《転職に必要な知識》派遣会社と紹介会社の違いを抑えておきましょう。 | 日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ

《転職に必要な知識》派遣会社と紹介会社の違いを抑えておきましょう。

転職に必要な知識。人材派遣会社と、紹介会社とを混同している人がとても多いので、しっかり解説しておきたいと思います。

看護師の派遣会社ってどんなの?

人材派遣 - Google 検索 (999)

派遣社員の雇用主は人材派遣会社。

仕事の指示命令は求職者(派遣先医療施設)。

派遣会社に所属しながら、派遣先医療施設で働くという制度です。

人材派遣 - Google 検索 (1000)

派遣社員は、正職員(正社員)と同等の労働者としての権利が保障されながらも、正職員ほどの縛りがない、ある程度自由な立場で働ける魅力があります。

反面、責任あるポストで働けなかったり、派遣期間満了後には仕事が無くなってしまうかもしれないという不安定さがありますから、派遣で働くことを選ぶというのは、生きていく上で何を大切にしたいのかという優先順位をはっきりと決めておくことが大切になります。

また派遣で働く場合には看護師の求人探しよりも、どの人材派遣会社に登録するのかが、安心して働けるかどうかのポイントになります。

看護師派遣会社は全国展開している会社と地域を絞って求人を募集しているところがあります。

当然サポートが良いのは、きめ細やかな対応をしやすい地域限定の看護師派遣会社です。

サポートはいらない!とにかく多くの求人を見て比較したいという人は大手のMCナースネットやベネッセを使うといいでしょう。

ちなみにMCナースネットは全国ですが、ベネッセは首都圏や大阪などの大都市圏内に限られていますので注意が必要です。

看護師の人材派遣会社というのは一般の派遣社員と同じように、派遣会社に雇用されているのが

大きなポイントになります。

なのでいい職場でも期間が決まっていたり、違う病院に移動になったりするわけです。

派遣で働くメリットは?

月に何回だけ働きたい、期間限定で働きたいなど、自由に働けるのがメリット。昇給やボーナスが無い、即戦力が求められるなどがデメリットですね。
例えば半年先に引っ越す予定がある場合など、短期間だけでも派遣で働いていた方が、引越し先で転職する場合にも好印象になります。
また、直接雇用でアルバイトするよりも時給が高いです。ダブルワークとして利用するのも重宝します。老人ホームなどで働きたい場合も派遣会社を利用している人が多いです。
別の病院へ移りたいという人も、紹介予定派遣を使えば自分にあった職場か分かります。そのため紹介予定派遣の後に直接雇用されたナースは、長期に渡って働いている人が多くなっています。転職で失敗したくない人にはおすすめです。

人材紹介会社ってなに?

人材派遣 - Google 検索 (1001)

紹介会社とは、看護師の転職をサポートする会社です。
人材が欲しい医療機関と、働きたい看護師との間を取り持つマッチングサービス。間に入って転職させる斡旋業者のことです。
就職が決まったら、医療機関から手数料をもらうことで利益を得ています。

完全無料で利用できる紹介会社。なんで無料なの?

登録すると、あなたに代わって病院やクリニックを探して面接の日程を組んだり、給料の交渉をしたりしてくれます。
それなのに、求職者である看護師は費用を請求されることはありません。完全無料です。
もちろん慈善事業ではありません。あなたが入職する医療施設から手数料を得ています。
人材派遣 - Google 検索 (1003)

ナースの年収の20%が手数料として紹介した人材会社へと支払われます。
(15%~30%と幅がありますが、20%が一般的です。)
年収が400万円なら80万円、500万円なら100万円ものお金を紹介料として病院が負担しているのです。
そんなに高い仲介料を取っているんですね。

なので雇用が決まった際にはお祝い金がでる紹介会社もあるんです。

いったい、支払う側の病院はどう思っているんでしょう。

紹介サービスと病院の関係。

人材派遣 - Google 検索 (1002)

そんなにお金がかかるなら、医療施設としては手数料がかからないように、直接応募して欲しいのでは?
人材紹介を断って、ハローワークや直接応募だけで看護師を集めれば紹介料はかかりませんよね。
ところが実際は、病院の多くは紹介会社を利用しているのです。全日本病院協会のアンケート調査では、紹介会社を介した雇用実績があると答えた施設は73.3%(2010年4月~2013年6月)です。(「人材紹介会社の活用の実態」シンポジウムの記事)
平成22年度の平均だと、病院は767万円もの手数料を支払って人材を採用しています。
ほとんどの病院が採用の手段として取り入れていることがわかります。特に多くの人材を採用したい施設では、積極的に紹介会社と付き合っています。
ハローワークや直接応募などでは、施設が望まない人材も応募してくるため効率が落ちてしまうんです。また、広告は高額な費用もかかる上に、応募が来る保証はありません。
それならお互いにミスマッチを防いで紹介業者を利用して確実に採用したほうが良いということなんです。
人材紹介会社だと、病院側が欲しがっている人材を的確に紹介してくれるという実績があるため

病院側にとってもメリットがあるのです。

慢性的に人手不足の業界なのでよい人材を探すのにお金はかかるものだという認識ですね。

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

FXで重要な資金管理ってなに?

kouda

知っておきたいドル円の歴史について

kouda

マイナス金利時代の今こそスワップポイントが狙い目

yamada

【英ポンドから】基軸通貨の歴史について【米ドルへ】

kouda

一目均衡表を使って楽しくFX

kouda

 

日本最大級のライフスタイルメディア サイトモ |