一年中着物を楽しみたい♪夏にも着物を涼しく着れる?冬の防寒対策は? | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

一年中着物を楽しみたい♪夏にも着物を涼しく着れる?冬の防寒対策は?

着物を普段から愛用していたいけど、暑いときや寒いときはどうしたらいいんだろう?という方に、夏でもさわやかに着物を着れるおすすめのアイテムと冬の防寒対策をお教えします。

夏こんなのを一緒に着るのがおすすめ。

あしべ織り汗取り襦袢

いやあ・・あしべ汗取り、買ってみたけど、厚ぼったいので躊躇していましたが、
・・・いいです!
帯の部分が汗ばみません。

これとステテコで、ばっちりです。
透ける着物なら、この上にじゃぶじゃぶ洗える爽竹の襦袢を着ています。
もち、麻の襦袢もいい感じ!こちらもじゃぶじゃぶ洗っています。

うん、これで暑くても、いい夏だぞ。

お値段は他と比べると高いようですが、汗で着物が傷むこともなく、真夏でもすっきり着れると

愛用者の多い商品です。でもなかなか着物にそんなにお金がかけられないなんていう

着物初心者の方におすすめなのが和声ガーゼです。

和装ガーゼ

夏の和装下着に、「あしべ織り汗取り襦袢」という優れたものがある。

   防寒チョッキのような形だけど、汗をよく吸い取り、着物になるべく汗が
   いかないようになっている。
でも、ちょっと高い。

   2枚を使い回し、ふた夏、使ったら、一枚は黄ばんでしまった。
   着物を着て3回目の夏、どうしようか、と思っていたら、友人が「和装ガーゼ」を巻くといいらしいよ、と教えてくれた。
   芸子さんたちが使っているらしい。

   着物屋さんでふつうに売られていた。800円くらい。ふつうは500-600円らしい。
   半分に切るといい、ときいたけど、三分の一くらいに切ってみた。
   ちょうど、身体に3巻するくらい。

嘘つき襟

襦袢なしで使えるという商品ですよね。つまり、肌襦袢の上にうそつき衿をしてすぐ着物を着れるので一枚薄着でいけるってことです。
美容衿、うそつき衿のつくり方。 | かなんの、お気楽道楽生活☆.。.:*・゜ - 楽天ブログ

襟だけ使うことで、長襦袢を着る必要がなくなるのでより涼しくなります。

カジュアルに着物を着ている方の中には、マキシワンピースを下に着て汗取り代わりにして、嘘つき襟を

使っているなんて方もいらっしゃいました。

着物の防寒対策。

中にしっかり着込む

真冬は、肌襦袢の代わりにGUNZEの七分袖?シャツを着ています。

襟ぐりが秘かに着物対応でうれしい、隠れた逸品ですよ。スーパーとかにパッケージになって売られている、あれです。白の他に肌色?があったと思います。

袖口は、両手万歳とかしなければ意外と目立たないみたい…。

上半身はあまり着込むと室内で暑いので、下で調整します。風邪ひきそうな時だけheat-techのレギンスはいたり、ネル裏足袋の上にレッグウォーマーです。これなら出先でも着脱可能。

ステテコで足元を温める。

体温で暖かくなった空気が裾除けの中にとどまります♪

そして、すごく重ね着しています。
ステテコ → 裾除け(綿) → ロングスカート → ウール着物

体感は、ジーンズよりも暖かく感じますよー!

着物では中にヒートテックやタイツで着こむ事も出来るので冬は比較的暖かくていいと思われがちですが

手首・首元と足元が冷えやすくなっています。洋服でも首元や足元が冷えると、体全体が冷えてしまいますよね。

足袋用の靴下インナーや足袋ストッキング・ファーマフラーでしっかりと防寒しましょう。

上には織物を。

着物私はいつもは羽織+ストール、道中着+ストールです。

ウールのコートも買ったのですが、関西に住んでいるので厳寒というわけでもないし、出先で脱いでかさばる事を考えて、一度も出番はありませんでした。
羽織、道中着なら、建物の中に入ったらストールをとって調節し、出るときにはまた首元に巻く、というスタイルが楽チンで好きです。

どれが無難か、というよりは、ご自身の体に合わせてだと思います。
暖かさ順でいえば、羽織→道行→ウールコートだと思いますが、着物の下に工夫して着込めば羽織でもあたたかいですよ。
最近の私の流行りはバスタオルを裾よけの下に巻くことです(^_^;)

おでかけ着物5 / きもの大好きなこぶたのブログ 

着物は中にしっかり着込むと暖かいのでウールコートを着る必要はないという方も多かったのですが

住んでいる地域によっては、ウールコートやポンチョが必要な場合もあると思います。

室内では暖房が聞いている場合も多いので、脱ぎ着できるように下に着こむばかりではなく、

羽織ものも活用してくださいね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |