知られていない【ブルーベリーアレルギー】症状や対策は? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

知られていない【ブルーベリーアレルギー】症状や対策は?

アレルギーは、一度反応してしまったら大抵の場合一生付き合わなければいけない厄介なものですよね・・・。あまり知られていませんが、実は「ブルーベリー」にもアレルギーがあるのを知っていましたか?今回は、そんなブルーベリーアレルギーのお話です。

ブルーベリーを食べたことでアレルギー反応を起こしてしまう例は、殺虫剤のみが原因ではありません。

殺虫剤アレルギーの場合

口腔アレルギーは様々食品が原因で引き起こされるであるため、
食べられるものと食べられないものの見極めが大事となります。

口腔アレルギーの場合

ブルーベリーは比較的アレルギーの出にくい果物とされています。ところが、ブルーベリーを食べてアレルギー反応を引き起こしたケースとして、栽培の際に使われた殺虫剤が原因となっていたという報告があります。殺虫剤の中には抗生物質が含まれており、これがアレルギー反応を引き起こしたと考えられているのです。この場合はブルーベリーそのものが原因というわけではないのですが、殺虫剤の成分がそのまま残っていたために、危険な症状が出てしまったのです。
とはいえ、対策がないわけではありません。
そもそもブルーベリーが特別な原因ではありませんから、安心してくださいね。

アレルギー反応を起こさないための対策は?

殺虫剤アレルギーの場合は、食品に使われている農薬などをしっかりと調べておくべきでしょう。
また、有機農薬を使ったブルーベリーを作っている商品を選んだ方が良いです。

殺虫剤のみが原因でもない……

ブルーベリーが体に良いものであるのは言うまでもありません。
眼精疲労や抗酸化作用などなど、様々な健康増進効果が見込める食品です。

ですが、このブルーベリー自体に問題があるわけではないものの、
人によってはアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。

体にいいもののはずが……

アレルギーの症状はさまざまです。

結膜炎やくしゃみの他、別の回答者さんのように蕁麻疹、さらに肝障害、めまい、造血器障害、生殖器をはじめとする内分泌障害、神経障害などさまざまな症状が出ることがあります。

今後は、できるだけ殺虫剤は避けるようにしましょう。
就寝時は蚊帳を使うようにして、さらに網戸を完備させるなどや、水たまりを作らない、ハエ取りリボンの活用など工夫が必要になります。

日ごろ使う虫よけの製品にも注意しましょう。

原因、誘因となる食物の摂取を可能な限り避けることが基本です。特に、症状が頻繁に出る時期には、これに加えて、アレルギー反応が起きるのを抑える薬(抗アレルギー薬)をしばらく定期的に服用することが必要になります。症状が出現した時には、直ちに抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイド薬を服用して、症状が短時間で進行してゆくのを少しでも抑えるようにします。軽症であればこの対応で症状は1時間以内に治まりますが、なおらずに進行してゆく場合、あるいは当初から喉の狭窄感や喘息発作、ショックなどの激しい症状が出現した場合には、総合病院の救急外来を受診してステロイド薬の点滴治療を受ける必要があります。
ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要です。
口腔アレルギー症候群とは、花粉症を患っている人が果物や野菜を食べた後にアレルギーの症状を見せるものです。
花粉症の原因となる植物のアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つ食品を食べることで、体が「花粉が侵入してきた」と勘違いして反応を起こすのが原因とされていて、これを交差反応と呼んでいます。
交差反応によるアレルギー反応は、ブルーベリーが直接の原因ではありません。
これは特別ブルーベリーが悪いわけではなく、果物に基本的に当てはまるようです。

食物アレルギー症状が出ないようにするためには、正しい診断に基づいた必要最小限の食物除去を行います。しかし、食物除去の程度や方法、期間などは患者さんそれぞれで違います。成長への影響を考え、適切な栄養指導のもと、バランスのよい食事を心がけることが何よりも大切です。

OAS(口腔アレルギ-症候群) : 診療メモ

また、近年ではアレルギーを治療する医療も充実しつつあります。
そもそもアレルギーは免疫機能が失調することによって起こる症状です。
アレルギー反応を起こすのとはまた別の食品が原因になっている場合もあるので、食生活を見直しましょうね。

他にも、アレルギーが出ないようにするには?

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |