高知大学医学部附属病院の看護師転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

高知大学医学部附属病院の看護師転職求人のご案内

高知大学医学部附属病院は高知県の南国市にある病院です。国立大学法人である高知大学が管理している大学病院です。また、高知県にある唯一の大学病院です。

基本概要

病院:外観

病院:外観

高知大学医学部附属病院は、地域の中核病院としての役割を担っています。当病院はがん診療連携拠点病院、高知DMAT指定病院、臨床研修指定病院、エイズ治療拠点病院、高知県災害拠点病院などに指定されています。

ベッドの数は605床(一般病床:570床、精神病床:35床)あります。

院長あいさつ

院長:横山 彰仁

院長:横山 彰仁

昨春から杉浦哲朗先生の後を受け、病院長に就任いたしました。血液・呼吸器内科の所属で、呼吸器疾患を専門領域としております。これまでの大学病院のあゆみを踏まえ、さらなる発展を求めて努力する所存です。高知県の「日本一の健康長寿県構想」に寄与すべく、「高知家」の「おらんくの」病院として引き続き医療向上に努めてまいります。

高知大学医学部附属病院はその創設以来、地域に密着しつつもあらゆる面で高度な医療を提供する県内唯一の医育機関附属病院としての役割を果たしてきました。2011年には開院30周年を経過し、次の30年(ヒトでいえば還暦)に向かって決意新たに邁進しているところです。現在進行中の病院再開発は本院にとって最も重要な事業であります。今春には第二病棟の運用もはじまり、さらに今後、旧病棟の改修なども控えており、期間中はご不便をおかけするかもしれませんが、完成すれば皆さまの療養環境が充実、利便性が高まり、さらに確率が高いとされる南海大地震をはじめとする大規模災害に対する備えも充実し、ますます頼りがいのある病院になるものと期待しているところです。

さて、今後も継続的な最高水準の医療を提供していくためには、未来の医療を先取りしていく努力も重要と考えます。これまで以上に高度・先端医療の開発も拡充したいと考えています。ただし、このような研究開発では、昨今多方面で問題となっているような倫理的側面に対する細心の注意が必要です。本院では、昨年度から我が国で最も充実した医療者の倫理教育を実施すると同時に、問題の発生を未然に防ぐシステムの構築に力を注いでいます。また、本院のさらなる診療分野の在り方、本院が貢献できる救急の分野、さらに国の方策としての医療の役割分担など、自治体と相談しつつ積極的に取り組んでまいります。県内の医療環境の充実のためには医療者の地域偏在の問題も避けて通ることはできません。医学部や県と共同して、ハブとなる病院としてこの問題にも貢献していきたいと思います。

地域住民・県民の皆さまに愛され、皆さまを引きつけ、また自慢できる魅力ある病院として、わずかでも前進できることを実施するために、病院長として最大限の努力を傾けてまいります。引き続き皆さまからの本院に対する叱咤激励、ご助言をお待ちしております。

病院の理念

患者さんの尊厳と地域特性を重視した医療環境の実現
深い人間愛と厳しい倫理観を備えた医療人の養成
高度先進医療開発へのモチベーションを高める医育研修環境の充実
経営効率をも考えた医療の推進

看護部

 (13644)

 (13655)

看護部では、基本的に看護配置を7:1にしています。精神病棟の場合、看護配置を13:1、看護補助を50:1としています。受持制で看護師と患者の信頼関係を築いていきます。業務はチームナーシングで行います。

看護部長あいさつ

看護部長:楠瀬 伴子

看護部長:楠瀬 伴子

一人ひとりのめざすキャリアの実現に向かって

附属病院は、昨年開院30周年を迎え、現在は病院再開発が進行中であり、平成27年4月には新病棟での運用が始まります。また、院内保育所「こはすキッズ」が平成24年2月28日に新築移転し、定員も45名と増加し、遊具や園庭の整備など、子供達の生活環境も大幅に改善されました。
看護部は、県内唯一の大学病院として、地域の皆様の期待に応えられる看護を提供するために、一人ひとりが自分のめざすキャリアをしっかりとイメージすること、そして、専門的知識・技術を身につけエビデンスに基づいた実践ができ、人間性豊かで優しい心をもった看護職者となるよう育成に力を入れています。
県内で一番早く新人看護職員受入れ研修を開始していることや、県からの委託を受けて訪問看護コンサルテーション事業を実施するなど、地域貢献にも多くの実績があります。
これからの医療制度改革や附属病院の変化に対応していくためにも、看護職員の確保と人材育成を強化し、WLBにも配慮した働きやすい職場環境の改善に向かって進んでいます。

看護部の理念/目標

・看護部の理念
 (13648)

 (13649)

看護部の年間の目標
1.エビデンスに基づいた看護実践を定着させる
2.職員のキャリア発達を支援し大学病院に必要な人材育成を推進する
3.チーム医療の推進と連携を強化する
4.WLBを念頭に置き、働きやすい職場環境を整える
5.経営状況を把握し、経営効率を考えた業務を推進する

教育制度について

 (13654)

・現任教育
当院看護部の現任教育では組織の理念・目標を基盤に、キャリア開発が図れる教育活動を目指しています。キャリア開発とは、仕事を通して個人の成長と自己実現をめざすとともに、看護専門職として個々が組織の支援を受けながら、看護実践能力の向上を図ることです。
“キャリア開発ラダー”という臨床実践能力の評価ツールを用いて、看護実践を通して得る知識・技術・態度を段階的にレベルアップさせる「個人のキャリア開発」をめざしています。
看護部の教育では、現任教育以外にも、キャリア開発プログラムを構築しており、看護師の個々の能力を評価して、看護師としての知識やスキルの向上に向けた研修を用意しています。

また、外部からの受け入れ研修も行っています。

他にも、看護技術教育支援ツールを取り入れており、ナーシングスキルというオンラインで、看護技術を学ぶことができます。
オンラインのため、最新情報がウェブ上にあり、動画で看護手順などを確認することができ、最後には、テストで理解度チェックも行っているので、自分がどれくらい理解できているのか確認することができます。

先輩看護師の声

平成24年度入職:横田夕貴 さん

平成24年度入職:横田夕貴 さん

就職して早くも1年が過ぎました。振り返ってみるとあっという間の1年間だったと思います。内科に就職希望で、内科に配属が決まった時はやった!!と思いましたが、配属部署に1年目は私だけで「どうしよう…上手くやっていけるかな…」と不安いっぱいでした。しかし実際病棟に行ってみると優しい先輩達ばかりで、大変恵まれた環境で業務を行うことが出来ています。
 1年目の全体の研修は月に何回か設けられていて、病棟で見る機会がない物も体験することができ(呼吸ケアの研修など)、また病棟に同期がいない私にとっては他の部署の人と会うことが出来て、より楽しんで研修に取り組むことが出来ました。
 部署によって部署内での教育は違うと思うのですが、私の部署では月ごとに到達目標が決められていてそれに沿って進んでいきます。夏頃までは毎日フォローの先輩が誰かついていて下さって、その日ごとに自分の行ったこと・良かったこと・反省点を記録し、フォローの先輩からコメントを頂いてその都度課題を見いだすことが出来ました。
 2年目を迎え、まだまだ課題も山積みですが着実にステップアップ出来るよう頑張っていきたいと思っています。
平成20年度入職:上月 良太 さん

平成20年度入職:上月 良太 さん

3階東病棟看護師の上月良太です。早いもので就職して今年で6年目となります。 主に手術を行う患者さんを扱う病棟なため、非常に患者さんの変化が激しく、また非常に忙しい病棟です。ただ、そんな忙しい中でも患者さんが手術を行い元気に退院していく姿を見ると、頑張ってよかったな、次も頑張ろう、という気持ちになれます。
誰かに感謝される為に看護をしている訳ではありませんが、退院時に、ありがとう、って言われるとやはり嬉しいしやっててよかったと思えます。そんな現場でこれからもより質の高い看護を行えたらと思います。
平成23年度入職:内田江美 さん

平成23年度入職:内田江美 さん

6階西病棟老年病科で勤務しています。循環器・神経疾患を抱える患者さんが主な対象であり、比較的他科よりも経過が緩やかですが、心臓カテーテル検査や慢性疾患の急性増悪などにより、急性期病棟へと様変わりすることも多々あります。
慌ただしい病棟だからこそ、たとえ短時間であっても一つ一つの日々の看護場面を大切にし、患者さんと深く関わっていくことを心がけています。また退院後の生活を見通して生活・服薬指導等をするため、自分達の関わりによって徐々に患者さんのセルフケアが高まっていく時にやりがいを感じます。

看護師求人のご案内

・職種
○助産師又は看護師
【専門看護師・認定看護師の方、歓迎します】

特に ・がん看護専門看護師
   ・緩和ケア認定看護師
   ・がん性疼痛看護認定看護師

【手術室勤務希望の方、歓迎します】

・採用予定人数有期雇用職員(常勤職員):若干名

・応募資格助産師免許または看護師免許を所有している者

・応募期限随時

・採用時期随時(平成28年4月以降できるだけ早い時期)

・備考

福利厚生には、看護職員のための、看護師宿舎があります。冷暖房完備付きで、宿泊費は無料です。また、子持ちの看護師のために「こはすキッズ」という院内保育所を完備しています。子持ちの看護師の方でも、仕事と育児を両立しやすいように環境を整えています。加えて、出産・育児等の際に給付制度も行っています。

アクセス

・所在地〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮 

・電話番号(代表)088-866-5811 /(時間外)088-866-5815

・駐車台数401台完備(うち身障者用22台)

 (13666)

JRで来院される場合
1.「後免駅」下車、タクシー利用
2.「高知駅」下車、バス又はタクシー利用
JRで来院される場合は、JR高知駅、JR後免駅が最寄り駅になりますが、どちらも駅からはタクシーかバスの利用になります。

JR高知駅からは、とさでん交通のバスが出ています。バスでの所要時間は約30分ほどかかります。
料金は片道570円です。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |