≪任意整理後≫生命保険に加入できる?保険料を滞納したらどうなる? | キュレーションメディア

≪任意整理後≫生命保険に加入できる?保険料を滞納したらどうなる?

任意整理等を行いますと、様々な制限が出てくる場合があり例えば、お金を借りるのが難しくなるなどが一つですが、そこで気になるのは生命保険で、加入不可ですとライフラインに悪影響が出てくる不安がありますが、実際にはどうなのかを見ていこうと思います。

任意整理とは?

金利や支払いを緩やかにして

金利や支払いを緩やかにして

日々の生活を楽にしていこうという物です。さらに負担をなくすために、保険の加入や、貯金を少しずつしていくことによって、こうしたピンチから脱却していきたいですね。
任意整理とは、裁判所を通さずに、借金を減額する手続き交渉のことをいいます。
「今月の支払いに間に合わない」といったギリギリの状況の方も、任意整理手続きを ご依頼いただけるとすぐに、督促や取り立てがストップします。
また、支払い計画が整うまで、支払いが猶予されます。
あなたの生活を立て直すためには、必須といえそうです。特に過払い金まで戻ってこればとてもラッキーな話です。
法書士・弁護士に任意整理の依頼をすることによって、すぐに督促が止まります。
重い金利負担となる将来利息はカットされます。
自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知られることはありません。
自己破産のような職業制限や資格制限がありません。
自己破産や個人再生では全ての貸金業者(消費者金融など)を対象に入れて手続きをしなければいけませんが、任意整理であれば保証人付きなど特定の貸金業者(消費者金融など)のみを除いての手続きが可能です。
この様にメリットが大きいのですが、デメリットがないわけではありません。

そもそも任意整理のデメリットとは?

保証人への影響

保証人付きの借金の場合、保証人もともに任意整理手続きを行うことになる。

※主債務者が和解に基いてきちんと支払いを行えば、保証人が支払い義務を負うことはない

債務減額効果は高くない

借金がチャラになる自己破産と比べれば、借金減額幅は小さい

信用情報(ブラックリスト)に登録される

任意整理は約5年間登録されるが、債務整理の中では最短期間。

デメリットはいくつかあるものの、基本的に気軽にできるものですからやり方を誤ればそれほど難しいものはありません。次の項では生命保険についてみていきたいと思います。そもそも生命保険はどういう特性化を知っておくことは重要です。
銀行カードローンのことで銀行と交渉することになった場合、銀行に口座があると預金口座が凍結され、預金と債務を相殺させられることがあります。

他にも、自動車ローンのことで信販会社と交渉をすることになった場合にも注意が必要です。信販会社などのマイカーローンは、所有者がローン会社になっていることがあります。整理対象にすると抵当権を付けているので、車が没収されてしまう可能性があります。

大切なマイカーがなくなってしまうなんて実に嫌なものです。もし学資保険や、生命保険に何かあって、契約がストップしたら大変なことです。実際にはどうなのでしょうか。

生命保険を滞納したらどうなるか?

生命保険は保険料を年払いで一年分まとめて支払う方法と毎月支払う分割タイプがあります。
分割で保険料を支払っているからといってローンやクレジットを組んでいるわけではありません。

保険の加入や更新時に経済状態の審査はありません。
もちろん保険料の支払を滞納したり、延滞したりすると補償を受けられなくなります。

そもそもマイカーローンなどと違って、借金ではなく掛け金だという事が重要な点です。万が一滞納しても、ブラックリストに載ることはありません。勿論、保険としての効力は失うのは他の場合と一緒です。
基本的に生命保険の場合、加入するにあたって健康告知などの問題さえクリアしてしまえば、個人信用情報が照会されるといったことはありません。
何故ならお金を貸し借りする内容ではないからですね。
基本的に信用情報を参照することはあり得ません。ですから、健康状態とお金さえ支払っていれば問題ないという事ですね。
保険料は

保険料は

しっかりと払っていきましょう。あとから保険が降りなくなって、泣くのはあなたですよ。
信用情報はローンを組むときに審査(保証)会社がみる属性情報です。

保険の支払いは借金返済とは違いますので保険会社が信用情報をみることはないですよ。

生保業界で共通の情報照会をするデータベースもありますが、これは
加入・脱退をくり返している人や詐欺目的で保険契約したことが判明した人、告知義務違反で契約解除になった人等
契約履行に問題がある人が登録されます。

ブラックリストとは、主に金融会社やローン会社のみが見る情報という事で、保険会社は保険会社のリストがあるのです。当然まっとうな契約ならば普通は通ります。

積み立て型保険はどうなるか?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (14603)

簡単に言うと、生命保険にはなにも影響がありません。というのも任意整理は、自己破産や個人再生を行う時よりも失う物が殆どなく、所有財産や資格の制限もないのです。そのため、任意整理をしたからと言って、生命保険の解約に追い込まれる事は一切ないので、安心して良いでしょう。
また任意整理後に、新たな生命保険に自由に加入する事も認められており、積立型の生命保険に既に加入済みでも、そのまま継続できます。
生命保険は借金ではありませんし、そもそも任意整理そのものに制限が少ないので、特に問題がないという事なんです。
例えば、800万円のカードローンの返済に窮し債務整理を考えている人が100万円相当のマイカーを持っていた場合、常識的にはマイカーを処分して債務に充当するべきです。

或いは、同様に800万円のカードローンの返済に窮し債務整理を考えている人が積立型の生命保険に加入していた場合、また、その積立型の生命保険の解約返戻金が100万円だとすれば、常識的には積立型の生命保険を解約して債務に充当するべきです。
しかしながら、それらを強制することはできません。何かの個人的な事情で生命保険を解約できない人もいるからです。例えば、難病を抱えていて積立型の生命保険に入院給付金が付いているなどの理由です。

従って、債務整理に於いても例えば任意整理に於いて生命保険の解約を求められることはありません。

任意整理は全部の債務ではなく債務を選んで債務整理することもできるからです。そもそも、任意整理の交渉相手に債務者が生命保険に加入していることが解る筈もありませんが。

そもそも相手に知られていないならば、文句は言われません。勿論切り崩せるならば、弁護士の人と相談してすることができますので、相談してみましょう。

終わりに

基本的に任意整理後は、ある程度の制限が生じます。ですからローンなどで支払いが滞ればあなたにとって不利になる場合がありますが、生命保険は基本的に加入できるので安心してください。勿論支払いが滞れば、効力は止められるので、その辺りは注意して生活しましょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |