FX口座を開設する時に抑えておきたいポイント | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FX口座を開設する時に抑えておきたいポイント

FX口座をどの金融機関で開設するか、会社の選択はとても重要です。
どこでも同じと考えてしまう初心者の方が多いようですが、そうではないのです。

2005年に金融先物取引法が大幅改正され、FXを取り扱う金融機関への規制はかなり厳しくなっていますが、サービスレベルは会社間で異なります。

自分の予算や取り引きスタイルにより、会社を選ぶポイントは変わるので、抑えておきたいポイントを考えます。

どの会社でも基本横並びの条件

0
https://africagoodnews.com/column/basic-knowledge/choice-of-fx-company/

レバレッジ  規制により一律で最大25倍に制限
取引手数料  ほとんどの業者が無料(依然として有料業者もある)
資産の保全  信託保全の規制有り

http://www.lfx.jp/business_supplier2.html

レバレッジは金融先物取引法で最大25倍に制限されていますから、どの会社も最大25倍の設定です。

取引手数料も無料の会社が増えました。
口座開設のときに、無料か有料かをチェックして、無料の会社で開設すると良いでしょう。
口座を開設した会社が倒産した時に、預けている資産を保護する信託保全も法律で規制されています。

取引ツール

1
http://kinnkuma.com/review/961.html

実際の取引では、特段の理由がない限り全てインターネット上で提供される情報と取引ツールを使用して取引を行います。

各FXサービスの提供する取引ツールは、インターネットにアクセスできればPCやスマートフォン、フューチャーフォン(ガラケー)から取引できるだけではなく、取引参加者の意見を取り入れて随時改良されています。そのためFXサービスやアクセスする端末ごとに独自色が強く、取引に大きな影響を与えることが考えられます。

https://africagoodnews.com/column/basic-knowledge/choice-of-fx-company/

取引ツールは使いやすいと感じるポイントが人により違うので、大手の会社は事前にお試しでシミュレートできるデモトレードを用意しています。

デモトレードで使い勝手をチェックすると良いでしょう。

一番大事なのは、機能性と操作性の二つ。

大雑把にまとめるとこうなりますね。
取引ツールの機能性が高いのなら、分析はもちろん取引においても戦術の幅が広がりますから。

また、操作性も欠かせませんね。
操作性が悪いと思った通りに取引が行えないこともあります。

特にデイトレードやスキャルピングなどの短期売買を行う時に操作性は大事ですね。
短期トレーダーの中には操作性のみに注力している人もいますし。

http://winner-fx.net/dealings-ranking/

短時間のトレードは操作性優先で選ぶのがポイントですね。
入力でまごついてしまうと、絶好のチャンスを逃してしまうのがFXの怖いところです。

スワップポイント

2つの通貨間の金利差を受け取れるスワップポイントだが、金利差をまるまる受け取れるわけではない。金利差からFX取引会社の手数料を差し引いた額が、スワップポイントとして受け取る金額となる。

スワップ金利を受け取るのにかかる手数料は、FX会社によって違うので、スワップポイント狙いのトレードスタイルを選ぶ場合は、良く調べる必要がある。

http://カトリーヌ姫.com/blog/1054/

情報ツールや経済ニュースなどのサービス配信

「ファンダメンタルズ分析」といわれる分析方法に必要な各種情報や指標は、
FX業者が提供する情報の他に、無料で取得できる環境がインターネット上にあります。

その膨大な情報を元に、取捨選択しながら為替の動向を分析するのは、投資家個人の仕事です。ですから、初心者の方にとっては情報量の多さよりも、アナリストやプロのトレーダーによるマーケット動向の分析や解説が、とても有意義となります。

http://www.lfx.jp/business_supplier2.html

勉強会やセミナーを無料開催していたり、インターネットオンデマンドで定期的に開催している会社に口座を開設すると勉強になります。

スマートフォンへの対応

モバイルでの取引に対応していれば、いつでもどこでもFXができます。「忙しくて自宅でゆっくり取引できない」などという人にとっては、モバイルに対応しているかどうかもFX会社を選ぶポイントになります。

http://fx-information.jp/hikaku/

カスタマーサポートの対応

初心者はもちろんのこと上級者の問合せまで満足できるサポート体制を持ったFX会社を選ぶこともポイントです。実際に問合せをしてみるのも一つの手です。

http://apri-ftl.org/choice/

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |