知らない間にブラックリスト入り!?うっかりしがちなNG行動 | キュレーションメディア

知らない間にブラックリスト入り!?うっかりしがちなNG行動

ブラックリストというと、債務整理を行ったときにだけ発生しそうだと考えそうですが、実は通常の返済が遅れてもブラックリストに載ります。ではどういったパターンでうっかりブラックリストに載ってしまうのでしょうか?ブラックリストに関する事についてまとめます。

ブラックリストに載るには

 (9013)

過去に返済が3回以上滞ったり,長期延滞や債務整理の手続をしたことはありませんか? このように,「信頼を著しく損ねる契約不履行」があった場合,「信用情報機関」に登録されているあなたの個人信用情報に,特記事項として「事故情報」が登録されている可能性があります(俗にいう「ブラックリストに載っている」状況となっています)。
延滞――約定返済日より一定期間返済が遅れたり,3回以上滞った場合
債務整理――民事再生,自己破産,任意整理などの手続をした場合
代位弁済――契約者が返済不能に陥ったことにより,連帯保証人等からの弁済に切り替わった場合
ローンやクレジットカードでの支払いは、代わりにクレジットカード会社などが立て替えて支払ってくれています。
その立て替えた分は、債務となります。
その為に、支払が滞る、もしくは支払をしないと信用情報機関で事故情報として取り扱われます。
この状態をブラックリストに載ると言うことになりますね。

信用情報機関

 (9014)

信用情報機関とは個人信用情報の収集及び提供を行う機関である。

割賦販売法では「信用情報の収集並びに割賦販売業者等(割賦販売業者、ローン提携販売業者及び割賦購入あつせん業者)に対する信用情報の提供を業とする者」、貸金業の規制等に関する法律では「資金需要者の借入金返済能力に関する情報の収集及び貸金業者に対する当該情報の提供を行うもの」とそれぞれ規定している。
日本では、経済産業省が指定する『個人に関する指定信用情報機関』は、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構がある。また、事業者に関する信用情報機関に株式会社ジェイビックがある。

ローンなどの支払いを組んだときに信用情報機関という場所にその情報が登録されます。
金融会社では、その情報を元に融資を行うのかどうかを決めます。
金融会社も商売ですので、返済出来そうに無い人にお金は貸せないのです。

知らぬ間にブラックリストに載ってしまうケース

スマホの端末代金

Free illustration: Videos, Video, Movie, Animation - Free Image on Pixabay - 1240742 (9015)

スマートフォンを購入するとき、一括で購入しましたか?それとも分割ですか?
分割で購入したという方。アナタのその購入情報は信用情報機関に登録されています。
分割で購入した=ローン契約を組んだということなのです
スマートフォンの端末料金を分割払いにした時点で、信用情報機関に情報が登録されます。つまり、スマートフォンの分割払いはローンだということなのです。
スマートフォンの本体代金を分割払いにした場合、通信会社からの請求は、端末の分割払い分と通信料を合計した金額になります。
スマートフォンの代金の支払いが滞ると、他のローンと同じように、延滞記録が付いたり、異動情報が記録されてしまったりするのです。
今のスマホの端末代金はとても高額です。
その為、一括でスマホを購入する方は少ないのでは無いでしょうか。
実質0円と謳っている会社もありますが、実質であって端末をタダで貰えるわけではありません。
一括で購入できないときはローンを組むことになります。
ローンを組むと言うことは、借金を背負うと言うことです。
ですので、スマホの料金、つまりは携帯電話会社の支払が滞ると、ブラックリストに載ると言うことになります。

公共料金

 (9016)

振込用紙による支払いでの滞納や、銀行引き落としで残金が足りなくて滞納になったという場合はブラックとはなりません。公共料金会社との関係で滞納しているだけで、信用情報機関とは何の関係もないからです。
しかし公共料金をクレジットカードで支払っている場合は違います。なぜなら一旦はクレジット会社が立て替えて公共料金を支払ってくれますが、その料金が銀行から引き落とせません。しかもそれが61日以上続くとクレジット会社への返済が遅れているということになりブラックになるわけです。

申し込みのしすぎ

一定期間に3社以上にキャッシング申し込みすると、申し込みブラックとなります。これは上記と比べて程度が軽く半年もすればまたお金が借りられるようになります。
一定期間に借入の申し込みが多すぎてもダメです。

ブラックリストに載っているかの確認と期間

信用情報機関にあなたの利用履歴がどのように掲載されているのかを確認すれば、自分がブラックリストに入っているかどうかがわかることに。
残念ながら掲載情報を取り寄せるためには1,000円程度の費用がかかりますが、ブラックリスト入りしていないか不安だという方は、試しに自分の情報を取り寄せてみると良いでしょう。
もしも借入などが出来なくなっている場合は、信用情報機関に情報の開示請求を行いましょう。
ネットで簡単にできますよ。
通常の延滞などの場合は延滞解消から5年ほどでブラックリストから外れることになるわけです。ただし、注意したいのは「解消から5年」という点です。
なお、事故情報が消えるのは「解消から」です。借りたお金を返済していない状況では5年たっても事故情報は残ったままです。ご注意ください。
支払の延滞に関しては5年間は事故情報が消えないと思っておくのが良いでしょうね。
それだけ、債務の支払に関しては期日を守らないといけないと言うことです。
スマホ代を3ヶ月滞納すれば、当面の間他の所からお金が借りられなくなります。
そうならないためにも、支払が滞ってしまった場合は早めに返済しましょう。
もし返済出来ない場合は、出来るだけ早く債務を抱えている金融機関に事情を話すのがいいですね。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |