【相談】気になる!債務整理でどのくらい借金が減る? | キュレーションメディア

【相談】気になる!債務整理でどのくらい借金が減る?

返済しきれないほどの借金を抱え、このままでは生活していけないと悩んだ時の最後の手段、債務整理。でも、一体どれくらいの借金を圧縮することができるのか分からなければ、踏み切ることができませんよね。債務整理でどれくらい借金が減るのか、調べてみました。

借金を減額する債務整理は

Free illustration: Percent, Discount, Reduction - Free Image on Pixabay - 1019730 (10675)

主な債務整理として、自己破産、個人再生、任意整理の3つの方法がありますが、
このうち借金の額を圧縮できるのは、任意整理と個人再生です。
債務者それぞれの条件によって、どれを選択するかは変わってきます。

ちなみに、自己破産は借金の支払い義務を免れる法的制度で、
全ての借金をゼロにできますが、
マイホームや車などをはじめ、財産は全て失ってしまいます。

では、任意整理と個人再生について見ていきましょう。

任意整理とは

Free stock photo: Time, Money, Banknotes, Stopwatch - Free Image on Pixabay - 1558037 (10674)

原則として金利をカットし,元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び,以後この和解内容に従って返済を続けることで,借金を整理する手続です。
任意整理の特徴は、債権者との「話し合い」だということです。
つまり、このままでは返済できませんから、利息をカットして、
借金の元本だけを3~5年で分割して返済していく形にして下さいと交渉するのです。
裁判所などの公的機関は通さないので、
官報に個人情報が載ることもありません。
誰にも知られることなく行える債務整理の方法だと言えるでしょう。

任意整理で、どれくらい借金を減らせる?

Free stock photo: Skin Care, Modeling, Model - Free Image on Pixabay - 937667 (10672)

債権者と交渉することにより、未払利息・将来利息をカットすることができます。

未払い利息とは、最終取引日から和解成立日までに発生した利息分。最後に借金の返済をした日から、任意整理をして債権者と合意するまでに発生する金利です。

一方、将来利息は和解した日から完済日までに発生する利息です。将来利息の支払いが免除されれば、返済は借金の元本のみになります。

例えば、利息15%で100万円を借入していて、毎月3万5千円返済するとします。借金は約3年で返済できますが、そのときの返済総額は約125万円です。

つまり、約25万円の利息を支払った計算になりますが、任意整理によって約25万円の利息をカットすることができるわけです。

借金額が大きく、返済期間が長引くと、利息の負担はどんどん重くなります。
利息がなくなるだけ?と思われるかもしれませんが、
任意整理後は月々の返済額もかなり軽減されるでしょう。

過払い金が発生する場合も

Free stock photo: Calculator, Table, Bill, Work, Pay - Free Image on Pixabay - 1156121 (10671)

利息制限法を超える金利で返済を続けていた場合、本来返済するべき額よりも多い金額を返済していることになります。

このとき、利息制限法に基いて金利の引き直し計算をすると、過払い利息が発生します。この利息分を借金の元本から差し引くことで、借金総額を減らせます。

弁護士や司法書士に相談すると、これまでの取引履歴を元に、
引き直し計算という作業を行なってくれます。
引き直し計算とは、簡単に言えば
「払い過ぎた利息がないか計算して、正しい借金残高を割り出すこと」。

長期間に亘って返済を続けていた場合などでは、
借金残高よりも払い過ぎた利息の方が上回ることもあり、
その場合は借金の減額どころか、現金が戻ってくることもあります。

個人再生とは

Free stock photo: Mortgage, House, 20, Abode, Address - Free Image on Pixabay - 1239420 (10670)

個人再生というのは、ちょっと乱暴な言い方をすると、自己破産と任意整理の中間のような制度です。
つまり、自己破産と同様に裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。減額幅は、任意整理よりは大きくなります。
マイホームや車などの財産を保有しながら、借金の減額ができる制度です。
ただし、住宅ローンには適用されません。

個人再生で、どれくらい借金が減らせる?

Free stock photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (10669)

個人再生においてどのくらい減額されるのかについては,持っている財産の価値が大きく影響する場合があります。

債務者が財産を持っているということは,それを処分すれば,少なくともその分は返済ができるはずです。実際,破産をしていれば,その財産は換価処分されて,債権者への配当に回されていることになるでしょう。

そうすると,債権者としては,最低でも,せめて持っている財産の価額分くらいは,個人再生であっても支払って欲しいと思うのは当然です。

そこで,再生債務者が財産を持っている場合,その財産の価値以上は最低でも弁済しなければらないとされています。これを「清算価値保障原則」と呼んでいます。

小規模個人再生において借金総額が3,000万円を超える場合、通常5分の1、最大で10分の1にまで減額される可能性があります。
ただ清算価値保障原則との関係で、小規模個人再生の弁済金額は、「最低弁済基準額と清算価値のいずれか金額の大きいほう」にあるため、債務額の圧縮は、その限度までが限界です。
マイホームを維持しながら、とは言っても、
大きな財産を持っていれば、圧縮できる額も少なくなるということです。

任意整理にするか個人再生にするか、または自己破産に踏み切るかは、
置かれている状況や収入などで異なります。
まずは弁護士や司法書士のプロの目で、見極めてもらってはいかがですか?

オススメの記事

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

【綺麗になりたい】アルガンオイルの魅力は美肌効果にあり?

dokj215

全身がしっとり・もっちり?話題のアルガンオイルの使い方!

freedamlive1009

美容と健康に効果的!アルガンオイルの意外な使い方

ゆういち2017

女性用の育毛剤~どれを使うか迷った時の選び方まとめ~

wakame

アルガンオイルの効能と成分~美容・食事の実用例紹介~

いちご大福

 

キュレーションメディア |