「【違いを教えて!】司法書士と弁護士について【債務整理】 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

「【違いを教えて!】司法書士と弁護士について【債務整理】

 (10648)

弁護士は法律業務をすべて扱うことができ,司法書士等は法律で定められた分野・範囲のみを扱うことができます。司法書士等の制度は弁護士が行き届かない部分を補完する意義を持ちます。

司法書士は,登記・供託を扱う資格です。しかし,弁護士人口の不足を補うため,法務省の認定を受けると認定司法書士として一定の範囲で紛争解決業務を扱うことが認められています。

まずは司法書士と弁護士の違いについて確認しましょう。
弁護士と司法書士では、扱うことができる法律業務が異なります。弁護士は全ての法律業務を扱うことができるのに対し、司法書士は定められた特定の法律業務のみを扱うことができます。
任意整理は140万円を超えると司法書士には交渉ができない
任意整理によって、債権者との交渉をするためには法律で定められている権利が必要です。弁護士の場合は、「交渉権」と「訴訟代理権」があるのですが、司法書士の場合は、借金の総額が140万円以下でないと「交渉権」と「訴訟代理権」は認められないのです。
このため、自分の債務額が140万円以上である場合、司法書士に依頼することはできません。

元のページを表示 ≫

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |