募集の少ない【小児科への転職】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

募集の少ない【小児科への転職】

子供はしょっちゅう風邪をひいて熱を出すイメージですね。小児科はそんな子供たちを助けてくれる場所ですが、意外に募集が少ないことでも知られています。小児科へ転職するときのために、知っておきましょう。

小児科の募集は少ない!なぜ?

子供はよく風邪をひいて病院に連れて行かなければならないイメージがありますが、小児科の数は少子化とともに少なくなっているようです。
しかも小児科は激務とされているために小児科医の数も少なくなっています。

そのために看護師の募集も少なくなるのは当然の流れでしょう。

看護師パート・派遣 掛け持ちは可能? | 看護師派遣会社ランキング (7387)

小児科の看護師・准看護師の求人は募集が少なく求人を探すのは大変です。

入院施設のない小児科医院や小児科クリニック・診療所も少子化の影響や、小児科医を希望する医師が少なくなっているため減少傾向にあります。

入院施設のある小児科やこども医療センターなどは希望者が多いのですが、他の科と比べて離職率が低く、競争率が高い転職先のひとつとなっています。

小児科の看護師求人は、決して少なくはありませんが、多いわけでもありません。看護師の中でも小児医療が好きな人と嫌いな人にはっきり分かれる傾向があるので、好きな人は定着率が良く、長く働いているケースが多いのもその理由です。
「激戦区」である小児科病棟での勤務を目指す人にとっては、小児科の求人情報を得るだけでも大変です。
多くの人は一般的な求人サイトを利用し、小児病棟や小児科医院の求人を探すことから始める人が多いと思います。しかし実際に普通に探してみると求人数は少ないものです。

なぜなら、小児病棟があるような大規模な病院で急な人員不足が生じた場合は、外部の派遣会社や人材紹介会社へ求人を出さずに、他の診療科目の病棟に勤務している看護師を異動させて補充することが多いからです。

看護師不足が叫ばれる昨今ですが、人気の小児科は競争率が高いという特徴があります。特に地方部では少子化などの影響もあり、小児科医院や病院が減少傾向にあります。

小児科に転職・・・スキルを磨ける!

小児科に転職する最大のメリットは「様々な診療科を経験できる」といったところでしょうか。
風邪などの内科から、怪我などに対応する外科までも診療する小児科では、看護師のスキルを磨くことができるでしょう。
高収入の看護師バイト※ツアーナースやリゾバの疑問今スグ解決! (7388)

小児科の場合は「小児」というカテゴリで子供のあらゆる症状に対応する必要があるため、様々な科目について学ぶことができるという点は魅力的です。

また、実際に小児科で働いている看護師の方々からは、「仕事自体はとてもハードで親との関わり合い大変だが、子供が元気になり笑顔になるのを見ると、とても元気が出てやりがいを感じる」という声をよく聞きます。

小児科は採血や注射、点滴が成人と比べると難しくなっています。単純に血管が細いことが理由ですね。

更に親が近くにいるケースが多いため、プレッシャーを感じながら行うことになります。これも小児科特有の特徴と言えるでしょう。

小児専門病院や大きな総合病院だと小児科と小児外科に分かれているところもありますが、一般的には小児科と一括りにされていていますので、小児科では内科の疾患も外科の疾患も扱っています。

小児科は内科外科問わず、子供の疾患のほとんどを扱うことになりますので、小児科で働けば、幅広い知識を学ぶことができるんです。

小児科で得た疾患の知識は、成人の疾患にもつながる部分が大きいですので、小児科から違う診療科へ転職・異動した場合でも役立つものばかりです。

内科や外科などのように診療科目別ではなく新生児から15歳までと年齢で患者を区別しているため、様々な症例を担当したり幅広い知識を身に付けることができたりとスキルアップにも繋がります。

小児科に転職・・・デメリットもある

小児科に転職しようとしている人は、小児科のデメリットについてもあらかじめ知っておく必要があります。どのようなデメリットがあるのでしょうか?
看護師の辛い夜勤やいじめの対処法教えます~退職を考える前に~ | どうすればいじめが無くなるのか?働きやすい病院の特徴とは?お悩み解決します (7389)

患児は急変しやすく激務になる
こどもが苦手
患児だけでなく親とのかかわりが難しい
悪性疾患など、患児が死と向き合う現場は精神的にきつい
医療事故などで訴えられる可能性が他より高い
他の科への転職が難しい
小児科が敬遠される理由は、そのまま初めて小児科に転職する場合に気を付けるべき点とも言えます。
小児科の一番の難しさは、何と言っても患者である子供だけではなく、その親とも深く関わる必要があるということでしょう。親にしてみれば、自分の大切な子供を預けるわけですから、看護師に対して厳しい目を向けるのは当然のことです。厳しい要望やクレームを受けることもあるようです。
採血という業務だけでも、子供は大人に比べて血管が細いので高度な技術が必要となります。さらに子供は精神面でも未発達なので、怒ったり泣いたりという感情の起伏が激しいものです。その子供たちとのコミュニケーションも大変ですが、それ以上に子供の親とのコミュニケーションも必要になります。患者だけでなく患者の親も含めての対応が求められる小児科は、全ての看護業務の中でも難しい業務となるでしょう。
小児科を受診する子供は、当然病気や怪我を抱えています。そして、病気や怪我に苦しんだり、つらい治療をしなければいけません。また、全員が元気になるわけではなく、残念ながら亡くなってしまう子供もいます。

子供が好きで小児科に来たのに、子供が苦しんでいる姿ばかりを目にすることで、最初に思い描いてたイメージとは違い、ストレスを感じる看護師さんも少なくありません。

小児科は募集も少ないが、スキルアップにつながる診療科

小児科看護師転職|看護師求人を探す前に確認したい4つの事 (7390)

小児科医を目指す研修医も少なく、少子化で小児科も減っているため小児科への看護師の転職は難しいものがあります。

しかし、小児科は内科や外科など診療科にとらわれずに多くの経験が積めることで知られています。豊富な経験をしたいと考える看護師さんは転職先として小児科がお勧めできます。
また子供の細い血管での採血などは、採血技術も鍛えることができます。

親とのコミュニケーション能力や、暴れる子供への対応などといった大変さもありますが、小児科は看護師としてのスキルを磨くことができるチャンスの場として考えることができますね。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |