FX取引の税金を節税するコツとは。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

FX取引の税金を節税するコツとは。

必要経費を申告する

ryousyuusyo
http://www.sashienomori.com/japanese/office1.html

FXに関わる必要経費を計上することで税金を抑えることができます。小額でもきちんと領収書を貰い、しっかりと記録して管理し、確定申告時に書類を提出することで利益から費用経費分を引くことが可能です。以下が主な経費として認められるものです。
・売買手数料、振込手数料
・通信費(インターネットプロバイダ料金、電話料金、郵送代など)
・FX関連書籍・雑誌などの購入費
・FX関連セミナー参加費用やそのための交通費
・ FX取引のために必要な会議の費用(飲食代など)
・ FX取引のためのソフト、情報商材など

これで簡単理解!!FX取引の節税方法を学ぶ

FX取引に掛かる税金も、必要経費が認められます。経費として認められる分に税金は掛かりませんので、FX取引に関係する物にお金を支払った場合は領収証をきちんと保管して起きましょう。
経費に認められるか分からない時には、税務署の相談ダイヤルなどに聞けば教えてもらえるはずです。

多額の利益が出ているなら、税理士に任せるのが一番。

index
http://illpop.com/png_season/feb03_a13.htm

毎月、百万円単位で利益が出ているのであれば、税理士に依頼するというのも非常に良い手です。税理士は税に関する専門家なので、その意見は貴重です。また、税理士を雇うという事自体が必要経費となるので、節税となります。
税金に関連する事を全て任せても、年間20万円程度で税理士を雇えますので「自分の利益」と相談してメリットがあれば、法人化も含めて税理士の依頼を検討した方が良いでしょう。
節税が面倒くさいからと税金を払わずにいると、いつか必ず税務署にバレてとんでもない金額の追徴課税を納める羽目になります。
現在ではFXの脱税は「バレる」と言われていますので、脱税などはせず地道な節税を続けたほうが結局は得になります。

http://fx-works.jp/tax_saving/

税理士に任せれば、しっかり節税を行う事が出来ます。多額の利益が出ているなら、税理士に任せた方が無難です。
利益が大きければ節税の効果も大きくなるので、自分で効率の悪い節税をするよりも、20万円ほどで税理士に最大限の節税をして貰った方が利益を多く残す事が出来るでしょう。良いアドバイスが貰えるのもメリットです。

個人事業主として開業し、白色・青色申告を利用する。

0c5ebbc8
http://www.haruhino.com/archives/51920316.html

年間80~100万以上もっといくよっ怒 という人→私
 個人事業主として開業する(参考:AllAbout開業準備)
 サラリーマンOLは基礎控除は引けませんが、青色申告すると65万円の
 控除となります=簡易簿記で控除10万円。複式は大変なので簡易で。
 複式簿記での青色申告すれば会社員でも65万+経費が利益から引けるので
 なんと年間80万位の利益なら所得ゼロ!!無税になります

http://www.30dai40dai.com/fxnozeikin.htm

個人事業主として開業届けを出し、青色申告を行う事で65万が基礎控除されます。節税を考えた場合、これは大きなアドバンテージです。
65万を超えた所得から税金が掛かるようになるので、青色申告を行う事による節税効果は積極的に活用しましょう。
複式簿記が必要になりますが、会計ソフトを使えばそう難しくは有りません。

会社を作り、会社名義の口座で取引をする。

bne12-3
http://blog.livedoor.jp/konix2/archives/2008-03.html

2012年1月からの店頭FX税制変更はありましたが、まだまだ法人化の節税メリットもあります。
会社の赤字(損失)を7年間繰り越すことができます
経費にできる範囲が大きくなります
会社なら、すべての投資の損益通算ができます
会社から自分に給与を出して、給与所得控除(給与から経費をひけるようなもの)できます
所得税上優遇されている退職金を自分に支払えます
保険等を使って節税できます
2012年税制改正後のスタンスとしては、用意できる経費分程度は法人で利益を計上し、それ以外を個人で利益を計上するとよいでしょう。FX以外のビジネスもその法人で行っている場合、経費計上範囲が大きくなるのでより法人口座開設メリットが大きくなります。

http://www.prokeiri.com/fxtax/

株式会社か合同会社を設立すれば、法人と同じ節税を受ける事が出来ます。
会社の設立や維持にコストが掛かりますが、多くの利益を年間で得ているなら、法人を設立して法人名義の口座で取引をするのが一番です。
一般の会社と同じような節税効果を得る事が出来るので、大きな利益が有る場合はもっとも効果の有る節税方法と言えます。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |