ジェットスキーは格安で免許を取得出来ます! | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

ジェットスキーは格安で免許を取得出来ます!

ジェットスキーは船舶と比較すると格安で免許を取得出来ますし、現在は若い方の多くが免許を取得しています。ジェットスキー自体の本体価格も安いので、気軽に始められますよ。

ジェットスキーとは?

水上オートバイ(すいじょうオートバイ)は、船舶の一種。推進力としてウォータージェット推進システムを用い、ハンドルバーの操作と操縦者の身体バランスにより操縦するもの。1人乗り(スタンドアップタイプ)と2人・3人・4人乗り(ランナバウトタイプ)の二種類に分類される。
メーカー別では、ジェットスキー(カワサキ)、マリンジェット(ヤマハ)、シードゥー(ボンバルディア)が登録商標となっている。しかし、特に「ジェットスキー」の名称は水上オートバイ全体を指す名称として使用されることがある。[2]なお、シードゥーには、エンジンや推進システムに水上バイクと同様のものを用いるが、乗員毎に独立した(直列に跨るものでない)シートを備え、環状のステアリングにより操舵する、スポーツボート(4-10人乗り)と呼ぶものがある。このようなタイプのボートは通常「ジェットボート」と呼ばれ、水上バイクと区別される。
水上オートバイの事をメーカー別によってジェットスキーと呼んでいるそうです。

ジェットスキーではこんな体験が出来る!

マリンスポーツには色々ありますが、ジェットスキーであればオールシーズン楽しめるようです。
ジェットスキーに乗って海や谷の間を走るのは最高に気持ち良いと思います。

ジェットスキーの免許について

教習所では6~7.4万円程度
免許スクールでとる場合スクール料金2.5~5万円+試験料21800円で合計4.7~7.2万円掛かります。
これが、独学では参考書料金1000~3000円+試験料21800円で合計2.3~2.5万円で済みます。
、ジェットスキーは低価格で免許を取得できるようです。
これなら今すぐジェットスキーを始めたいと考えている方でも気軽に始められると思いますね。
最近では多くの若者が免許を取得しているらしいので、免許だけを取得しておけばジェットスキーをレンタルして楽しむこともできますよ。
船舶免許の保有者数3,314,830人(1級、2級、ジェット) ※2014年の時点

うち特殊小型免許(ジェット免許)保有者数は114,332人です。

ここ近年で新規ジェット免許取得者は1年で15,000~20,000人いらっしゃるようですよ。

ジェット免許を1年で最低15000人が取得した場合、ジェットの1年間の登録数3200艇なら

5人に1人がジェットを購入している計算になります。 多いですね。

但しすべてが新規で免許を取った人ばかりではないのでこの計算は少し強引ですね。

とは言ってもまだまだマリンライフを楽しんでいる方は少ないですね。

せっかく免許を持っているならジェットに乗ってエンジョイしてみましょうね。

ジェットスキーに慣れてきたら、自分専用のジェットスキーを買ってみるのも良いかもしれません。
5人に一人がジェットスキーを購入しているとは驚きです。

小型船舶の場合

先日、めでたく小型船舶免許2級を取得しました。
大きく分けて3通りの方法があります。
①民間の免許スクールの講習を受講し、試験を受験するコース
②登録小型船舶教習所で講習を受講し、試験を受験するコース
③教習所に通わず、独学で勉強して試験を受験するコース

一番費用がかからないのが③ですが、実技講習もないので、実技を教えてくれる知人がいない場合はお勧めしません。
一番確実に免許を取得したい場合は②ですが、一番費用が掛かってしまいます。
①のほうほうでは、免許スクールによって料金はそれぞれ違いがありますが、10万円前後を見込んでおいた方がいいでしょう。②は12~13万円ほどかかります。

ボートの価格や置き場の価格はほんとうにピンからキリまであります。
一番安いのは23ft以下の2スト船外機を積んだボートで、大変古い物なら
50万程度でもあります。外洋を走るなら26ft以上をお勧めします。
中古ボートの価格の目安はこちらなんかで調べてみてください。
http://www.chukotei.com/kaitai.htm
置き場は不法係留からマリーナまでいろいろです。
不法係留はコネの世界なのでどこかで募集している
ようなことはありません。 ボートライフを楽しみたいのなら
高くてもマリーナ保管をお勧めします。
リゾート地は東京より高くて、逗子マリーナなら年間100万以下では収まりません
http://www.riviera-r.jp/zushi-marina/harbor/harbor.html
それ以外に燃料費1回1.5~2万 (24ft 2サイクル 使用量100Lとして)など

ちなみに私もサラリーマンで船を所有してから15年(4艇乗り継ぎ)ですが
現在は保管料50万(喫茶も無い田舎マリーナ)、燃料20万(免税軽油)、その他
修理費や保険などで合計約100万/年でやっています。

船舶免許を取得する場合、思っている以上に難しかったり、期間を要してしてしまう事があるみたいです。
また船の本体価格が遥かに高いと言われているので購入するのが難しいかもしれませんし、購入した後は保管料や燃料、修理費や保険などで月に数百万かかることもあるようです。
もし小型船舶のハードルが高いと感じているのなら、まずはジェットスキーから始めてみるとよいかもしれませんね。

オススメの記事

まだデータがありません。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |