[ケーシィの巣] 大量発生地に行きていっきにフーディン狙い!! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

[ケーシィの巣] 大量発生地に行きていっきにフーディン狙い!!

三段階の進化があると、なかなか強化もできなければ、ラストの進化までイケる気がしないポケモンGO・・・強いか弱いかを別にしても、図鑑を埋めるためには進化状態に巡り合うが、気合と根性で育てあげるしかない!ポケモンマスターを目指すなら、まずはポケモンの巣に行ってみるべし!!

ケーシィ⇒ユンゲラー⇒ 『フーディン』

 (4615)

フーディンの基本情報
フーディン-図鑑No.065
MAXHP 98 MAXCP 1813
タイプ1 エスパー タイプ2 –
高さ 1.5m 重さ 48.0kg
フーディンの総合評価
通常攻撃が最強クラス

フーディンのサイコカッターは、通常攻撃の中でも発生速度と攻撃力がダントツに高い。エスパータイプでは最強クラスのポケモンだ。

そういえば知ってますか?名前の由来(笑)

ねんりきポケモンということで3体とも「超能力者」の名前が由来となっている。

ケーシィはエドガー・ケイシーという予言者が由来。
エドガー・ケイシーは『20世紀最大の奇跡の人』と称されており、催眠状態で病気や難病の治療法を口述したそうな。

ユンゲラーはスプーン曲げで日本でも有名なユリ・ゲラーが由来。
1974年頃から日本のテレビ番組でスプーン曲げや止まっていた時計を動かすなどのパフォーマンスを行い超能力ブームを起こした。

フーディンは『脱出王』の異名を取ったハリー・フーディーニという奇術師が由来。

正直『スーパー強いか?』と聞かれるとそうでもないポケモン。。。
だけど、進化後はもちろん初期段階のケーシィも実はなかなかお目にかかれないといわれています
ほかにもそういうポケモンはいるワケですが…やっぱり!
そういうポケモンに会うには『巣』に行くのが手っ取り早い!!

ケーシィに会いたい!アメがほしい!

 (4629)

ケーシィの出現率は低く、普通にプレイしていればLv20ぐらいの段階で1体出会えるか出会えないかだろう。
捕獲難易度はそれほど高くないがレアなので、CPが200以上であればズリのみをあげてスーパーボールを使うといいだろう。
フーディンまではアメが125個も必要で、出現頻度も低いため、実際のところはタマゴの孵化によるアメ集めがメインになるだろう。
ケーシィからユンゲラー、ユンゲラーからフーディンへ進化するには、「ケーシィのアメ」が合計で125個必要になるので、博士に送る分を合わせると32匹のケーシィを捕まえなければならない。

仮に出会えても油断大敵

ところがケーシィ。
ゲームと同様にすぐに逃げ出してしまうのです。
ゲームでもバトルを挑もうとすれば、すぐにテレポートで移動してしまう。
非常に困ったポケモンなのです。
なんせ、出会う頻度が低いくせに(←)最終進化までのアメの数がシンドイ(笑)
オマケに、嘘か誠か。「ケーシィの逃亡率はハンパなく高い」といわれています(。・_・。)
ワタクシも何度がシレッと逃げられた経験があります(笑)
粘る猶予すらもらえない(・ε・)
こうなったら、たくさん出現するスポットでボール投げまくるしかないww

みなとみらいと港区の芝公園スポット?!

 (4630)

日本丸付近でケーシィを捕まえつつ待っていることにしました。
1か月ほど前にも同じ場所でケーシィを大量捕獲したので、現在はどうかの検証も兼ねています。
結論から言うと、1時間で10匹ほどケーシィを捕まえることができました。前と変わらず超出現するケーシィの巣のままでした。
ケーシィが捕まえやすいとウワサされる東京都港区の芝公園に急行。何匹のケーシィを捕まえられるかを調査した。

2時間で17匹のケーシィをゲット!
ちょうど2時間の調査で、18匹のケーシィと遭遇。1匹には逃げられてしまったものの、17匹ものケーシィをゲットできた。

一球入魂!

★ケーシィを捕まえるのに失敗したときは、ただモンスターボールを投げただけのとき。→モンスターボールでもケーシィをつかまえられるのだが、一回ボールからでたら即効でにげるため、できる限り性能が高いボールとズリの実のコンボでつかまえてみましょう。
実際に調査した人々によると「9月の下旬に配信されたアップデートとともに巣が変更になった」話とは裏腹に、ケーシィの出現率は衰えていないそうです\(^ω^\)( /^ω^)/
次のお引越しまでに、訪れたいものですな。。。
あ、逃亡率は相変わらず高いようなので一球入魂をお忘れなく☆(笑)
オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |