新興国の通貨の特徴を知ってFXに活かそう | キュレーションメディア

新興国の通貨の特徴を知ってFXに活かそう

中国人民元は下降気味?


http://freesozai.jp/sozai/nation_flag/img/ntf_127/1.png

これまで驚異的な経済成長を続けてきた中国。中国人民元も先高観から買われやすい傾向が続き、外貨預金をはじめ、中国人民元を扱う金融商品が数多く登場しましたね。ところが、ここ最近はちょっと経済成長に陰りが見えている様子。

 中国国内のシャドーバンキング問題、外的要因としては米QE縮小の影響など、中国経済を取り巻く環境は楽観視できそうにありません。

 そんな中で、今回行われた対米ドルでの変動幅の変更。狙いは、中国が輸出面の競争力を高めるために、中国人民元安の余地を広げることにあるようです。

 実際に、変動幅変更以降特に、米ドル/中国人民元は、米ドル高・中国人民元安傾向にあります。

http://zai.diamond.jp/articles/-/159420

中国人民元は一時の勢いがなくなってしまったようです。
中国の場合は政治的な政策が不安定なので、初心者は手を出さないほうが良いと思います。
国民性も投資に熱くなりやすいですし、正直まったく予測が付きません。

スワップポイントが高いけど不安定なロシア


http://freesozai.jp/sozai/nation_flag/img/ntf_343/1.png

ロシアルーブルを支えているのは、ロシアが抱えている膨大な原油と言えるでしょう。そのため、ロシアルーブルの為替変動は原油価格にも影響を受ける傾向にあります。

ロシアルーブルの特徴としては、スワップポイントがかなり高い事があります。平均すると10%ぐらいのスワップポイントがあるのでスワップポイントを保持して利益をあげる事も可能ですが、ある日突然為替レートが激しく上下変動する事も良くあるので、たまっていた利益がある日突然、損失に転落してしまう事もあるようです。

http://www.uganda-elections.com/rouble.html

ロシアは政治的に他国と衝突して制裁を受けることがあるんで、経済的にも不安定です。
ルーブルはスワップポイントが高いようなので魅力的ですが、プロでも敬遠する傾向があるというのは怖いですね。
また、ロシアルーブルを扱うFX会社は少ないかもしれません。

高金利で人気のトルコリラ


http://freesozai.jp/sozai/nation_flag/img/ntf_130/1.png

現在、トルコリラは高金利通貨として認知されています。

トルコはハイパーインフレを経験した過去があります。実質的なデノミネーションの実施で通貨単位を切り下げたとはいえ、先進国に比べればまだまだインフレ率は高水準を推移しており、政策金利を高く設定し、過度の物価上昇を抑制する政策がとられています。

過去3年におけるトルコの政策金利の推移をみると、14年1月に主要政策金利である一週間物レポレートを4.5%から10%へ大幅に引き上げられたことが目を引きます。これは14年はじめ、米国の金融緩和縮小観測の広がりから米国の金利先高観が強まり、米国へ資金が回帰しトルコリラが大幅に下落したことから、それに伴う物価上昇や経済に与える影響を抑えるためでした。

その後、徐々に利下げが行われ2015年6月12日現在の政策金利は、7.50%となっています。

FXでトルコリラを取引する投資家の間では、トルコリラ買いポジションの構築によるスワップポイントの受取を狙った長期的な運用を志向する投資家層も少なくないようです。

http://www.kanetsufx.co.jp/mado/currency/try/

トルコリラは高金利で日本のトレーダーにも人気があります。
スワップポイントを狙うならいいでしょう。
ただ、戦争など政治情勢が混沌としているので、万が一に備えたリスク管理が必要だと思います。

鉱物資源大国の南アフリカランド


http://freesozai.jp/sozai/nation_flag/img/ntf_245/1.png

高い金価格と相関性
金産出が世界一の国であることから南アフリカランドは資源通貨の一面を持ち、金価格との相関性が高いのが特徴です。金価格が上昇すればランドも上昇し、金価格が下がればランドも下がる傾向にあります。

南アフリカランドの取引について
他通貨と比べて流動性が低く価格が突拍子もなく大きく動くことがあるため、南アフリカランドを積極的に取引していくというよりも、余裕資金で取引したり、分散投資の一環として他通貨を保有しながら南アフリカランドを取引するのが賢明でしょう。

http://www.mo-ney.net/about/currency/zar.html

南アフリカは鉱物資源が豊富な国です。
金利も非常に高いのでと日本のトレーダーにも人気があります。
世界一の金産出量を誇るので、金相場のチェックは必須です。
将来的には失業率などを考えると難しいところですが、多くの国が介入しているので伸びる可能性もあります。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |