が豊富で選ぶのに悩みますよね。
まず着物は何をお召しになるのか。どんなときに着るのか。それによっても変わります。
基本は高さのあるものはフォーマル用。低い方がカジュアルです。小紋や紬ならカジュアルですし、訪問着、付下げならフォーマルです。
ただ、私の知人は背が低いので、カジュアルでも有名店の高さのある台を履いてますが。
鼻緒や台も、カジュアルとフォーマルでは違いますね。
色は濃い方がカジュアルで個性的、薄い方がフォーマルで合わせやすくなりますが、これも一概に言えませんし。
昔は関西は小判型が主流だったはずですが、最近は違うのかな。お座敷に上がる機会が多いなら、先の細い方が綺麗に見えますが(脱いだときに)、好みの問題なのでそれ程拘らなくてもいいかもしれません。
足の幅が広い人は、小判型の方が楽だと思います。若い方に人気があるのは小判型。

レトロなモダン柄に対して『レトロモダン』とざっくりとジャンルわけされ、新しいけど古くてオシャレ。可愛い小物は見ているだけでも、楽しい気分にさせてくれますね。

ギンガムチェックの鼻緒は色合いが薄く草履の部分が黒なので、いろんな色の着物と合わせやすい。さらにこの草履は、雨の日にも履ける塗りの草履なので便利です。

素足に気持ちい木の下駄。
赤いペデュキアが赤い鼻緒と紺の渋い紺色の鼻緒のコントラストがいいですね。
夏に浴衣に合わせてスタイリングしたいです。

いかがでしたでしょうか?
今回、ご紹介したレトロモダンですが、大人ぽく、そして可愛く着こなせると思います。
足元も妥協せず、『レトロモダン』にお洒落して、全身可愛くキメてみてはいかがですか?
周りから注目を浴びること間違いなしです!!!
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |