任意整理後は賃貸契約は可能?どこに住む事になる? | キュレーションメディア

任意整理後は賃貸契約は可能?どこに住む事になる?

家やクルマなどの財産を手元に残した状態で、債務整理できるのが「任意整理」という手続きになります。負債の減額幅はそれほど広くありませんが、交渉する相手を選び、ピンポイントで債務整理できるのが任意整理の魅力のひとつです。

財産をのこして債務整理はできます

多大な借金や多重債務などにおちいってしまった時の、頼みの綱が債務整理の手続きです。
債務整理といってもいくつか種類があり、裁判所を通して全ての負債を帳消しにすることが
できる「自己破産」や、過去の借金について過払い金請求をすることも債務整理とよびます。
一般的なイメージとして、債務整理によって負債を減らしたり、なくしたりする代わりに
持っているすべての財産や資産を手放さなければならない、と思っている人が多いようです。
Free illustration: Money, Euro, Profit, Currency - Free Image on Pixabay - 1015277 (14360)

借金は返済したいけど、家や車のような財産は手元に残しておきたい……そうした希望を叶えられるのが任意整理です。

この借金については話し合って借金の圧縮をするけど、こちらの借金は普通に返済をし続けるといったことが可能なので、住宅を残したままでも問題ありません。

しかし気をつけなければならないのは、車をローンで購入したとして、そのローン返済を任意整理の対象にした場合です。

この場合法律的にはローンを返済し終わるまでは車の所有権は債権者に残ったままとなります。

そのため場合によっては強制的に車を引き上げられてしまうことがあるのです。

どうしてもそうしたリスクを避けたい場合にはこのカーローンについては任意整理の対象外としておくと良いでしょう。

Free photo: Euro, Bank Notes, Coins - Free Image on Pixabay - 1159935 (14361)

「任意整理後の生活」できる事とできないこと

Free illustration: Hand, Symbol, Okay, Sign, Hippie - Free Image on Pixabay - 843126 (14362)

一度任意整理などの債務整理を行うと、周囲の人に情報が洩れてしまったり、会社をクビになる、
なんて話を真面目に話す人がいまだにいます。安心して下さい!そのような心配はいりません。
しかし、全てが今までの生活どおりとはいかないのが現実です。
続いて任意整理後の生活について、どのような変化があるのか紹介します。
実は、任意整理をしたとしても、その後の生活への影響はほとんどありません。

自己破産とは違い、職業や資格に制限を受けることもありませんし、官報(国発行の機関誌)に名前が掲載されるわけでもありませんので、周りに任意整理をした事実が知られてしまうようなこともありません。

とはいえ、任意整理の唯一のデメリットともいえる、新たな借入が困難になってしまう点についてはどうしようもありません。任意整理をすることによって、個人信用情報に傷がついてしまいますので(詳しくは「ブラックリスト入りってどういうこと?」)、新たなローンを組んだり、クレジットカードを作成したりといったことが困難になってしまいます。

任意整理後の買い物については現金一括払いが基本となります。

任意整理後の住む場所はどうなる?

Free photo: Boy, Child, Sad, Alone, Sit - Free Image on Pixabay - 1666611 (14363)

任意整理によって家を手放す必要がないことは分かりましたが、もともと持ち家ではない人が
引越しをして、賃貸契約を新たに結んだり、今の賃貸住宅の契約の継続ができるのかどうか、
ここも非常に気になるところだと思います。
任意整理後の住居などについて説明します。
不動産会社はあなたの信用情報を照会できません。
あなたが自分で言わない限り、不動産会社はあなたが任意整理をしたということを知りません。
ですから、
任意整理をしても、物件を新たに賃貸することはできます。
いま住んでいる物件を追い出されることもありません。更新も通常通りできます。

ただし、
家賃がクレジットカード払いである
保証人でなく、保証会社が必要なタイプの物件である

上記の場合は問題がある場合も…。

良かったです。新しい賃貸契約も更新も大丈夫なんですね、安心しました。
Free vector graphic: Ok, Match, Right, Everything Ok - Free Image on Pixabay - 1468680 (14365)

これは気を付けよう!滞納家賃を任意整理したとき

賃貸住宅の新規契約や更新については問題なくできるということが分かりました。
しかしここで注意しなければならないのは、今まで住んでいたところで家賃を滞納
していた場合です。
Free vector graphic: Foreclosure, Abandoned, Home, Empty - Free Image on Pixabay - 48120 (14366)

「家賃を滞納している場合は債務整理できるのか?」というものがあります。

お答えとしては、「できます」なのですが、

お家は生活の本拠ですので、我々もかなり注意をして家賃滞納分を取り扱っています。

が、しかし。

原則として滞納している家賃があると、その金額について大家さんも債権者として扱われますので、自己破産や個人再生のお手続きを取ろうとすると、

自己破産の場合は滞納分全額の免除

個人再生の場合は滞納分の一部免除

を大家さんにお願いすることになります。

そうなると大家さんとしても、滞納金額によっては退去を求めてこられると思うので滞納家賃がある場合は非常にナイーブな問題になります。

なんとなく分かったような、分からないような感じですが、
可能性としての話は理解できたかと思います。
ひとりで思い悩むことなく、専門家にいちど相談してみると良いでしょう。
オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |