債務整理をするとクレジットカードはどうなるの? | キュレーションメディア

債務整理をするとクレジットカードはどうなるの?

債務整理をしてしまうとクレジットカードが使えなくなると言います。また、債務整理後はどうなのでしょうか?

債務整理後にクレジットカードは使えるのか?

債務整理をするとクレジットカードが作れなくなることは広く知られています。
では、今現在所持しているクレジットカードは使えるのでしょうか?
また、自己破産、個人再生、任意整理での違いはあるのでしょうか?
調べてみました。
 (4744)

債務整理を依頼して直後に自分が持っているクレジットカードすべてが利用できなくなるわけではありません。

まず、弁護士や司法書士に債務整理を依頼した場合、債務整理の対象のクレジットカード会社には、受任通知というものが送られてきます。

基本的にクレジットカード会社はこの受任通知の到着のタイミングで債務整理を実行したことを知ることになります。債務整理をしたことがわかればすぐにクレジットカードは利用停止になり、その時点からクレジットカードの利用ができなくなります。

与信とは、顧客の信用情報を定期的に確認する業務のことです。
ここで、信用情報が確認され解約通知が送られてくることになります。

この業務はきちんと行う会社は数カ月に一度していたり、そうでない会社は更新まで行わなかったりと会社によって違うようです。

きちんと行わない会社のクレジットカードだった場合は、債務整理情報がバレずにずっと利用できるということもあるでしょう。

カード会社に信用情報を確認される時期が重要なのですね。
期限が長ければ、しばらく使えるということもあるかもしれません。

債務整理後にクレジットカードが作れるのは何年後?

債務整理をするとクレジットカードの審査に通らなくなります。
個人信用情報機関に事故情報が登録されるからです。
この登録情報はいずれ消えますが、債務整理の種類によって期間に違いはあるのでしょうか?
個人信用情報機関は大きくわけて以下の3つです。

・日本信用情報機構(JICC)
・CIC
・全国銀行個人信用情報センター(JBA)

これらの信用情報機関はクレジットカード会社関係・銀行関係など様々で、記録されている情報も情報機関によって異なります。
すなわち様々な個人信用情報機関がある中で自分が債務整理をした場合に
どの情報期間に記録されるのかを知ることも大切となります。

例えば、F社のクレジットカードを持つ人が、債務整理を行った際に個人信用情報機関に異動情報(事故情報)として登録されます。

登録期間(任意整理5年、自己破産5~10年)を過ぎて記録が抹消されたとしてもF社からは100%発行されることはありません。

まとめると、クレジットカードが作れるかどうかは会社によって違うということですね。
また、個人信用情報機関にの登録期間は任意整理5年、自己破産5~10年となります。
この期間は我慢するしかないようです。

すぐに欲しいならデビットカードがお勧め

どうしてもクレジットカードが欲しいならデビットカードがいいでしょう。
見た目は普通のクレジットカードとほとんど変わらないので、債務整理後に利用するときはとても便利です。
もちろん、不便なところはありますが、機能的には大差ありません。
 (4743)

債務整理をした方が「今すぐに」クレジットカードを持つ方法
1.デビットカードにする
厳密に言えばクレジットカードではありませんが、デビットカードならクレジットカードと同じようにVISAなどの加盟店で利用することが可能です。クレジットカードとの違いはリアルタイムで銀行口座から引き落とされるということです。
ブラックだと、「あなたのことが信用できないので貸せません」ということになります。
 一方、じゃあデビットカードとはどういうものなのでしょうか?デビットカードは、あなたの預金口座から、直接お金が引き落とされます。
 そのため、もし口座にお金がないとカードが使えないことになります。
 簡単に言えば、ATMであなたの口座からお金を引き出すのとほとんど同じなんですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |