病院以外で今人気がある看護師の転職先 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

病院以外で今人気がある看護師の転職先

看護師の職場=病院という考えは、今では成り立ちません。病院以外にもいろいろな転職先があるということをお伝えしていきたいと思います。

介護老人保健施設の看護師は年収がやや高めで人気

看護師に必要なスキルと仕事内容

介護老人保健施設で働く看護師の仕事内容は、施設によっても違いはありますが、基本的には入居者の健康チェックになります。毎日のバイタルチェックや、服薬管理など、介護施設で看護師が行う基本的な業務はこちらでも行われます。しかし、介護老人保健施設の場合は、あくまで家庭に復帰して生活することが目的ですから、リハビリの手伝いが重要な仕事となります。食事や入浴なども、単に手伝うのではなく、あくまで自分で出来るようになるための過程として行う必要があります。

介護老人保健施設の看護師平均年収

利用料は施設によって多少違いがありますが、介護保険が適用されるのでそれほど高くはありません。また長期の利用を前提としていないこともあって、有料老人ホームにあるような入居時の一時金などは必要なく、毎月の利用料のみを支払うシステムです。2~4人でひとつの部屋を使う相部屋よりも、ユニット型の個室のほうが費用は高くなる傾向があります。

そのため、介護関係の年収で見ると中ぐらいより少し高い位置にいます。

平均給与が約313,000円、平均ボーナス約70万円、平均年収約450万円だそうです。
共働きの家庭で、看護師の奥さんがこんなに稼いでくれたら、家計はかなり潤うのではないでしょうか。
 (401)

医療機器メーカーで働く看護師は、夜勤なしで高給与!

看護師の資格を活かせる病院以外の転職先で代表的なのが、各種医療機器メーカーや製薬メーカーです。

医療機器は日進月歩の勢いで進化しているため、販売のための営業活動においても医療や看護の専門知識を持つ社員が求められています。
そこで病棟や外来勤務経験のある看護師を雇用し、病院やクリニックへの営業活動を行なったり使用方法の説明を行なうという方式を採っている企業が増えているのです。

製薬メーカーでは治験コーディネーター(CRC)や治験モニター(CA)、医薬情報担当、クリニカルアドバイサー、顧客向けコールセンター担当などに看護師資格を持つ人を雇うケースが多く見られます。
また最近では製薬メーカーそのものだけでなく薬品開発の業務支援を専門に行なう企業も増えており、そうした企業からも看護師資格を持つ人への求人があります。

夜勤はもうこりごり、外勤でバリバリ働きたい、今まで培った知識と経験を生かしたいと言った看護師さん達に人気の転職先です。
ちなみに職種名は『クリニカルスペシャリスト』だそうで、平均年収が500万円~600万円程度のところが多いというのも魅力です。
 (405)

企業看護師は環境が厳しくないのでお勧め

最大のメリットは、激務に晒される可能性が低いことです。病棟勤務のように夜勤と日勤が繰り返されたり、残業や休日出勤が頻繁に発生するといった厳しい環境に晒されることはありません。規則的な就業環境で働くことができるため、家庭を持っている女性看護師にもオススメの仕事です。ただし、工場勤務の場合では夜勤が発生することもあるので、求人情報をチェックする段階で確認しておきましょう。

そして、精神的なプレッシャーが少ない点もメリットして挙げられるでしょう。医療行為を行うことはほとんどなく、原則として予防関連の業務を行うことになります。生活環境の指導や相談業務、あるいはメンタルスヘルス業務、健康診断などが主な仕事となりますが、どれもミスが命に関わるような役割を追うことがない点ではメリットと言えるでしょう。

求人数が少ないというデメリットがあるので、登録型の看護師求人サイトを利用して非公開の求人をゲットするといった方法がお勧めです。
 (409)

訪問看護ステーションの看護師は、安定した休みがもらえます。

訪問看護ステーションで看護師が勤務するメリット

・看護師として自立した働き方ができる
・平日の日勤のみで、土日は休みのことが多い
・病院よりも給料が高い
訪問看護ステーションでは訪問先には基本的に看護師一人で行くことになるので、その場その場で自分で判断する必要があります。 利用者はなにを求めているのか、それに対してどう対応すべきなのかを看護師それぞれが判断するのです。

病院で勤務していたときには、自分は数多くいる看護師の中の一人に過ぎなかったかもしれませんが、訪問看護師は現場に一人しかいない、利用者にとって唯一の看護師です。

また、訪問看護ステーションにおける看護師は利用者の看護だけでなく、病院との調整や他の職種と連携するときのコーディネーターとしての役割もあります。言われたことをするだけではなく、自らが主体となって仕事をする事ができます。

責任は大きいですし、プレッシャーもありますが、多くの訪問看護師はそれをやりがいだと感じています。病院では味わえないような自立した働き方ができるのが、訪問看護ステーションで働く一番のメリットです。

また、訪問看護ステーションの看護師は業務範囲が広いことや、看護師の数自体が不足していることもあり、給料は病院よりも高めに設定されているところが多くあります。それでいて、平日の日勤のみの勤務がほとんどで、残業は少なく、土日は安定して休みをとることができます。

子育てや家事などと両立して働きたい看護師にはメリットの多い職場だといえます。

やりがいが大きそうだし、安定した休みが取れるといった点が魅力的!

やはり家事と両立している看護師さんは、土日休みは確保しておきたいところです。

 (413)

保育所の看護師は子供に癒されるメリット付き!

保育所で働く看護師のメリット

看護師が保育所で働くメリットのひとつは、小さな子どもと触れ合うことで癒されるということです。子ども好きの人には最高の仕事場ではないでしょうか。

小児科勤務の場合、やはり病気や怪我で訪れる子どもが痛い思いをしたり苦しい思いをしたり、場合によっては亡くなってしまうために、子ども好きだからこそ辛い職場だという人も少なくありません。

小児科と違いストレスを感じにくい

保育所の場合は基本的には元気な子どもの体調管理が主な仕事ですから、そういったストレスなく働くことができるのです。看護師とはいえ、子どもの体調を見たり、看護師としての業務を行う以外の時間は、保育士と一緒にこどものお世話をしていることが多く、子どもとの触れあいを楽しむこともできます。

募集は決して多くはありませんし、人気の仕事なので見つからない可能性もありますが、看護師求人サイトに登録するなどして、気長に探すとよいでしょう。

保育所に勤務する看護師の仕事内容は、主にその保育所に通う幼児や乳児の健康管理を行うことです。保育所の場合、平成18年以前は子どもの人数に応じて看護師を設置する義務が定められていましたが、現在は撤廃されて、努力目標ということになっています。つまり、看護師がいなくても保育園が罰則を受けることはありません。

そのため、規模の小さい保育園の場合は特に、看護師を置いていないところが多いようです。転職を考える場合は狭き門なので、看護師求人サイトを5社程度は登録をして求人を待ちましょう。

まず子供好きであることが第一条件ですね。

最初は保育士を目指していたけど、結局看護師になったという人に最適な職場と言えます。

 (417)

美容外科での看護師

美容外科で働く看護師の仕事

美容外科で働く看護師の仕事は、医師の行う診察や医療行為の介助が主なものです。具体的には、レーザー脱毛処置や脂肪吸引の介助、美容整形手術の介助などを行いますが、その内容は勤務先が扱う処置により異なるので、転職の際には確認が必要です。

看護業務に関してはその他の診療科の看護師と変わりませんが、美容外科で特徴的なのは、看護業務以外で看護師が任される仕事です。施術についてのカウンセリングやアフターケア全般、クリニックで取り扱う化粧品の販売といったもので、クレーム対応も行います。

審美目的の施術は保険適応でなく自己負担であるため、患者さんであっても、お客様としての対応が期待されます。この点も、一般的な看護師の仕事とは異なり、より営業・サービス職に近い心構えが必要になります。

一般的に看護師は、看護の指示を受けたりチームとしてともに働く医師に気を遣うものですが、美容外科の看護師業務では、より患者さん=お客様に気を遣うシーンが多くなってきます。

美容外科・皮膚科で働くことのメリット

綺麗な職場で仕事ができる

美容外科などに行ったことのある方はわかると思いますが、クリニックはとにかく清潔感があって綺麗です。決して病院が汚いというわけではなりませんが、無機質な病院の空間より、モデルルームのようなお洒落な職場の方が、働く気持ちも高まるというものです。
施術が安く受けられる

美容分野で働くことの1番のメリットして、クリニックでの施術に社員割引が利くという点があります。大規模な整形は興味がないという方でも、ちょっとしたシワ取りや、脱毛、若返りなどには、興味のある方も多いと思います。
割引の度合いとしては、通常価格の10〜20%引きだったり、ヒアルロン酸やプラセンタなどは原価で出来る所もあるようです。また、脱毛等はスタッフ同士で練習したりするために、無料で出来る場合もあります。
比較的給料が良い

美容外科や美容皮膚科の求人は、比較的給料が良いと言われています。夜勤・ノルマがなく月30万円以上という案件が結構あります。
当サイトが確認した所ですと、美容外科求人ガイドでは月収36万円〜+ボーナスという案件や、月収40万円以上という高額なものがありました。
准看護師の求人でも月収35万円以上というものもありました。
夜勤がない

これは看護師さんにとっては嬉しい事の一つだと思いますが、美容の分野のお仕事は基本的に夜勤がありません。夜勤は体力的にも精神的にも困窮されるため、体調を崩してしまう看護師さんが多いのですが、初めから夜勤のない職場ではそのような心配はありません。
※中には、お客様が施術後に泊まるため、夜勤がある職場もあるそうです。

女性の看護師さんなら、クリニックでの施術に社員割引が利くというところは魅力的だと思います。

この特典は美容外科ならではといった感じですね。

 (422)

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |