グルコサミンが豊富な身近な食材【普段から摂る方法は?】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

グルコサミンが豊富な身近な食材【普段から摂る方法は?】

グルコサミンのサプリメントが人気ですが、普通の食べ物から摂取もできるはずです。グルコサミンを摂るために何を食べたら良いのでしょう。グルコサミンが豊富に含まれている身近な食材、手軽に食べられそうなものを調べてみました。

1日に必要なグルコサミンの摂取量は、1,500mgと言われています。これはグルコサミンのサプリメントを選ぶうえで覚えておきたい数値です。

というのも、1,500mgを下回ると、効果が出るのに時間がかかってしまうそうなんです。グルコサミンはもともと体内で作られる成分で、歳を取るごとにどんどん減少していきます。

中高年になると関節が動きづらくなったり、痛んだりと、いろいろな症状が出てきますよね。その場合は、少し多めに補給しても大丈夫。多過ぎる分には体の外に排出されるようになっているので、問題はないそうです。

それよりかは、せっかくサプリメントで補給するのだから、必要摂取量を満たした商品を選んでしっかり効果を感じたいですよね。

グルコサミンを摂取する場合、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。

ビタミンCはグルコサミンの吸収を助けて、関節軟骨の主成分であるプロテオグリカン、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。そのためグルコサミンを摂取するならば一緒にビタミンCを摂取した方が良いんですよ。ビタミンCは主に野菜類、果物類に含まれていますので、グルコサミンの多い食品に添えてみてください。

また、関節痛緩和のためにはグルコサミン以外にも丈夫な骨を形成するのに重要なカルシウムを摂取するようにしましょう。カルシウム不足は肩こりや腰痛の原因にもなりますので、乳製品、小魚、大豆食品なども意識して食べましょうね。中でも牛乳を始めとする乳製品がカルシウムの吸収率が高いので、乳製品がオススメです。

エビやカニの甲殻類。山芋などにも含まれています。

意外とたくさんの食べ物の含まれていますね。

甲殻類アレルギーの方は、植物性のグルコサミンがおすすめです。

トウモロコシなど手軽に食べられます。

グルコサミンの食材と相性の良い食材は?

ビタミンC・カルシウムを含む食材もメニューに並べましょう。

1日にどのくらいグルコサミンを摂取するのが良いのか。

だいたいの目安にしてください。

グルコサミンってなに? | ケルセチンプラス配合の「グルコサミン&コンドロイチン」はサントリーウエルネスオンライン

トウモロコシ - イラスト素材 | 商用利用可のベクターイラスト素材集「ピクト缶」

身体にとって大切な “ビタミンC” | 北九州市小倉南区富士見 かわまた整骨院

関節痛の予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミンを比較的多く含む食品の摂取を心がけましょう。グルコサミンを多く含む食品としては、動物性だとエビやカニなどの甲殻類が挙げられます。特にキチン質と呼ばれるいわゆる殻の部分に多いとされていますが、これらがサプリメントの原料としてもっともメジャーなものです。そのほか一般の食品では、うなぎ、フカヒレ、干しえび、鶏の手羽先や牛・豚・鶏の軟骨、鶏の皮、山芋やおくらといったねばねばのある食品にも含まれています。なかでも特におすすめの食材は山芋です。山芋は、グルコサミンやコンドロイチンを含むムコ多糖類という栄養が豊富に含まれている食品です。毎日食卓に上る野菜ではありませんが、定期的に食べるように心がけるのもひとつの方法です。
計量スプーンのイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

エビやカニはもちろん、山芋や鳥の手羽先、軟骨など、スーパーで購入できる食材ばかりです。
グルコサミンを普段の食事から摂取しようと思えば、意外と普通にできそうです。

料理好きの方なら楽しんで料理ができるかもしれません。
料理のしがいがある食材が多いので、グルコサミンを摂るために料理を楽しむのは、心身ともによい影響がありそうです。

エビやカニのアレルギーの方は多いです。
エビやカニはグルコサミンを含む食材で代表的なものですが、ほかにも植物性の食材でグルコサミンを含むものがあるので、そちらを食べましょう。

トウモロコシなどは豊富に含まれているようです。
おやつがわりに食べることもできますし、簡単に調理できます。
アレルギー体質の方は植物性のものを摂ってみてください。

グルコサミンを単体でとるよりも、ビタミンやカルシウムの食材と一緒に摂れば、効率よく吸収されるようです。

食事はバランスが大切なので、グルコサミンの食材を使うときには、ビタミンやカルシウムなどの食材も一緒に使ってください。

グルコサミンは膝関節のために摂ることが多いので、膝関節に良い食材を一緒にとるのも良いでしょう。

じつはトウモロコシからもつくられている
グルコサミン

甲殻類アレルギーがある場合はエビやカニの殻などを原料としたグルコサミンのサプリメントは摂取できませんので、そのような場合には植物性のグルコサミン含有食品を食べましょう。山芋やおくら、納豆由来などがあげられますが、サプリメントになっているのはトウモロコシ由来のグルコサミンが多いようです。トウモロコシ由来のブドウ糖を原料として微生物発酵させてできるキチンを原料にしていますので、アレルギーのある人でも安心して摂取することが出来ます。

ねばねば食品がなんとなくカラダに良さそうだということは認識していても、「膝痛を緩和してくれる可能性がある」ということは、もしかしたらあまり知られていないことかもしれません。

一日1500mgと言うのは、食材から摂取するのはけっこうな量になります。
1500mgと言う数字に神経質になる必要はありませんが、ちょっと少ないかなと思う時にはサプリで補うのも良いでしょう。

サプリは本来そういう使い方をするものです。
グルコサミン摂取のためには食事を中心に考えるようにしてください。

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |