ユーロの特徴って何? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ユーロの特徴って何?

ユーロとは

ユーロはヨーロッパでは25の国で使用されている。そのうち19か国が欧州連合加盟国である。
1999年1月1日に決済用仮想通貨として導入された。この時点では現金のユーロは存在しなかった。3年後の2002年1月1日に現金通貨としてのユーロが発足した。この時、導入国の従来の通貨に代わり、ユーロが法定通貨となった。ユーロ硬貨はユーロ圏18か国のほかに、合意によって認められている3か国がそれぞれ鋳造しており、裏面は各国で独自のデザインを採用している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD
円高ユーロ安|ビジネス|無料イラスト素材
http://sengyoutousika.com/wp-content/uploads/2014/06/%E5%86%86%E9%AB%98%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E5%AE%89%EF%BD%9C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%EF%BD%9C%E7%84%A1%E6%96%99%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E7%B4%A0%E6%9D%90.jpg

ユーロは、ヨーロッパの多くの国で使用される通貨の名称です。
ドイツや、フランスなど多くの経済大国も自国通貨として使用しています。
一方で、多くの国が使用する通貨だけに、ユーロがFX相場で動く要因は多く有り、それら全てを見極めるのはとても大変です。

ユーロ取引をするときの注意点

アメリカや日本、オーストラリアのように、1つの国の通貨ではなく、ドイツやフランスなど、様々な国で使われている通貨ですので、ユーロの価値決定の材料となる要人発言や経済収支などのデータもたくさんあります。
一応、ユーロを取りまとめる機関として欧州中央銀行(ECB)があり、定期的にユーロの政策金利や政策発表などがあります。
ユーロの取引をするときには、ECBによる発表がかなり重要となりますが、加えて、ユーロ圏で特に力を持っているドイツやフランスの要人発言、経済状況によっても、ユーロの為替レートは大きく変動します。
仮に、ドイツで景気が悪くなったり、フランスの要人が失言するといったことが起これば、他のユーロ圏の国が安定していてもユーロの価値が下がることもあり得るのです。

http://www.fx-easy.net/currency/eur.html

002
http://exchange-images.com/material/002.jpg

ユーロは欧州中央銀行の発表で相場が大きく変動しますが、その他ユーロを主に支えているドイツやフランスの要人の発言なども重要視されます。
多くの要因があるので、相場は大きく動くことがよくあります。

取引におけるユーロのメリットデメリット

【ユーロドルのメリット】
・流動性が高い
・適度なボラがある
・節目がわかりやすい
・トレンドもできやすい
・スプレッドが狭い
【ユーロドルのデメリット】
・利益にドル円のレートが関係する

ユーロドルでトレードする際のメリットデメリット

ユーロドルの通貨ペアを取引する最大のメリットは、世界で最も取引が行われているためにスプレッドがとても狭くなります。
その為、すぐに利益が出てしまうこともあります。
ボラリティーもとても高く、大きく動いて元に戻るというような相場も多く見かけることが出来ます。
トレンドがよく出来る事も多いのが魅力点です。

リスク管理が重要

欧州中央銀行(ECB)は2008年の初頭までインフレリスクで頭を悩ませていました。当時は米国の金融当局が政策金利を断続的に追加利下げするのを横目に政策金利の利上げするタイミングをうかがっていたわけですが、今ではギリシャ危機など問題が目白押しで身動き取れない状態にあります。
景気悪化局面では欧州の企業はこれまでの経験から決断を下すのが日本の企業以上にスピーディーです。回復を急ぐため、容赦ないリストラが行われますので失業率が必然敵に高まります。

http://kawaseeuro.seesaa.net/article/77571747.html

欧州中銀が先週、0.15%→0.05%への利下げを決定。
予想外の利下げに為替市場ではユーロが急落するなど混乱しました。
今後も、ユーロ圏の金利(金融政策)は為替を大きく動かす要因になります。
もしもユーロ圏が量的緩和を実施したら?
この先、ユーロ圏が景気後退、物価下落して、日米のような大規模な量的緩和が実現した場合、為替市場ではユーロが大幅に下落する可能性が高まります。しばらくは日本も量的緩和を続けますから、ユーロが量的緩和を実施した場合に、極端に円高・ユーロ安が進む可能性は低いでしょうが、日本の量的緩和の効果がある程度は剥落すると考えるならば、控えめに見ても1ユーロ=130円割れ、あるいは一時的に120円を割れるような事態も想定されるかもしれません。
よって今後も、ユーロ圏の物価指数、景気指数の悪化が続くかどうか、それに伴い、日米と同程度の大規模な量的緩和の声が高まるかどうか、しばらく注目です。

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52040244.html

ユーロを一番悩ませているのが、ギリシャ問題です。
その他にも、多くの国が参加するユーロは色々な国の問題というのがそのまま通貨に反映されます。
ユーロ取引で最も重要なのが、ユーロ各国の動向です。
その為に、大きな要因が起きる可能性が起きやすい通貨であることは理解しておかなければいけません。
リスク管理がきちんと出来れば、スキャルピングなどの短期売買に向いている通貨ではあります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |