総合病院土浦協同病院の転職求人のご案内 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

総合病院土浦協同病院の転職求人のご案内

茨城県土浦市にある総合病院土浦協同病院(略称、土浦協同病院)の転職、および求人についてのまとめです。

理念は『1. 地域中核病院として多様なニーズに対応する...

理念は『1. 地域中核病院として多様なニーズに対応する。2. 人間尊重の医療を追求する。3. 医療の研鑚に励む。』

総合病院土浦協同病院はどんな病院?

1943(昭和23)年、8月に農協法の施行によって厚生連の経営になり、新治協同病院として発足しました。
1971(昭和46)年に今の病院名に改称してから、附属高等専門学校を開校し、看護師育成にも力を入れてきました。
救命救急センターが認定施設として併設されており、高度な救急医療を提供しています。
また、ドクターカー運営委員会を立ち上げています。病院外で心臓停止した際、搬送に時間がかかる患者様の元へ医者自らが赴くというもので、命を繋げるために尽力する病院です。
病床数は917床(人間ドックの17床を含みます)になっております。
 (11059)

病院概要

病院長、家坂義人氏

病院長、家坂義人氏

当院は1970年に土浦市真鍋新町に総合病院土浦協同病院としてスタートし、1.地域基幹病院としてプライマリケアから三次救急医療、緩和ケアから高度先端医療、予防医療からリハビリテーションなどの総合的な医療の展開、2.患者さんの立場を思いやる医療スタッフによる、人間尊重の医療の不断の実践、3.最先端の医療知識・診療技術の習熟に励む専門家集団による、先端的高度医療への果敢な取り組み、を病院の理念として地域における幅広い医療を担って参りました。

(中略)

現在、市内おおつ野の地に平成27年度オープンに向けて800床の新病院を建設中であります。カテ室3室を有するハートリズムセンター、カテ室3室の心血管センター、ハイブリッド手術室2室を含む18室の手術部、ヘリポートも備え救命救急ICU12床・術後ICU10床・CCU8床・SCU9床を有する救命救急センター・集中治療部を設け、高次救命救急集中医療・災害医療・高度先進医療を担う基幹病院となります。新たな診療科を迎え、加えて新たなコンセプトの下に、予防医療センター・リハビリテーションセンター・緩和医療病棟を併設して、包括的地域医療にも一層の充実を期して参ります。
地域における最大の基幹病院として、”地域において、いつでも安心して受けられる高度医療”の実現に向け、全職員一丸となり邁進して参ります。

医療機関との細かい連携を怠らないことで、患者様へのサービスに繋げることを院内全体で取り組む姿勢を貫く病院ということがわかります。

看護部の理念と方針

 (11072)

看護部の理念は『人々の生命を守り、心身の健康と生活の質を高める看護を提供し、医療を受ける人々の信頼に応え、地域社会に貢献することを目指します。』となっています。また、年度ごとに目標を更新しているので、毎年新たな気持ちを持ってスタートができます。
基本方針
1,人々の人権を尊重し、個別性を重視した看護を実践します
2,安全で快適な療養環境を整え、誠意ある対応に努めます
3,医療チームの一員として看護の役割を自覚し、他職種と協働します
4,専門職業人として主体的に学び、使命感とプライドを持って看護に従事します
5,資源を有効活用し、業務の合理化・効率化を目指します
 (11089)

看護部長からのメッセージ

土浦協同病院は高度救急医療から地域医療までを提供しています。
病院の機能に合わせ看護の役割は大きく、様々の場で活躍しています。安全で質の高い看護が提供できるように現任教育も充実させ、個々の看護師がキャリアアップできるよう支援しています。また、専門看護師、認定看護師、臨地実習指導者などの資格取得を支援して専門性を高める体制も整えています。
院内研究や学会発表も活発に行い、看護の質の向上にも努めています。
看護は患者さんや多くの医療チームと協働し成長することができる職業です。
是非一緒に働いて看護の楽しみを実感してまいりましょう。

看護部 猪瀬留美子

クリニカルラダーシステム

教育理念
1,看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供できる看護職の育成を目指す
2,個々の職員のニーズと目標を尊重し、専門職業人としての成長・発達ができるように支援する

教育目的
すぐれた看護実践能力を発揮し、自己研鑽できる看護職を育成する

教育目標
1,専門職業人として対象に適した看護実践ができる
2,組織および医療チームの一員としての役割を認識し、個々の責任を果たすことができる
3,専門職として自己啓発の努力ができる
4,看護の質の向上をめざし、教育研究活動に参加できる

 (11112)

新人看護師一人に対して、先輩看護師が一人つく、マンツーマン体制で一定の期間で教育、および指導を行う方法を取り入れながら、クリニカルラダーシステムも行います。
 (11168)

段階に応じた院内研修プログラムが組まれており、学習を効率的に行うことができます。
看護管理者との面接により学習の評価が行われ、個々の課題の明確化と学習の動機付けにつながっています。
対象者は就職1年目から主任までとしています。
つまり看護師長以外の全看護職員が受けるものですので、教育内容の相違がないようにされています。

福利厚生

看護師会を自治運営

看護師会を自治運営

土浦協同病院では看護職員が会員になって、看護師会を自治運営しています。
活動を通して会員の親睦と、間接的に看護の質を向上させる目的のために行っています。
まちの保健室

まちの保健室

毎月開催される、❝まちの保健室❞。
健康相談を通して地域とのコミュニケーションを大切にしています。
季節に合わせた各イベント

季節に合わせた各イベント

日帰りバスツアー、講演会、バーベキュー、クリスマスコンサートなど、仕事とは違う雰囲気のなかで交流会を行っています。
また、福祉活動として古切手収集、敬老の日イベント、バザー収益金の寄付を行ったりもしています。
1. 待遇

給与茨城厚生連の給与規定による基本給、夜勤手当
(中途採用者は規定により経験年数を換算いたします)
主要手当看護師手当、助産師手当、第1調整手当、超過勤務手当、年末年始手当
諸手当住宅手当、通勤手当
賞与年2回
退職手当1年以上の勤務期間がある者に対し、在職期間に応じて支給
社会保険健康保険、厚生年金、労働保険
昇給年1回(4月) ※正職員のみ
休日休暇週休2日制、祝日、年次有給休暇 年間20日(次年度繰越可)
※勤務時間数等により個人差あります
特別休暇結婚(10日)、リフレッシュ休暇 5日、産前休暇(6週間)、
産後休暇(8週間)、育児休暇、忌引きなど、勤務形態に合わせて決定
2. 支度金貸費制度

貸費の対象看護師・助産師で交替勤務・当直勤務・待機勤務が出来る者
貸費額600,000円
返還の免除採用時から連続して3年勤務すれば返還を免除されます。
3. 研修・教育

キャリアに応じた現任教育を実施しています。臨地実習指導者、専門看護師、認定看護師等の育成支援も行っています。

附属保育所ひまわり

 (11146)

土浦協同病院の職員であれば、年中無休、24時間体制でお子様の保育に対応しています。
保育目標
1,心身ともに健康で明るい子
2,誰とでも仲良く遊べる子
3,心豊かで思いやりのある子

募集要項

病院で実際に働く看護師が、あなたの『見たい、聞きたい、体験したい』にお答えし、就職活動のお手伝いを致します。

説明会や見学会に参加することで、自信がつき、自分にとって働きやすい職場であるかどうかの判断もで来ます。看護学生の方や職場復帰として看護職として一歩を踏み出すあなたを応援します。

職種/応募人員
看護師(100名)
助産師(10名)
保健師(10名)

業務形態
休日:週休2日制、祝日、年末年始6日、年次有給休暇20日
   特別休暇:結婚(10 日)、産前(6 週間)・産後(8 週間)
   リフレッシュ(5日)、忌引(親族続柄で決定)

応募資格・条件
平成27年3月 看護大学、助産師学校、看護学校卒業見込みの方
看護師または助産師または保健師の資格のある方

提出書類
・新卒者 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書 各1通
 (学校の健診結果コピー可)

・有資格者 履歴書・免許証(写)・健康診断書 各1通
 ※看護師免許以外に保健師・助産師免許をお持ちの方は併せてご提出ください

書類の提出先
〒300-0053
茨城県土浦市真鍋新町11-7 土浦協同病院 看護部 宛

基本給
看護師 4大卒:269,000円
    短大3卒/専門学校:262,630円
助産師 4大卒:279,000円
    短大3卒/専門学校:275,490円(養成1年)
保健師 4大卒:269,000円
    短大3卒/専門学校:265,490円(養成1年)

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |